メインメニューを開く

山田 武史(やまだ たけし、1965年6月1日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手投手)。

山田 武史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1965-06-01) 1965年6月1日(54歳)
身長
体重
178 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1986年 ドラフト外
初出場 1987年4月15日
最終出場 1990年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

久留米商業高では、エースとして1983年春のセンバツ夏の甲子園に連続で出場。春の選抜は、1回戦で宇部商業高秋村謙宏と投げ合い完封勝ちを飾るが、2回戦で駒大岩見沢高に敗退[1]。夏の選手権は、3回戦で池山隆寛のいた市立尼崎高に9回裏逆転サヨナラ勝ち。勢いを駆って準決勝まで進むが、横浜商業高三浦将明に抑えられ大敗を喫する[2]。当時から大会屈指の速球投手として注目された。

高校卒業後は、社会人野球本田技研熊本に進む。NTT九州の補強選手として1985年都市対抗野球に出場。1回戦で日本石油を相手に好リリーフ、初勝利の活躍を見せる[3]

1986年オフ、ドラフト外読売ジャイアンツに入団。1年目の1987年に中継ぎとして10試合に登板するが、その後は出場機会がなかった。

1990年6月、本原正治と共に金銭トレードにて福岡ダイエーホークスに移籍。同年は20試合に登板するが社会人時代に肩を壊しており[4]、ダイエー移籍後も右ひざを故障する[4]など故障に悩まされて、プロではあまり活躍できなかった。

1991年12月、ダイエーのドラフト10人指名の余波を受け本村信吾大塚賢一とともに保留選手名簿に記載されたにもかかわらず解雇通告を受けたが、本村の提訴により山田は参稼報酬の9割相当額(1991年の年俸の9割)で和解が成立し、現役を引退した[4]

引退後は、不動産会社勤務、ゴルフショップ経営などを行い、現在は健康食品の販売などトータルライフコーディネーターをしている[4]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1987 巨人 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 60 13.2 13 6 5 0 0 11 1 0 9 9 5.93 1.32
1990 ダイエー 20 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 146 36.0 34 7 12 1 1 15 1 0 20 18 4.50 1.28
通算:2年 30 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 206 49.2 47 13 17 1 1 26 2 0 29 27 4.89 1.29

記録編集

背番号編集

  • 22 (1987年 - 1988年)
  • 59 (1989年 - 1990年途中)
  • 48 (1990年途中 - 1991年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  4. ^ a b c d ZAKZAK:うれしかった古田の「おまえの球が一番」 元巨人・ダイエー 山田武史さん”. 2011年6月8日閲覧。

関連項目編集