メインメニューを開く

最上 義智(もがみ よしとも)は、江戸時代前期から中期の旗本交代寄合、後に高家最上家の第14代当主。最上義俊の長男。

 
最上義智
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永8年(1631年
死没 元禄10年3月9日1697年4月29日
改名 仙徳(幼名)→義智
別名 源五郎、刑部(通称
戒名 玄空
墓所 東京都台東区西浅草の万隆寺
官位 従五位下、侍従駿河
幕府 江戸幕府
氏族 最上氏
父母 父:最上義俊
兄弟 義智義長
正室:松平和泉守の養女
継室:奥平忠昌の娘
継室:三条西実条の次女
孫三郎義雅義賢、娘(松平康起室)、娘(小野則正室)

生涯編集

寛永9年(1632年)8月28日、父義俊の死去により、家督を相続した。しかし、幼少のために5千石を減封されて、5千石の旗本になった。領地は近江国蒲生郡内だけになり、同郡大森村に陣屋を構えた。旗本寄合席に所属した。寛永13年(1636年)8月15日、将軍徳川家光御目見し、交代寄合の格式を付与された。明暦元年(1655年)、初めて領地に赴任する許可を得る。元禄8年(1695年)12月15日、高家役に就任し、18日に従五位下・侍従・駿河守に叙任する。元禄10年(1697年)3月9日死去、享年67。なお、最上家からの高家登用は義智だけであり、次男義雅の代からは交代寄合に復帰した。

最上領だった滋賀県東近江市に伝わる「最上踊り」は、領民が義智の叙任を祝い踊ったことから、そう呼ばれるようになったという。

外部リンク編集