メインメニューを開く
木曽川堤の桜並木

木曽川堤(サクラ)(きそがわづつみ(サクラ))[1]とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木であり、1927年(昭和2年)8月11日に国の名勝及び天然記念物の二重指定を受けたサクラの名所である。

概要編集

愛知県岐阜県県境を流れる木曽川の、犬山市から弥富市まで続く堤防(いわゆる御囲堤)の一宮市北方町から江南市草井町までの区域の両法面に、1885年(明治18年)約1800本のエドヒガンシダレザクラと共に少数のヤマザクラが植樹されたもので、ソメイヨシノを植樹しない点が日本各地のサクラ並木に対して特徴がある。1927年(昭和2年)「木曽川堤(サクラ)」として、国の名勝、天然記念物に指定された。

交通アクセス編集

名鉄名古屋本線尾西線名鉄一宮駅からバス光明寺下車徒歩5分

脚注編集

  1. ^ 名勝及び天然記念物の正式指定名称が、括弧(サクラ)を含む木曽川堤(サクラ)である。

参考文献編集

  • 『ふるさとの文化遺産 郷土資料事典23愛知県』
  • 加藤陸奥雄他編『日本の天然記念物』、講談社、1995年3月20日 第1刷 433,435ページ ISBN 4-06-180589-4
  • 『自然紀行 日本の天然記念物』、講談社2003年10月22日 第1刷 199ページ ISBN 4-06-211899-8

関連項目編集

外部リンク編集