木原 塁(きはら るい、1975年11月3日[1] - )は、日本作曲家編曲家

木原 塁
生誕 (1975-11-03) 1975年11月3日(45歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 洗足学園短期大学音楽科
ジャンル クラシック
ジャズ
ロック
職業 作曲家
編曲家
レーベル Wdfields' Music Library
公式サイト wdfield.wixsite.com/index

経歴編集

東京都出身[2]

洗足学園短期大学音楽科卒業。管楽器専攻およびジャズ専攻にて、トランペットを富田悌二、原朋直の各氏に師事。在学中より演奏・指導などの研鑽を積み、2000年よりアレンジャーとしての活動を本格的に開始する。


今までにTHE WIND WAVE、東京佼成ウインドオーケストラシエナ・ウインド・オーケストラ、小江戸ウインドアンサンブルの他、全国各地の吹奏楽団・ビッグバンドなどへ作品を提供。その作品は国内・外で数多く出版されており、決して演奏は容易ではないが、本物のサウンドを追求する作風が評価されている。


主に管・打楽器を主体とする大編成の編曲を中心に、バンドのリズム・アレンジや弦編曲、トラックメイキングまで幅広く手がけている。


近年では管弦楽編曲も多く、音羽ゆりかご会85周年記念盤『ゆりかごの歌』、世界最大級のゲーム音楽イベント『東京ゲームタクト』(2018/2019)などにアレンジを提供。その他、自主企画から発展させた制作チームで音楽制作団体"WdField's Music Lab."として映像制作や配信ライブを企画するなど活動は多岐に渡る。

吹奏楽の分野では第9回臺灣國際音樂節(2016年/指揮)、香港国際バンドフェア2017(2017年/指揮・コンペティション審査員、マスタークラス)、2018中原首届青少年芸術祭/河南青少年新年音楽会(2018年/指揮)にそれぞれ出演するなど活動の幅を世界へ拡げている。


現在は、作・編曲だけでなく指揮・指導や自身の演奏活動もおこなうほか愛好家とも積極的に交流をおこなっており、特にインターネット・サブカルチャー方面での交友関係は広く、近年ではTwitter発の吹奏楽団や、ニコニコ動画公式イベント"ニコニコ超パーティ"に『超ニコニコ管弦楽団』にトランペットで参加するなどの活動も展開している。

主な作品編集

吹奏楽編曲編集

  • 恋はあせらず
  • ランド・オブ・メイク・ビリーヴ
  • 西部警察パートⅡワンダフル・ガイズ
  • ビバ!ジャイアンツ<ブラスバンドver.>(2009東京讀賣巨人軍応援歌集収録)
  • 女々しくて
  • K-POPメドレー
  • ビリー・ジーン
  • 五月天組曲
  • 『名探偵コナン』メインテーマ
  • ストライク・アップ・ザ・バンド(小江戸ウィンドアンサンブル 委嘱作品)
  • ボサノヴァ・メドレー(小江戸ウィンドアンサンブル 委嘱作品)
  • ペガサス幻想
  • タキオのソーラン節
  • アップタウン・ファンク
  • 『ロックマン2』メドレー(東京ゲームタクト2018 提供)
  • 『ストリートファイターⅡ』メドレー(東京ゲームタクト2018 提供)
  • 『超・魔界村』メドレー(東京ゲームタクト2019 提供)
  • 『真・三國無双2』よりAREMA(東京ゲームタクト2019 提供)
  • Laughing Days(TBSラジオ『木梨の会』/GYAO!『木梨の貝。』リスナー・視聴者企画用編曲)
  • 夢の先へ~Next Dream~(TBSラジオ『木梨の会』/GYAO!『木梨の貝。』・TBSラジオEXPO木梨憲武ライブ用編曲)

ビッグバンド編曲編集

  • スリー・ビューズ・ア・シークレット(国立音楽大学ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラ 委嘱作品)

その他ジャズバンド編曲編集

  • スペイン(THE WIND WAVE)
  • キャラバンの到着(THE WIND WAVE)
  • ペガサス幻想(Superb Hop Band)
  • Z・刻を越えて(Superb Hop Band)
  • ブルーウォーター(Superb Hop Band)
  • めざせポケモンマスター(Superb Hop Band)

管弦楽編曲編集

その他 編曲提供作品編集

  • 湘南シーレックス(現・横浜DeNAベイスターズ2軍)ファン感謝イベント用音楽(編曲 / トラック制作)

作品提供および共演アーティスト・団体(敬称略)編集

THE WIND WAVE、東京佼成ウインドオーケストラシエナ・ウィンド・オーケストラ、東京ウィンドヒーローズ、中西圭三、小江戸ウインドアンサンブル、おぬきのりこ、音羽ゆりかご会伊東歌詞太郎geroぐるたみん木梨憲武

など

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Louis KiharaのFacebook”. 2018年9月4日閲覧。
  2. ^ official”. 2018年9月4日閲覧。

外部リンク編集