メインメニューを開く

本原 正治(もとはら まさはる、1967年4月23日 - )は、広島県福山市出身の元プロ野球選手投手)。

本原 正治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県福山市
生年月日 (1967-04-23) 1967年4月23日(52歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1985年 ドラフト4位
初出場 1990年7月30日
最終出場 1994年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

広陵高では、1年次の1983年秋季中国大会県予選決勝で先発を任され、近大福山高岡田展和と投げ合うが敗退。チームは中国大会で準決勝に進み、翌1984年春のセンバツに出場するが[1]、本原の出番はなかった。3年次の1985年には、エース兼5番打者として夏の選手権広島県予選決勝に進出するが、広島工業高に敗退し甲子園出場はならなかった。1年上のチームメイトに定詰雅彦、1年下には金本知憲がいる。

1985年のプロ野球ドラフト会議読売ジャイアンツから4位指名を受け入団。

ファームでは、軟投派右腕として加茂川重治や同期入団の渡辺政仁などと共にローテーションを守り早くから活躍していたが、当時の厚すぎる先発陣が災いし一軍での登板機会の無いまま、プロ5年目の1990年シーズン途中に福岡ダイエーホークス田淵幸一監督の要望により実質無償で移籍する。移籍後にプロ初登板を果たすと、先発投手陣の一角に入り5勝5敗の成績を挙げる。

1991年は規定投球回数に達する。前半戦で8勝2敗の成績を挙げ、西武キラーとして活躍した。また、オールスターゲームにも出場。しかし、第2戦にリリーフ登板したものの、1イニングも持たずにKOされるというほろ苦い内容となった。この後、他球団に慣れられたためか、後半戦は1勝もできず7連敗でシーズンを終える。翌1992年も不調が続き、2シーズンにまたがって14連敗を喫する(同年は2勝8敗)。1993年からは中継ぎに転向し、同年オフに広島東洋カープにトレードされる。広島では1試合のみの登板に終わり、1994年限りで自由契約となった。

実家は鮮魚店で、「魚のさばきもプロ級」との事(当時の選手名鑑より)。

佐藤和弘(パンチ佐藤)にホームランを打たれた数少ない投手であり、また鈴木一朗のプロ初打席の際の相手投手でもある。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1990 ダイエー 11 10 2 0 0 5 5 0 -- .500 308 66.1 76 14 33 1 4 27 0 0 39 33 4.48 1.64
1991 26 19 5 0 0 8 9 0 -- .471 661 148.2 166 28 60 2 2 54 5 0 87 79 4.78 1.52
1992 18 11 2 0 0 2 8 0 -- .200 328 76.0 77 12 29 1 0 25 1 0 46 41 4.86 1.39
1993 17 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 111 26.1 22 4 15 1 0 8 1 0 12 11 3.76 1.41
1994 広島 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:5年 73 40 9 0 0 16 22 0 -- .421 1412 318.1 342 58 137 5 6 116 7 0 184 164 4.64 1.50

記録編集

初記録
  • 初登板:1990年7月30日、対ロッテオリオンズ16回戦(平和台球場)、8回表に4番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初奪三振:同上、8回表に佐藤健一から
  • 初先発・初勝利:1990年8月2日、対西武ライオンズ20回戦(平和台球場)、8回3失点
  • 初完投:1990年8月30日、対ロッテオリオンズ22回戦(平和台球場)、9回3失点で敗戦投手
  • 初完投勝利:1990年9月20日、対西武ライオンズ26回戦(平和台球場)、9回2失点
その他の記録

背番号編集

  • 46 (1986年 - 1990年途中)
  • 32 (1990年途中 - 1993年)
  • 36 (1994年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集

外部リンク編集