メインメニューを開く

有馬 一準(ありま かずのり)は、越前丸岡藩の第2代藩主。晴信系有馬家5代。後述するが一準は隠居後の名前であり、藩主時代は真純(まさずみ)、純寿(すみひさ)、寿純(ひさずみ)を名乗っていた。

 
有馬 寿純 / 有馬 一準
時代 江戸時代中期
生誕 元禄10年12月2日1698年1月13日
死没 宝暦7年8月20日1757年10月2日
改名 大吉(幼名)→真純(初名)→純寿→寿純→一準
戒名 常泰院殿性山宗住大居士
墓所 福井県坂井市丸岡町篠岡の高岳寺
東京都台東区上野の本覚院
官位 従五位下、左衛門佐
幕府 江戸幕府
越前丸岡藩
氏族 肥前有馬氏
父母 父:有馬清純
母:須賀子(光徳院、皆吉純忠の娘)
兄弟 一準永井直亮正室
正室:深受院秋元喬知の養女、秋元成朝の娘)
継室:演暢院(毛利吉広の養女、毛利匡広の娘)
側室:高山氏、耀樹院(山本氏)、みつ
孝純純峯(毛利重広)本多忠由
娘(有馬義雄室)、娘(間部詮方継室)、
安姫(松平近輝継室)、娘(安部信允正室)

元禄10年(1697年)12月2日(異説として12月4日)、初代藩主有馬清純の長男として丸岡城で生まれる。元禄15年(1702年)12月に父が死去したため、元禄16年(1703年)2月5日に家督を相続した。正徳元年(1711年)に譜代大名に昇格し、同時に従五位下、左衛門佐に叙任する。しかし宝永3年(1706年)、享保6年(1721年)、享保8年(1723年)と連年のように洪水に悩まされて凶作となり、享保9年(1724年)にはそれが原因で一揆も起こるなど、藩政は多難を極めた。このため、財政難打開のために銀札の発行、家臣の知行借上げなどを行なったが、失敗した。

享保18年(1733年)4月1日、家督を長男の孝純に譲って隠居する。寛延2年(1749年)に名を一準に改めた。宝暦7年(1757年)8月20日、孝純の後を追うように死去した。享年61。