メインメニューを開く

札幌市中央体育館(さっぽろしちゅうおうたいいくかん)は、北海道札幌市中央区に所在する、札幌市の地区体育館

札幌市中央体育館
SAPPORO CHUOH GYMNASIUM
施設情報
愛称 北ガスアリーナ札幌46
収容人数 2,504人
設計者 フジタ・北海道日建設計[1]
建築主 フジタ・岩田地崎建設・田中組[1]
事業主体 北4東6周辺地区市街地再開発組合、札幌市
管理運営 さっぽろ健康スポーツ財団
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造、一部鉄筋コンクリート構造
敷地面積 15,060.43m²
延床面積 14,612.12m²[1]
階数 地上3階
着工 2017年3月[1]
竣工 2019年3月[1]
所在地 札幌市中央区北4条東6丁目
位置 北緯43度04分05.3秒 東経141度21分51.3秒 / 北緯43.068139度 東経141.364250度 / 43.068139; 141.364250座標: 北緯43度04分05.3秒 東経141度21分51.3秒 / 北緯43.068139度 東経141.364250度 / 43.068139; 141.364250

目次

概要編集

政令指定都市となる以前の札幌市の市立総合体育館として1966年に大通東地区に設置。1972年に札幌市が政令指定都市となった以後は各区に1館ずつ地区体育館が整備されたことで、本館は中央区の地区体育館としての性格を帯びた。しかしメイン競技室脇に観客席があること、武道の専用室があること、また交通の利便性の良さなど他区体育館とは異なる特徴を持つため、市の屋内スポーツ大会開催の中心を長い間担ってきた[2]

施設は札幌市が所有し、さっぽろ健康スポーツ財団が指定管理者として運営管理を行う。

その後初代体育館は耐震性能の低さや各種大会の大規模化への対応困難が問題となり、新体育館の完成に伴い2019年4月14日をもって閉館した[3]

2代目体育館は2005年に操業を停止した北海道ガス札幌工場の跡地である中央区北4条東6丁目周辺の市街地再開発事業の中心施設として2017年3月に着工し[1][4][5][6][7]、総工費約105億円をかけて2019年4月27日より開館した[8]。 空中歩廊によって、マンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」、及び、サッポロファクトリーと接続されている。

北海道ガスが2034年までの15年間の契約で命名権を取得し「北ガスアリーナ札幌46(ヨンロク)」の愛称が用いられる。アリーナ面積は2.5倍・観客席は5倍の2500席を設置し中央区の基幹避難所として300人分の災害備蓄を備える[8]

マスコットは「ちゅー太くん」「ちゅー花ちゃん」[9][10]

設備編集

  • 1階
    • 相撲室(227平方メートル)
    • ボクシング室(278平方メートル)
    • 剣道室(230平方メートル)
    • 武道室(232平方メートル)
    • 柔道室(225平方メートル)
    • 弓道室(528平方メートル)
    • アーチェリー室(301平方メートル)
    • ウエイトリフティング室(77平方メートル)
    • トレーニング室(149平方メートル)
    • 多目的室(69平方メートル×2室)
    • 小会議室(24平方メートル×2室)
    • 選手控室(33平方メートル×2室)
  • 2階
    • アリーナ(2,612平方メートル) - 固定座席1,104席
    • 空中歩廊 - マンション「ザ・タワーズフロンティア札幌」、サッポロファクトリーと接続
  • 3階
    • 固定観客席(1,400席)
    • ランニングコース(1周250m)
    • 大会役員室(29平方メートル)
    • 審判控室(19平方メートル)
  • 駐車場棟(地上三階建て・駐車台数100台 北ガス「46エネルギーセンター」併設)

交通機関編集


大通東時代編集

札幌市中央体育館(初代)
SAPPORO CHUOH GYMNASIUM
 
2014年8月
施設情報
旧名称 札幌市立体育館
正式名称 札幌市中央体育館
用途 屋内スポーツ競技全般・トレーニング施設など
設計者 久米建築事務所
事業主体 札幌市
管理運営 さっぽろ健康スポーツ財団
構造形式 鉄筋コンクリート造
敷地面積 3,439.59m²
建築面積 2,205.72m²
延床面積 5,505.66[3]
階数 地上4階
高さ 18.7m
着工 1965年3月
竣工 1966年6月
所在地 060-0041
北海道札幌市中央区大通東5丁目12-13
  • 1階[11]
    • 事務室・受付
    • 弓道室(303.6メートル・控室込342平方メートル)
    • 相撲室(89.3平方メートル)
    • ボクシング室(107平方メートル)
    • 重量挙室(78.4平方メートル)
    • 多目的室(82.8平方メートル 椅子25脚・机13台)
  • 2階[11]
  • 3階[11]
    • 体育室(3階・504平方メートル) - バドミントン2面・卓球8台・バレーボール1面
  • 4階[11]
    • アーチェリー場
交通機関
地下鉄
札幌市営地下鉄東西線バスセンター前駅」 10番出口徒歩3分
自家用車
駐車場有(最大収容45台)


脚注編集

外部リンク編集