丸岡町(まるおかちょう)

  1. 福井県坂井市が設置している地域自治区のひとつ。 → 坂井市を参照。
  2. かつて福井県坂井郡にあり、現在の 1. を区域としていた

本項下欄では、2. について2006年3月20日廃止時点での内容を記している。


まるおかちょう
丸岡町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
三国町丸岡町春江町坂井町坂井市
現在の自治体 坂井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
団体コード 18364-4
面積 107.36km²
総人口 32,456
(2005年国勢調査)
隣接自治体 あわら市加賀市勝山市
永平寺町福井市
春江町坂井町
町の木 モミジ
町の花 ハナショウブ
他のシンボル -
丸岡町役場
所在地 910-0292
福井県坂井郡丸岡町西里丸岡12-21-1
(現在の坂井市丸岡町西里丸岡12-21-1)
座標 北緯36度08分55秒
東経136度16分01秒
旧・丸岡町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

丸岡町(まるおかちょう)は、福井県北部、加越山地福井平野北東部を占める、かつて坂井郡に属した。中心市街は丸岡城城下町として発達してきた。

2006年3月20日に坂井郡内3町と合併して坂井市となった。単独市制には人口50000人以上が必要なため、「丸岡市」は断念された。

目次

概要編集

福井県の町では唯一、人口が3万人を超えており、南にある福井市ベッドタウンとして住宅地の開発などにより増加を続けていた。

日本一短い手紙と呼ばれる「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」は、戦国武将本多重次が息子仙千代、後の初代丸岡藩本多成重のために送ったものである。このことから、「一筆啓上」の発信地として毎年日本一短い物語(日本一短い手紙)の募集、授賞式などが行われている。この一筆啓上のイベントは全国の自治体主催の公募イベントの先駆であり、全国で同じような公募が行われるきっかけとなった。

福井県立丸岡高等学校サッカー部を始めとした県内強豪チームが各年代存在しており、福井県ではサッカー処として知られている。

地理編集

西部は福井平野、東部の竹田地区は山に囲まれている。

 
丸岡城天守

隣接していた市町村編集

歴史編集

  • 継体天皇が即位前に住んでいたと言われる。町内の女形谷(おながたに)の地名はこの即位により「御名が谷」と呼ばれるようになったものが変化したとされる。
  • 1948年(昭和23年)6月28日発生の福井地震の震源地である。

沿革編集

行政編集

 
旧:丸岡町役場
現在は坂井市役所丸岡総合支所となっている
  • 町長 林田恒正(1999年から)

経済・産業編集

繊維産業、稲作が盛ん。また南東部に福井県産業情報センターを中心とした企業団地「ソフトパークふくい」があり、 隣接する福井県立大学(永平寺町)と産学協同の情報分野における研究開発がしやすい環境となっている。

  • 産業人口(2005年国勢調査)
    • 第一次産業  721人
    • 第二次産業 6,335人
    • 第三次産業 10,284人

姉妹都市・提携都市編集

国内編集

海外編集

交通編集

鉄道編集

バス編集

道路編集

高速道路
町内にあるインターチェンジ:北陸自動車道 丸岡IC
一般国道
町内を走る国道:国道8号国道364号
都道府県道
町内を走る都道府県道:
福井県道9号芦原丸岡線
福井県道10号丸岡川西線
福井県道17号勝山丸岡線
福井県道30号福井丸岡線
福井県道38号丸岡インター線
福井県道108号春江丸岡線
福井県道109号南横地芦原線
福井県道110号中川松岡線
福井県道112号栃神谷鳴鹿森田線
福井県道259号龍ヶ鼻ダム公園線

健康編集

  • 平均年齢 41.8歳(2005年国勢調査)

教育編集

名所・観光スポット編集

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集

外部リンク編集