普快車(ふかいしゃ)は中華民国台湾台湾鉄路管理局列車種別のひとつ。現在は最下等に相当する。2006年11月1日以前は普通車 (ふつうしゃ)と称していた。

普快車
Ordinary-train.jpg
ディーゼル機関車が客車を牽引する普快車
各種表記
繁体字 普快車
簡体字 普快車
拼音 pǔkuàichē
注音符号 ㄆㄨˇ ㄎㄨㄞˋ ㄔㄜ
発音: プークワイチャー
台湾語白話字 phó・-khoài-chhia
日本語読み: ふかいしゃ
テンプレートを表示

概要編集

主に客車列車で、基本的に非冷房の日本製やインド製客車が使用される。また、2008年5月15日以前は、西部幹線嘉義 - 高雄間などでも運用され、冷房つき客車も一部使用されていた。客車列車だけでなく、花東線では非冷房の日本製気動車であるDR2700形2014年7月に引退するまで普快車として運用されていた。

2014年2月現在、普快車の運賃は10km当たりNT$10.4である。冷房設備がない分、区間車の運賃(10km当たりNT$14.6)より割安な設定となっている。 (区間車の運賃は復興号の運賃と同額。普通列車の冷房化に当たり復興号運賃を適用した経緯がある。)

運行路線編集