本間 憲一郎(ほんま けんいちろう、明治22年(1889年2月24日[1] - 昭和34年(1959年9月19日[2])は、昭和期の国家主義[注 1]者。頭山満の高弟。号は紫山[3]

生涯 編集

古河町(現在の茨城県古河市)に生まれた[4]。父秋田代吉、母本間まさ[4]。明治24年(1891年)1月に父代吉が死去した[4]。同年2月27日に母まさが憲一郎を伴い、本間家に復籍した[4]。母まさは翌明治25年(1892年)に再婚し、東京へ行く[4]。憲一郎は水戸市藤坂町(現在の水戸市泉町三丁目、五軒町三丁目のあたり)の伯父本間包三(かねみつ)方に預けられ生長する[4]

憲一郎は水戸藩徳川斉昭の侍医であった本間玄調ひ孫である。本間玄調の長男が本間高佐(たかすけ)[1]で、高佐の二女が憲一郎の母まさ(お正とも記述する)[1]である。父秋田代吉は、古河藩士秋田重柔の二男である[1]

憲一郎は水戸市五軒小学校[4]、水戸市三の丸高等小学校[4]、茨城県水戸中学校を経て[4]、明治44年(1911年東洋協会専門学校(現在の拓殖大学)支那語科に入学[5]。在学中に陸軍省通訳官試験に合格[5]大正3年(1914年)東洋協会専門学校三学年修了にて中途退学する[5]

同年8月、陸軍通訳として青島守備軍司令部に勤務(大正3年10月~大正4年4月)[5]朝比奈知泉の紹介で奈良武次参謀長と面会し特殊任務に就く(大正4年4月~大正5年10月)[5]。大正5年(1916年)5月、支那第三革命が起り、維県を中心に居正によって討袁の軍隊が進められる[5]。 憲一郎は、これに参加。その際、井上日召、前田虎雄[注 2][6][7]を知り、共に進撃に参画した[5]袁世凱の死後、日本軍の革命派対策の方針が変更され、占領地の確保が困難になり、中華革命党も解散するにおよび、憲一郎は特殊任務を解任された[5]。憲一郎は青島を脱出して大連に至り、金子雪斎[注 3][8][9]の振東学社に入り、その塾長として寄寓、かたわら雑誌「大陸の日本」の編さんを預かる[10]。 大正6年(1917年)9月、母まさの訃報に接して帰国した[10]。この年、頭山満門下となる[10]。 大正7年(1918年)7月、シベリア出兵が決定し、憲一郎は再度、陸軍通訳官(大尉待遇)として応召、第12師団に配属され約1年2ヶ月の諜報勤務につき、満州、シベリアで過ごした[10][11]。 大正8年(1919年)10月、勤務を終り内地に帰還した憲一郎は、頭山満翁の秘書となり、その提唱する日支提携論(日本・支那提携論)のみが、東亜の時局を安定させる方途であることに同調し、これの実現に奔走した[10][11]

大正12年(1923年)憲一郎は、茨城県新治郡土浦町中城町の神官中条勝雄の妹うめと結婚した[10]。同年9月1日の関東大震災発生、震災後の混乱期には思想的にマルクス主義が社会運動の指導的原理化するような傾向を認め、頭山翁とともに治安対策に慎重協議を重ねた[11]。大正13年(1924年)憲一郎は、張作霖の顧問に就任するよう要請されるとともに当時の関東軍首脳部からも推薦されており、本人もこれを受諾したが、はからずもカリエス発病のため土浦の新治病院に転地療養することになった[10][12]。大正14年(1925年)8月28日に恩師金子雪斎翁が病死した[10]。昭和元年(1926年)この頃、憲一郎、井上日召、橘孝三郎等、水戸に会合し、時局を分析した[10]。昭和3年(1928年)5月、憲一郎は奏任官待遇陸軍通訳官として応召、5月~10月まで済南事変に従軍した[10]。同年6月4日に張作霖爆殺事件が起った。紛争解決後に招集解除となった。同年10月14日、郷里新治郡真鍋町に帰り、紫山塾を開設した[13]

昭和6年(1931年)2月、頭山秀三[注 4][14][15]が天行会を設立し、憲一郎が理事に就任した[13]

昭和元年(1926年)から昭和6年(1931年)にかけて、五私鉄疑獄事件京成電車疑獄事件(東京市会疑獄)、売勲事件(勲章疑獄事件)、米穀商が京城に取引所を開設するために山梨半造の側近を通じて5万円(当時)を贈賄したとする朝鮮総督府疑獄(釜山取引所設置事件)、元東京商工会議所会頭・藤田謙一を中心とする「合同毛織疑獄事件」等、国内では 昭和五大疑獄事件[16]があり、社会に与えた罪は、眼を覆うものがあり政界・財界・官界の腐敗堕落は白日の下にさらされ、そのあくどい暗黒面は不況にあえぐ農山漁村の純情な国民には、余りにも強いショックであった[17]

昭和6年(1931年)9月18日に満州事変が勃発した。昭和7年(1932年)2月から3月にかけて血盟団事件が起る。同年 5月15日には五・一五事件が起り、憲一郎は五・一五事件の幇助罪容疑で逮捕された[13]。昭和8年(1933年)7月11日に神兵隊事件の時は憲一郎は獄中に居た[13]

昭和14年(1939年)3月20日に勤皇まことむすびを結成し運動を展開[18]、同年8月、湯浅倉平内大臣暗殺予備事件のダイナマイト所持で同年検挙された[18]。昭和16年(1941年)5月に仮出所した[19]

恩師頭山満翁が昭和19年(1944年)10月5日に死去した[19]

戦後、公職追放となり[20]、昭和26年(1951年)1月、新生日本国民同盟[注 5][21]を結成[22]、昭和28年(1953年)6月13日、水戸弘道館にて「救国懇談会」を開催[22]した。昭和29年(1954年)5月、腎臓性高血圧症を発病。6月から8月、入院生活を送る[22]

昭和34年(1959年)9月19日、死去[2]

著作 編集

  • 『ボロ支那服』 - 1924年
  • 『官僚追放』 - 1952年
  • 『吟詠剣詩舞 筑波山』

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 国家主義#概要
  2. ^ 前田虎雄(1892 - 1953)は、長崎県出身の大正・昭和期の国家主義者。
  3. ^ 金子雪斎(金子平吉)(1864 - 1925)は、福井県出身の明治・大正期の新聞記者・漢学者で、大連で私塾の振東学社を主宰、大陸の青年の教育に生涯をかけた。大陸浪人に多大なる精神的影響を与えた。
  4. ^ 頭山秀三(1907 - 1952)は、頭山満の3男。昭和期の国家主義者。
  5. ^ 新日本国民同盟とは異なる。

出典 編集

  1. ^ a b c d 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 57.
  2. ^ a b 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 14.
  3. ^ 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 18.
  4. ^ a b c d e f g h i 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 7.
  5. ^ a b c d e f g h 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 8.
  6. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  7. ^ 20世紀日本人名事典の解説”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  8. ^ 謎の探検家菅野力夫”. 2021年1月4日閲覧。
  9. ^ 20世紀日本人名事典の解説”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 9.
  11. ^ a b c 本間昭雄 1969, p. 109.
  12. ^ 本間昭雄 1969, p. 110.
  13. ^ a b c d 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 10.
  14. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  15. ^ 20世紀日本人名事典の解説”. コトバンク. 2021年1月4日閲覧。
  16. ^ 追悼録(373) 松坂広政さんをしのぶ”. 銀座一丁目新聞. 2021年1月4日閲覧。
  17. ^ 本間昭雄 1969, p. 112.
  18. ^ a b 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 11.
  19. ^ a b 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 12.
  20. ^ 総理庁官房監査課 編『公職追放に関する覚書該当者名簿』日比谷政経会、1949年、127頁。NDLJP:1276156 
  21. ^ 新生日本国民同盟”. 2021年1月4日閲覧。
  22. ^ a b c 発行人・本間隆雄、編集人・鯉渕義文 2019, p. 13.

参考文献 編集