メインメニューを開く

日本軍の第12師団(だいじゅうにしだん)は、1898年から1945年まであった大日本帝国陸軍師団の一つである。兵士の徴兵区は主に北部九州である。日露戦争シベリア出兵日中戦争太平洋戦争で戦った。1962年から2001年まであった陸上自衛隊第12師団と継承関係はない。

第12師団 (日本軍)
創設 明治31年(1898年10月1日
廃止 昭和20年(1945年
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約25,000名
所在地 小倉-久留米-満州-台湾
編成地 小倉
通称号/略称
補充担任 第12師管久留米師管久留米師管区
最終上級単位 第10方面軍
最終位置 台湾
主な戦歴 日露-シベリア-日中-太平洋戦争
テンプレートを表示

歴史編集

設置編集

第12師団は、日清戦争後に新設された6個師団の一つであり、1898年(明治31年)11月21日に師団司令部、監督部が開庁した[1]。司令部の所在地は福岡県小倉町小倉城内で、その他部隊・施設も城内に集中したが、郊外の企救郡北方村にも兵営を置いた[2]

所属の兵士は第12師管から徴兵され、主に九州北部(および関門海峡に面した山口県の一部)を本籍とする男子からなった。

日露戦争編集

日露戦争では、1904年(明治37年)の開戦直後に動員命令を受けて出征した。長崎港で乗船し、朝鮮の仁川に上陸して北上、第1軍の隷下に入って鴨緑江を越えた。以後、満州で遼陽会戦などの諸会戦に加わった[3]

シベリア出兵編集

1918年(大正7年)8月2日に第12師団は動員を命令され、シベリア出兵に参加した。門司港で乗船した師団は、ウラジオストックに上陸し、シベリアの各地を転戦した[4]

師団が出征したあとの小倉には、留守第12師団が設けられた。1918年8月19日、留守第12師団兵器部が留守師団司令部内に移転した[5]

1919年(大正8年)に他師団と交代し、7月20日に復員が完結した[6]

小倉から久留米に移転編集

1925年(大正14年)に宇垣軍縮第18師団が廃止されたとき、その所在地だった久留米に移転した[7]

日中戦争編集

第一次上海事変では、1932年(昭和7年)2月に師団隷下の歩兵第24旅団を基幹として混成第24旅団を編成し、事件勃発直後に上海に派出する。1936年(昭和11年)4月から満州駐箚の任務に当たる。

1940年(昭和15年)7月には満州(東部満ソ国境)に移駐。また満州移駐と同時に歩兵第14連隊第25師団に転出させ三単位編制に改編された。なお、満州移転後の代替常設師団として第56師団が設けられ、第12師管を改称した久留米師管を管轄した。

尚、昭和期の師団平時編制は、4個歩兵連隊の他、

  • 野戦重砲旅団(野砲兵連隊1個、独立山砲兵連隊1個、野戦重砲兵2個)
  • 重砲兵連隊3個(旧要塞砲兵隊)
  • 高射砲連隊1個
  • 戦車連隊1個

太平洋戦争編集

太平洋戦争開戦前の1940年(昭和15年)7月に師団の衛戍地が満州に変わり、第3軍の指揮下東寧に駐屯、開戦後も満州国内にて対ソ戦の訓練や抗日パルチザン掃討等の治安維持活動に従事していた。

しかし戦局の悪化から1944年(昭和19年)11月台湾派遣が決まり、第10方面軍戦闘序列に編入、新竹に在って台湾西部方面の警備にあたった。連合国軍が台湾を通り越して沖縄本島に上陸したため、第12師団は陣地構築中の状態で戦うことなく終戦を迎えた。

歴代師団長編集

  • 田村寛一 中将:1898年(明治31年)10月1日 - 1899年(明治32年)3月6日
  • 井上光 中将:1899年(明治32年)3月13日 - 1906年(明治39年)7月6日
  • 浅田信興 中将:1906年(明治39年)7月6日 - 1910年(明治43年)8月26日
  • 安東貞美 中将:1910年(明治43年)8月26日 - 1912年(明治45年)2月14日
  • 山根武亮 中将:1912年(明治45年)2月14日 - 1912年(大正元年)11月27日
  • 内山小二郎 中将:1912年(大正元年)11月27日 - 1913年(大正2年)8月22日
  • 藤井茂太 中将:1913年(大正2年)8月22日 - 1914年(大正3年)5月11日
  • 柴五郎 中将:1914年(大正3年)5月11日 - 1918年(大正7年)7月2日
  • 大井成元 中将:1918年(大正7年)7月2日 - 1919年(大正8年)8月26日
  • 木下宇三郎 中将:1919年(大正8年)8月26日 - 1921年(大正10年)7月20日
  • 森岡守成 中将:1921年(大正10年)7月20日 - 1923年(大正12年)8月6日
  • 磯村年 中将:1923年(大正12年)8月6日 - 1926年(大正15年)7月28日
  • 竹上常三郎 中将:1926年(大正15年)7月28日 - 1928年(昭和3年)3月8日
  • 金山久松 中将:1928年(昭和3年)3月8日 - 1930年(昭和5年)8月1日
  • 木原清 中将:1930年(昭和5年)8月1日 - 1932年(昭和7年)2月29日
  • 杉山元 中将:1932年(昭和7年)2月29日 - 1933年(昭和8年)3月18日
  • 大谷一男 中将:1933年(昭和8年)3月18日 - 1935年(昭和10年)3月15日
  • 香月清司 中将:1935年(昭和10年)3月15日 - 1936年(昭和11年)3月7日
  • 清水喜重 中将:1936年(昭和11年)3月7日 - 1937年(昭和12年)3月1日
  • 山田乙三 中将:1937年(昭和12年)3月1日 - 1938年(昭和13年)1月8日
  • 上村清太郎 中将:1938年(昭和13年)1月8日 - 1940年(昭和15年)3月9日
  • 河辺正三 中将:1940年(昭和15年)3月9日 - 1941年(昭和16年)3月1日
  • 笠原幸雄 中将:1941年(昭和16年)3月1日 - 1942年(昭和17年)8月1日
  • 沼田多稼蔵 中将:1942年(昭和17年)8月1日 - 1943年(昭和18年)10月29日
  • 人見秀三 中将:1943年(昭和18年)10月29日 - 終戦

歴代参謀長編集

  • 山根武亮 工兵大佐:1898年(明治31年)10月1日 - 1900年4月25日[8]
  • 楠瀬幸彦 砲兵大佐:1900年(明治33年)4月25日 - 1901年6月28日[9]
  • 小原伝 砲兵中佐:1901年(明治34年)6月28日 - 1906年7月6日[10]
  • 足立愛蔵 砲兵大佐:1906年(明治39年)7月6日 - 1909年1月14日[11]
  • 木田伊之助 砲兵中佐:1909年(明治42年)1月14日 - 1912年1月27日[12]
  • 木下宇三郎 砲兵大佐:1912年(明治45年)1月27日[13] - 1913年7月3日[14]
  • 岡本茂若 歩兵大佐:1913年(大正2年)7月3日 - 1915年8月10日[15]
  • 岡田重久 歩兵大佐:1915年(大正4年)8月10日 - 1917年8月6日[16]
  • 松山良朔 歩兵大佐:1917年(大正6年)8月6日 - 1919年4月15日[17]
  • 稲垣清 歩兵大佐:1919年(大正8年)4月15日 - 1922年2月8日[18]
  • 山本宜一 歩兵大佐:1922年(大正11年)2月8日 - 1923年3月17日[19]
  • 水町竹三 歩兵大佐:1923年(大正12年)3月17日 - 1924年2月4日[20]
  • 岸孝一 歩兵大佐:1924年(大正13年)2月4日 - 1928年3月8日[21]
  • 森下千一 歩兵大佐:1928年(昭和3年)3月8日 - 1929年3月16日[22]
  • 平松英雄 歩兵大佐:1929年(昭和4年)3月16日 - 1931年8月1日[23]
  • 牧野正迪 航空兵大佐:1931年(昭和6年)8月1日 - 1932年10月3日[24]
  • 石田保道 砲兵大佐:1932年(昭和7年)10月3日 - 1935年3月15日[25]
  • 篠原次郎 歩兵大佐:1935年(昭和10年)3月15日 - 1936年8月1日[26]
  • 中村正雄 歩兵大佐:1936年(昭和11年)8月1日[27] - 1938年6月
  • 中栄太郎 歩兵大佐:1938年(昭和13年)6月11日 - 1939年(昭和14年)6月23日[28]
  • 不詳
  • 井原潤次郎 大佐:1940年(昭和15年)12月1日 - 1942年7月9日[29]
  • 志村文雄 大佐:1942年(昭和17年)7月9日 - 1944年1月7日[30]
  • 村田定雄 大佐:1944年(昭和19年)1月7日[31] - 1945年2月20日[32]
  • 若山庸一 中佐:1945年(昭和20年)2月20日 - 終戦[33]

所属部隊編集

1898年(明治31年)の師団創設時と日中戦争勃発前には第12師団は次のように配備されていた(括弧内の地名は衛戍地)。また1940年(昭和15年)には師団の衛戍地が久留米から満州に変わったが、補充は内地より行われた(終戦時の括弧内の地名は補充地)。

師団創設時

1898年(明治31年)

日中戦争勃発前

1937年(昭和12年)

  • 師団司令部(久留米)
  • 歩兵第12旅団(福岡)
    • 歩兵第14連隊(小倉)
    • 歩兵第24連隊(福岡)
  • 歩兵第24旅団(久留米)
  • 野戦重砲兵第2旅団(小倉)
    • 野戦重砲兵第5連隊(小倉)
    • 野戦重砲兵第6連隊(小倉)
    • 野砲兵第24連隊(久留米)
    • 独立山砲兵第3連隊(久留米)
  • 下関重砲兵連隊(下関)
  • 高射砲第4連隊(佐賀)
  • 飛行第4連隊(太刀洗)
  • 戦車第1連隊(久留米)
  • 騎兵第12連隊(久留米)
  • 工兵第18連隊(久留米)
  • 輜重兵第18連隊(久留米)
終戦時

1945年(昭和20年)

  • 師団司令部(久留米):人見秀三中将
  • 歩兵第24連隊(福岡):菊池三郎大佐
  • 歩兵第46連隊(大村):山根五郎大佐
  • 歩兵第48連隊(久留米):田中亮吉大佐
  • 野砲兵第24連隊(久留米):小倉三郎大佐
  • 工兵第18連隊(久留米):緒方武二少佐
  • 輜重兵第18連隊(久留米):宮川鶴松大佐
  • 第12師団通信隊:猪原豊志大尉
  • 第12師団兵器勤務隊:石橋九二七少佐
  • 第12師団制毒隊:石川幾平大尉
  • 第12師団病馬廠:古河清獣医少佐

脚注編集

  1. ^ 『官報』第4619号(明治31年11月21日)、第4622号(明治31年11月25日)。
  2. ^ 坂本悠一「北九州における軍隊と戦争」、林博史・編『大陸・南方防諜の拠点』。15頁。
  3. ^ 坂本悠一「北九州における軍隊と戦争」、林博史・編『大陸・南方防諜の拠点』、17 - 18 頁。
  4. ^ 坂本悠一「北九州における軍隊と戦争」、林博史・編『大陸・南方防諜の拠点』、20頁。
  5. ^ 『官報』第1822号、大正7年8月28日。
  6. ^ 『官報』第2097号、大正8年8月1日。
  7. ^ 坂本悠一「北九州における軍隊と戦争」、林博史・編『大陸・南方防諜の拠点』21頁。
  8. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』49頁。
  9. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』58頁。
  10. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』65頁。
  11. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』68頁。
  12. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』89-90頁。
  13. ^ 『官報』第8580号、明治45年1月29日。
  14. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』80頁。
  15. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』95頁。
  16. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』108頁。
  17. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』119頁。
  18. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』127頁。
  19. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』143頁。
  20. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』152頁。
  21. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』179頁。
  22. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』189頁。
  23. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』198頁。
  24. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』218頁。
  25. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』234頁。
  26. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』253頁。
  27. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』338頁。
  28. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』351頁。
  29. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』392頁。
  30. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』432-433頁。
  31. ^ 第5号 昭和19年1月11日 陸軍異動通報』 アジア歴史資料センター Ref.C12120900200 
  32. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』434頁。
  33. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』465頁。

参考文献編集

  • 坂本悠一「北九州における軍隊と戦争 「軍都小倉」の成立・衰退・再生」、林博史・編『大陸・南方膨張の拠点』(地域のなかの軍隊6 九州・沖縄)、吉川弘文館、2015年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集