メインメニューを開く

本多 忠央(ほんだ ただなか)は、江戸時代中期の大名。三河挙母藩主、のち遠江相良藩主。

 
本多忠央
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝永5年(1708年
死没 享和2年(1802年)?
改名 忠就(初名)→忠央
別名 紫翁(号)
戒名 本誠院殿義山忠央大居士
墓所 東京都江東区亀戸の長寿禅寺
官位 従五位下、兵庫頭、長門
幕府 江戸幕府番頭寺社奉行
主君 徳川家宣家継吉宗家重
三河挙母藩主→遠江相良藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠次、母:本多忠利の娘
兄弟 忠央忠雄
正室:本多忠統の娘
養子:忠由

生涯編集

宝永5年(1708年)、挙母藩の第2代藩主・本多忠次の長男として生まれる。正徳元年(1711年)11月20日、父・忠次の死去により、家督を継いだ。享保7年(1722年)12月18日、従五位下・兵庫頭に叙位・任官する。後に長門守に遷任する。 寛保2年(1742年)6月に大番頭となる。

寛延2年(1749年)2月6日に遠江相良に移封され、寺社奉行となった。しかし宝暦8年(1758年)、郡上一揆が原因で美濃郡上藩主の金森頼錦が悪政を理由に改易されると、その縁戚であったことから連座して改易され、松平長孝預かりの身となった。代わって相良藩には事件を審判した田沼意次が入った。

明和5年(1768年)に罪を許されて赦免された後は、江戸にいる舅の忠統や養子の忠由のもとで余生を過ごしながら、享和2年(1802年)に95歳の長寿をもって死去した。天明8年(1788年)6月24日に81歳で没したという説もある。