メインメニューを開く

有職読み(ゆうそくよみ)は、漢字で書かれた語を伝統的かつ特別な読み方で読むこと[1][2]。故実読み(こじつよみ)、名目(みょうもく)、名目読み、読み癖とも呼ばれる[3][2]

1980年以降、しばしば人名を音読みする慣習のみを示す俗語として用いられ、2006年にフリー百科事典ウィキペディア日本語版に立項されたことでこの誤用が広まった[4]

概要編集

「有職読み」という用語の調査を行った三浦直人によれば、「有職読み」という語の初出は1893年5月発行の『史学普及雑誌』9号であり[5]神祇官を「カンツカサ」、太政官を「オホヒマツリコトノツカサ」と読むようなものであるとした上で、このように読むのは「間ぬるき話なれば」、「ジンギクワン」「ダイジヤウクワン」と読むべきとしている[6]。1945年までの使用例8件はすべて「読み癖」「故実読み」と同一視したものであり、1980年代までも同様である[1]山田俊雄は「故実読み」を「一般の字音・字訓の慣用によって推理すると、かえって誤読となるような、伝統的な読み方をすること」であると解説している[7]。ただし、歌人など一部の人名が伝統的に音読みされることもこの例の中に含まれる[1]。山田は「故実読み」も「読み癖」も「かなり新らしい用語」であるとしており、有職読みも明治以降の言葉であると見られている[5]

有職読みの例編集

人名に使われる有職読み編集

「人名の音読み」の意の誤用編集

誤用の始まり編集

角田文衛は1980年の著書『日本の女性名』の中で、「歌学の世界で特定の歌人が」音読みされることを「歌人らが用いる符丁のような有職読みの典型」として紹介した[12][1]。角田は別の著書において人名ではない「後宮」を「ゴク」と読む「有職読み」を紹介しており、人名音読を「読み癖」であると解説している[13]

しかし、この角田の記述を誤読した高梨公之佐川章が人名音読み自体を「有職読み」であると紹介している[11]。三浦直人の調査によれば、2005年以前に書籍において「人名音読みが有職読みである」という記述を行ったのは高梨と佐川の二人のみであるとしている[11]。ただしインターネット上にはいくつか記述があったとされる[14]

ウィキペディア立項による誤用の展開編集

2006年1月21日、ウィキペディア日本語版において「有職読み」が人名音読の慣習を扱う記事として立項された[11]。これ以後、書籍などにおいても、有職読みの語が人名音読の意として誤用されることが急増し、学術論文や新聞、クイズゲーム等にもこの誤用が用いられた[15]。辞典においては大辞泉が「中世の歌学で、歌人の名を音で読むこと」「近代にそれをまねて有名人の名を音読すること」であるとして掲載している[16]。またこの誤用が広まる中で、「音読みで読むのは偉人に対して用いられる慣習」、「音読みで読むのは知識人の嗜み」、「音読みで読むのは平安時代より続く伝統である」という誤った解説も付けられている[3]。実際には江戸時代以降、政治家を音読みで呼びつつ揶揄することはしばしば行われている[17]徳川慶喜は、反対勢力や旧旗本によって蔑称として「ケイキ」と呼ばれた例もある[18]。また音読みは正確な読みを知らない場合の手段であるが、井黒弥太郎榎本武揚について「学のない世間はブヨーと親しんで呼んだ」と記述するように、それのみでは学のない者として「識者ノ笑」となるものであった[19]高島俊男によると、戦前には名前の音読みは一般的な慣習であり、例えば滝川事件瀧川幸辰については「タキガワ コウシン」以外の読みを戦前では聞いたことがなかったという[20]

小谷野敦は自著『名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか』で「有職読み」を音読みの慣習であったと記述しているが、その後誤用に気がついた。2011年5月、自らのブログで 「『名前とは何か なぜ羽柴筑前守は筑前と関係がないのか』(青土社)のp.100に「有職読み」という語が出てくるが、このような言葉は存在しない。これは2006年何者かによってWikipediaに立項され、その内容がいかにもありそうだったため、以後増補が続けられてきたもの」と記していたが、後に付記として角田文衞『日本の女性名』に使用例があったことを記している。小谷野は「有職読み」の語は専門家に聞いてもわからないとして、角田が人名音読みを指すために作った造語ではないかと疑う記述をしている[21][22]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 三浦直人 2017, p. 24.
  2. ^ a b c d e f g h i 大辞林 第三版『故実読み』 - コトバンク(三省堂)
  3. ^ a b 三浦直人 2017, p. 23.
  4. ^ 三浦直人 2017, p. 21-22.
  5. ^ a b 三浦直人 2017, p. 35.
  6. ^ a b c 三浦直人 2017, p. 23-24.
  7. ^ 三浦直人 2017, p. 27.
  8. ^ 「ジョウコウ」の読みが「上皇」と通じるため
  9. ^ 三浦直人 2017, p. 28.
  10. ^ 清水宗川聞書』では、内親王は音読みで読むのが「読み癖」であるとしている(三浦直人 2017, p. 27)
  11. ^ a b c d 三浦直人 2017, p. 25.
  12. ^ 角田文衞『日本の女性名 歴史的展望』(上)(教育社歴史新書30、1980年)、173頁。
  13. ^ 三浦直人 2017, p. 24-25.
  14. ^ 三浦直人 2017, p. 33.
  15. ^ 三浦直人 2017, p. 26、36-37.
  16. ^ 三浦直人が小学館の担当者に出典を訪ねたところ、角田の『日本の女性名』が出典であると回答されたが、角田の書籍には近代についての記述はない。(三浦直人 2017, p. 22、40)
  17. ^ 三浦直人 2017, p. 30-31.
  18. ^ 三浦直人 2017, p. 31.
  19. ^ 三浦直人 2017, p. 32-33.
  20. ^ 高島俊男「お言葉ですが…」(文春文庫)より
  21. ^ 三浦直人 2017, p. 26.
  22. ^ 猫を償うに猫をもってせよ”. 小谷野敦 (2011年5月1日). 2011年12月7日閲覧。

出典・参考文献編集

初出:三浦直人「伊藤博文をハクブンと呼ぶは「有職読み」にあらず:人名史研究における術語の吟味」『文学研究論集』45, pp. 207-226, 明治大学大学院, 2016年9月。

関連項目編集