朝鮮義勇軍(ちょうせんぎゆうぐん)は、1942年7月に山西省太行山脈で組織された中国共産党配下の朝鮮人部隊である。この部隊の幹部が北朝鮮に帰還して延安派を形成した。実際に日本軍と交戦したことはなく、日本軍に対する宣伝活動等を行った。第二次世界大戦後に中国の国民党軍との国共内戦に参加し、最終的には北朝鮮の朝鮮人民軍に帰順した。

朝鮮義勇軍
各種表記
ハングル 조선의용군
漢字 朝鮮義勇軍
発音 チョソン ウィヨングン
日本語読み: ちょうせんぎゆうぐん
英語表記: Korean Volunteer Army
テンプレートを表示

活動編集

創設から日中戦争終結まで編集

 
司令官武亭

1942年7月14日、朝鮮義勇隊華北支隊を朝鮮義勇軍華北支隊に改編した[1]朝鮮独立同盟朝鮮語版華北朝鮮独立同盟とも言う)の軍事組織であり、朝鮮人共産主義者の中心人物で、長征にも参加した武亭が司令官に就任した。のちに日本軍から逃亡した朝鮮人兵士(朝鮮人日本兵)らが多数加わり、中国共産党の支援を受けて華北及び華中地域で八路軍新四軍の下で日本軍に対する宣伝活動等を行った。日中戦争時は数百人しかいなかったが、崔昌益は「朝鮮人民の唯一の武装隊伍」を自負した。

華北支隊は各地で中国共産党が統制する抗日遊撃区で活動した[2]太行山根拠地に最も集中しており、山東省陝西省華中にも分散していた[2]

1942年8月、李益星が華北支隊第2隊隊員13人を率いて晋察冀辺区に進出した[2]。八路軍115師の根拠地であり、ここにはすでに朝鮮革命家の林平、蔡國藩、高生鎬、金武が活動していた[2]。ここには1941年12月10日に朝鮮青年連合会晋察冀支会が設立されていたが、朝鮮独立同盟晋察冀分盟に改編され、軍隊は李益星が責任を持ち、敵後工作は蔡國藩が引き受け、晋察冀分盟は孔明宇が担当した[2]。晋察冀地区は朝鮮人が多かった北京、天津、唐山に容易に進出することができ、中国東北部や朝鮮国内に拠点を作るのに便利であった[2]

晋西北地区は呂梁山脈を中心とする山西省西北山地であり、賀竜の八路軍第120師が駐留していた[2]。1942年11月13日に金世光、文明哲、崔采、崔英が朝鮮独立同盟晋西北分盟を創立[2]。分盟責任者は金世光となり、組織委員を務めた文明哲は八路軍と共に戦って戦死した[2]

延安を中心とした陝甘寧辺区は、太行山抗日根拠地の次に朝鮮革命家が多く集まるところであった[2]。抗日軍政大学東北幹部訓練班には朝鮮人青年、八路軍第359旅には朱徳海李権武がいた[2]鄭律成と朱徳海はこの地区の朝鮮青年連合会支会を担当していたが、1942年に太行山から金枓奉、韓斌、尹治平、趙烈光、權赫(日本人女性)、燕軍などが到着し、1943年1月10日、朝鮮独立同盟延安分盟が創立した[2]

山東省では、華北支隊第1隊隊員が活動した[2]。朱革が朝鮮独立同盟山東分盟組織を引き受け、李ミョン(리명)が主任となった[2]。魯民は膠東分盟を設立し、終戦時には50人の盟員を確保していた[2]

河北省昌黎県では、朝鮮独立同盟冀熱遼分盟が創立され、李大成が組織委員、陳國華が宣伝委員、朱然が政治部主任を務めることになり、責任者は晋察冀分盟の軍責任者だった李益星であった[2]。山西省太岳山地域には、李オクグン(리옥근)、関鍵、趙少卿、河仰天が八路軍敵軍工作部で活動した[2]

新四軍統制地域では、1944年1月に洪沢湖付近で朝鮮独立同盟華中分盟と朝鮮義勇軍華中支隊が成立し、李成鎬、金潤德、孫達が主な責任者となった[2]

1942年11月1日、華北朝鮮青年革命学校を開校[3]。校長は武亭、教務主任は金學武であった[3]。華北敵占領区から朝鮮人が脱出してくる場合に備えて、彼らを教育し、朝鮮義勇軍に参加させる目的があった[3]

1944年、朝鮮義勇軍と朝鮮独立同盟は、各地の隊員を比較的安全な延安に集結させ、軍事訓練と政治学習を実施することに決定した[4]。同年1月末、太行山の隊員と学生約200人が朴孝三の引率で出発し、4月7日に延安に到着した[4]。冀東支隊の李大成は30人ほどの隊員を率いて何重もの封鎖を潜り抜け、1945年2月、延安に到着した[4]

1944年10月、朝鮮革命軍政学校が設立された。朝鮮軍政学校は4個の区隊に分かれ、第1区隊は区隊長の趙烈光と協理員の方虎山が、第2区隊は区隊長の王子仁が、第3区隊は区隊長の全宇と協理員の洪順官が、第4区隊は区隊長の金克と協理員の尹公欽が担当した[4]

1945年8月11日に八路軍総司令朱徳が発令した第6号命令で八路軍と元東北軍の各部と共に東北に進出した[5][6][7]。当時の兵力は700人ほどであったが、8月16日に韓青[† 1]が瀋陽で部隊を組織し、約千人の兵力となった[8]

国共内戦編集

 
朝鮮独立同盟主席金枓奉

1945年11月10日[† 2]瀋陽で軍人大会が開かれ、朝鮮には少数の老幹部が帰国し、その他は満州に留まり中国革命と朝鮮革命のために戦力を増強することになった。また全軍は第1支隊、第3支隊、第5支隊に分けられ、第1支隊は南満で第2支隊を、第3支隊は北満で第4支隊を、第5支隊は東満で第6支隊を結成することになった[8]

軍人大会後に金浩と金剛[† 3]が鴨緑江支隊を編成し、先遣隊を新義州に進出させた。しかしソ連当局の命令を受けた保安隊の襲撃で、先遣隊は武装解除されて丹東に追い返された。のちに金浩と金剛が個人の資格で帰国し、鴨緑江支隊は第1支隊と合流した[9]1945年12月から1946年春にかけて金枓奉崔昌益、武亭、朴孝三朴一禹ら70余名が帰国した[9]

残された部隊は、終戦直後の混乱した情勢下で、東北地区居住の朝鮮人が自分の財産などを守るために組織した地方武装組織を吸収して拡大していった[8]。内戦初期の朝鮮義勇軍は、主に土匪の掃討や根拠地の開拓をしていた。のちに東北民主連軍に編入され、国民党軍との戦闘を経て中国軍正規部隊へと成長していくが、一方で朝鮮人部隊としての独立性を次第に失っていくことになる。

第1支隊編集

 
第1支隊政治委員方虎山

1945年11月に創設され、支隊長は金雄(王信虎)、政治委員は方虎山(李天夫)、副支隊長は崔仁(王子仁)、参謀長は安彬、政治部主任は朱然が就任した。

12月に南満へ進出し、通化を中心に活動。南満州在住の約20万人の朝鮮人を基盤に活動し、1945年末にはすでに5千人の兵力に成長していた[10]。1946年2月、通化事件の制圧に参加[10][11]。この通化事件で中国共産党の信頼を得て、党とその政府機関の警備を担当することになった[10]。事件後に李紅光支隊へ改称され、東北民主連軍遼寧軍区(司令張学思)に所属した[10]。1946年3月に金雄、安彬、朱然が帰国し、後任にそれぞれ崔仁、盧哲用、洪林が就いた[12]。1946年春から長白山の土匪を粛清[10]

1946年12月に李紅光支隊は独立第4師に改編され、副師長と政治部副主任に漢人幹部が就任した[10]四保臨江戦役中国語版に参加した[10][11]。1947年5月から1948年3月までの夏・秋・冬季攻勢に参加[10]。1948年4月、遼北軍区に所属[11]。1948年10月初めから遼瀋戦役に参加[10][11]。1948年11月、第166師[† 4]となり、東北軍区直属部隊として瀋陽衛戍司令部(司令伍修権中国語版)に所属し、守備と治安に当たった[10][11]

第3支隊編集

軍人大会後、朱徳海は約19名の軍政学校の幹部候補生を引率してハルビン市に向かった。北満に派遣された幹部が少人数であった理由は、朝鮮と隣接する南満と東満に主力を重点的に配置した事と、1942年から李相朝(金澤明)が地下工作員として潜入し、朝鮮独立同盟北満特別委員会(第12支部)が組織されて受け皿が出来ていたからであった[13]

1945年11月19日に李相朝が組織した保安総隊朝鮮人独立大隊と合流した。中ソ友好同盟条約により翌20日に賓県へ退去し、11月25日に第3支隊が結成された[14]。支隊長は李相朝、政治委員は朱徳海、副支隊長は金昌徳(李徳山)、参謀長は金延、政治部主任は李根山が就任した。その後は木蘭通河東興で土匪を掃討した[14]

1946年4月28日にソ連軍がハルビン市から撤退すると、第3支隊は松江軍区の東北民主連軍と合流し、ハルビン市に突入して国民党軍とその官吏を駆逐した[13]。ハルビン市には中共東北局や東北民主連軍総司令部などが置かれ、東北部における共産党の心臓部となった[13]。第3支隊は軍区内で最も信頼された部隊であり、ハルビン市の衛戍任務[† 5]を担当し、重要な役割を果たした[14][15]。1946年6月に東北民主連軍に編入され、松江軍区独立第8団に改編された[16]。同時に李相朝、金延、李根山などが帰国[14]

1948年3月にハルビン市を離れて吉林省煙筒山一帯に進出し、吉東軍区第72団と牡丹江軍区独立第14団[† 6]と合流して東北野戦軍独立第11師を編成し、独立第8団は独立第11師第2団に改編された[17]。師長は王效明[† 7]、政治委員は宋景華中国語版、副師長は李徳山、参謀長は康干生、政治部主任は王海清が就任した[18]長春包囲戦に参加[14]。1949年3月、第164師第491団に改称し、長春の衛戍任務を担当した。

第5支隊編集

第5支隊は1945年11月に瀋陽で創設された。11月8日に文正一が率いる先遣隊が吉林市に到着するがソ連軍がそれ以上の東進を同意しないため付近の地区に駐在した。12月8日に先遣隊の幹部30名が、12月31日に支隊主力の約400人が延吉に到達した[19]。1946年1月延辺警備旅の第1団と第2団を合併して約6千人の兵力となり、朝鮮義勇軍第15団と第16団を編成した。延辺で土匪を粛清し、東満の根拠地を建設した。

朝鮮義勇軍第15団は1946年3月に吉東警備第2旅に編入され、後に吉林軍区独立第3団に改称される[20]。1948年1月、吉林軍区独立第6師(師長:鄧克明中国語版、副師長:全宇)が編成されると独立第3団は第16団に改称され、独立第6師に編入される[21]。独立第6師は長春包囲戦から四平、錦州の攻略に参加し、中国関内への南進を前にして正規軍に昇格して第4野戦軍第43軍第156師となり、隷下の第16団は第466団になる[21]。第156師は平津戦役に参加。揚子江渡河作戦では営長以下の300名を捕虜とし、300隻の船舶を奪取して渡河作戦の突破口を開いた[21]。さらに南進して1949年3月4日に江西省南昌市に入城して江西省の衛戍任務に就いた[22]

朝鮮義勇軍第16団は1946年3月に吉東警備第1旅第1団に改称される[20]。1947年2月に吉林軍区の警備部隊と合流して独立第1師第1団となる。1947年9月に独立第1師は第10縦隊に編入され第30師第89団となる[22]。中国関内への南進を前にして第10縦隊は第47軍と改称し、第30師第89団は第141師第422団となった[22]。第141師は平津戦役に参加し、太原から重慶までを転戦した[23]

第1支隊と第3支隊をそれぞれ母体とする第166師及び第164師は朝鮮族部隊としてまとまっていたが、第156師と第141師は漢族と朝鮮族の混成部隊である[23]

第7支隊編集

1945年11月21日、第5支隊が吉林市に到達した際に朴勲一等の一部の幹部が残り、吉林保安総隊第7大隊を基幹に編成された[20]。支隊長兼政治委員は朴勲一、副支隊長兼副政治委員は崔明、参謀長は金克、副参謀長はチェ・チュンリョルが就任した[24]。1945年12月に樺甸市に進駐して1946年3月に樺甸県保安団(団長楊上)に改編された[20]。1946年4月中旬、朴勲一を含む幹部50余人が北朝鮮に帰還[20]。後に拡大され吉南軍分区第24旅第72団[7]。1946年5月、吉南軍分区から引き抜かれ四平保衛戦の第2梯隊となる[7]。四平から撤退後は五常市に進駐して再編成した[7]。1946年6月に第24旅は吉南地区に移動して根拠地を開拓した。1948年4月に独立第8団(第3支隊を改編した部隊)と牡丹江軍区第14団で独立第11師を編成し、第72団は独立第11師第1団に改編した[17]。1949年3月、第164師第492団に改称。

北朝鮮への引き渡し編集

1949年4月末に北朝鮮から朝鮮人民軍文化部司令官の金一が派遣され、瀋陽で高崗、北京で朱徳と周恩来毛沢東と会談し、朝鮮族部隊の引き渡しを要請した[7][25][26]。毛沢東は3個師団の内、中国東北に配備されている2個師団は引き渡せる準備ができていると答えた。

1949年3月初めに第164師の副班長以上の将兵150人が新義州に入り平壌砲兵軍官学校に入学した[27]。同年6月に朝鮮人民軍は教官が派遣し、長春で幹部訓練班を設け、正規化した班と幹部らを訓練させた[28]

1949年7月、第166師の約1万2千人の将兵は方虎山に引率され丹東を経て新義州に到着し、朝鮮人民軍第6師団に改編された。1949年8月、第164師の約7500人は金昌徳に引率されて羅南へ到着し、朝鮮人民軍第5師団に改編された。

1950年1月に朝鮮人民軍作戦局長の金光侠が訪中して総参謀長代理の聶栄臻と面会し、第4野戦軍内の朝鮮族兵士の引き渡しを要請した[7][29]

1950年3月に第4野戦軍の各軍、第13兵団や特殊部隊所属の朝鮮族指揮員及び戦闘員は鄭州に集結し、独立第15師[† 8]を編成した[12][28]。師長は全宇、参謀長は池炳学が就任した。その他に1個独立団と1個独立大隊が編成された[7]。全宇に引率されて同年3月末に北朝鮮に入り独立第15師は朝鮮人民軍第7師団に改編され、独立団は第4師団に編入され第18連隊となり、独立大隊は平壌の機械化歩兵連隊に編入された[7]

上記の他にも1945年夏以降に小規模の部隊が続々と北朝鮮へ移動していた[30]。国共内戦で成長した朝鮮族部隊の殆どは北朝鮮に移動し、朝鮮人民軍に編入された朝鮮族兵士は歩兵部隊の総兵力約20万人の2、3割を占め、朝鮮半島の軍事バランスを北朝鮮側に傾けた[31]

人物編集

幹部
氏名 出身校 前歴 主な役職 北朝鮮での役職 備考
武亭 保定軍校 八路軍砲兵団長 司令官 朝鮮人民軍第2軍団長
朴一禹 中央党校 抗日根拠地県長 副司令官兼政治委員 朝鮮労働党中央委員、中国人民志願軍副政治委員 1955年粛清
朴孝三 黄埔軍校4期 国民革命軍営長、朝鮮義勇隊支隊長 華北支隊長、副司令官兼参謀 朝鮮人民軍第9師団長 粛清
李益星 中央軍校10期 国民革命軍少尉、朝鮮義勇隊区隊長 華北支隊副支隊長兼第2隊長 朝鮮人民軍旅団長、師団長 粛清
崔仁 中央軍校10期 朝鮮義勇隊 華北支隊第3隊長、第1支隊副支隊長、支隊長 朝鮮人民軍第2軍団参謀長 粛清
金雄 中央軍校10期
抗日軍政大学5期
新四軍幹部 第1支隊長 朝鮮人民軍第1軍団長 粛清
趙烈光 中央軍校11期 朝鮮義勇隊分隊長 第5支隊参謀長 朝鮮人民軍師団長、砲兵司令官 粛清
韓璟 中央軍校11期
抗日軍政大学
八路軍、朝鮮義勇隊 第1支隊員 朝鮮人民軍師団参謀長、軍団参謀長 粛清
李相朝 中央軍校特別班
抗日軍政大学5期
朝鮮義勇隊隊員 第3支隊長 朝鮮人民軍偵察局長 ソ連亡命
黄載然 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員、分隊長 第3支隊供給処長 朝鮮人民軍 中国に帰還
張平山 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 隊員 朝鮮人民軍師団参謀長、軍団参謀長、軍団長 粛清
盧喆龍 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 李紅光支隊参謀長 朝鮮人民軍師団参謀長、軍団参謀長 粛清
朱然 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 先遣隊政治主任 朝鮮人民軍師団長 粛清
柳新 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 隊員 民族保衛省部長、朝鮮人民軍第1軍団参謀長 朝鮮戦争中戦死
金漢中 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 隊員 朝鮮人民軍予備師団長 粛清
文正一 中央軍校特別班 朝鮮義勇隊隊員 第5支隊隊員 中国に残留
洪林 抗日軍政大学 李紅光支隊政治主任 朝鮮人民軍師団長
玄波 抗日軍政大学 第1支隊団参謀長 朝鮮人民軍第2師団参謀長 1950年8月20日戦死
朱徳海 東方勤労者共産大学
抗日軍政大学東北幹部訓練組
満州遊撃隊、八路軍 第3支隊長 延辺朝鮮族自治区主席
李権武 東方勤労者共産大学
抗日軍政大学東北幹部訓練組
満州遊撃隊、八路軍 第5支隊参謀長 朝鮮人民軍第4師団長 粛清
方虎山 東方勤労者共産大学
抗日軍政大学東北幹部訓練組
満州遊撃隊 第1支隊政治委員 朝鮮人民軍第6師団長 粛清
全宇 東方勤労者共産大学
抗日軍政大学東北幹部訓練組
満州遊撃隊 第5支隊参謀長 朝鮮人民軍第12師団長 粛清
金昌徳 抗日軍政大学東北幹部訓練組 満州遊撃隊 第3支隊長 朝鮮人民軍第5師団長 粛清
朴勲一 新四軍某部敵工科長 第7支隊長 内務省警備局長 粛清

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1912年、慶尚南道生まれ。朝鮮民族前衛同盟参加。1938年10月、朝鮮義勇隊第2区隊へ配属。1939年抗日軍政大学卒業。八路軍第129師政治部で活動。1943年から東北部で地下工作1996年、瀋陽で死去。
  2. ^ 赤木完爾 2003, p. 73では11月4日としている。
  3. ^ 1937年、中央陸軍軍官学校卒業。朝鮮義勇隊で活動。1946年に個人の資格で帰国。北朝鮮で第12師団文化副師団長、朝鮮労働党中央委員会宣伝扇動副部長、文化宣伝省副相などを歴任。8月宗派事件の時に中国へ亡命する。
  4. ^ 隷下に第496団、第497団、第498団。
  5. ^ 兵器工場や武器庫の守備、武器・弾薬の保管や輸送
  6. ^ (赤木 2003, p. 73)では牡丹江軍区独立第3団と吉林軍区吉南第72団としている。
  7. ^ 遼寧省昌図県生まれ。第2次世界大戦中は東北抗日連軍第2路軍総指揮部参謀処長、第88特別旅団第2大隊長。後に中国人民解放軍少将。1991年11月30日、北京で病死。
  8. ^ 隷下に第1団、第2団、第3団、第4団、砲兵団。

出典編集

  1. ^ “朝鮮義勇軍浴血太行 助八路殲敵” (中国語). 中国専題香港文匯報. (2015年7月13日). http://paper.wenweipo.com/2015/07/13/CH1507130002.htm 2015年9月10日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r “불멸의 발자취(66)—조선의용군 화북지대 창설지” (朝鮮語). 吉林新聞. (2013年1月23日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2013-01/23/content_102222.htm 2018年6月22日閲覧。 
  3. ^ a b c “불멸의 발자취(67)—화북조선청년혁명학교 옛터” (朝鮮語). 吉林新聞. (2013年1月24日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2013-01/24/content_102326.htm 2018年6月22日閲覧。 
  4. ^ a b c d “불멸의 발자취(80)—조선혁명가들의 연안 대집합” (朝鮮語). 吉林新聞. (2013年2月5日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2013-02/05/content_103031.htm 2018年6月22日閲覧。 
  5. ^ 姜 1997, p. 193.
  6. ^ 赤木 2003, p. 73.
  7. ^ a b c d e f g h “1949年林彪向軍委報告:希望將朝鮮師送回朝鮮” (中国語). 多維新聞. (2011年12月23日). http://history.dwnews.com/big5/news/2011-12-23/58439129.html 2015年1月20日閲覧。 
  8. ^ a b c 李 2009, p. 50.
  9. ^ a b 姜 1997, p. 195.
  10. ^ a b c d e f g h i j 李 2009, p. 51.
  11. ^ a b c d e 姜 1997, p. 210.
  12. ^ a b 和田 1995, p. 24.
  13. ^ a b c 姜 1997, p. 212.
  14. ^ a b c d e 李 2009, p. 52.
  15. ^ 姜 1997, p. 213.
  16. ^ 李 2009, p. 53.
  17. ^ a b “영원힌 기념비(38)—이도하자와 동장춘 습격전” (朝鮮語). 吉林新聞. (2011年11月23日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2011-11/23/content_72735.htm 2016年2月19日閲覧。 
  18. ^ 赤木 2003, p. 28.
  19. ^ 姜 1997, p. 214.
  20. ^ a b c d e 李 2009, p. 54.
  21. ^ a b c 姜 1997, p. 215.
  22. ^ a b c 姜 1997, p. 216.
  23. ^ a b 姜 1997, p. 217.
  24. ^ “永遠の記念碑(8)東満に到着した義勇軍第5支隊” (朝鮮語). 吉林新聞. (2011年9月28日). http://www.jlcxwb.com.cn/cxz/content/2011-09/28/content_66468.htm 2016年2月19日閲覧。 
  25. ^ 姜 1997, p. 218.
  26. ^ 赤木 2003, p. 27.
  27. ^ 赤木 2003, p. 78.
  28. ^ a b 赤木 2003, p. 79.
  29. ^ 赤木 2003, p. 29.
  30. ^ 李 2009, p. 164.
  31. ^ 李 2009, p. 165.

参考文献編集

  • 李海燕『戦後の「満州」と朝鮮人社会 越境・周縁・アイデンティティ』御茶の水書房、2009年。ISBN 978-4-27-500842-8
  • 赤木完爾『朝鮮戦争 休戦50周年の検証・半島の内と外から』慶應義塾大学出版会、2003年。ISBN 4-7664-1038-6
  • 和田春樹・石坂浩一 編『岩波小辞典 現在韓国・朝鮮』岩波書店、2002年。ISBN 4-00-080211-9
  • 姜在彦『金日成神話の歴史的検証 抗日パルチザンの<虚>と<実>』明石書店、1997年。ISBN 4-75-030996-6
  • 和田春樹『朝鮮戦争』岩波書店、1995年。ISBN 4-00-001369-6

関連項目編集

外部リンク編集