メインメニューを開く
本来の表記は「朱婷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

朱 婷(しゅ てい[4]ラテン文字翻記:Zhu Ting[1]1994年11月29日 - )は、中国の女子バレーボール選手。

朱婷
ZHU TING.
 No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Zhu Ting 5 Vakıfbank SK TWVL 20180426 (1).jpg
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1994-11-29) 1994年11月29日(24歳)
出身地 河南省周口市[2]
ラテン文字 ZHU TING.
身長 198cm
体重 78kg (2013年時点)[3]
選手情報
所属 河南[1]
ポジション WS
スパイク 327cm
ブロック 300cm
 
獲得メダル
Flag of the People's Republic of China.svg 中国
オリンピック
2016 リオデジャネイロ
世界選手権
2014 ミラノ
2018 横浜
ワールドカップ
2015 名古屋
2019 大阪
グラチャン
2017 名古屋
ワールドグランプリ
2013 札幌
アジア選手権
2015 天津
テンプレートを表示

来歴編集

1994年、中国の河南省周口市出身。ジュニアの代表としてアジアジュニア選手権2012年大会)と女子ジュニア世界選手権2013年大会)では、MVPに輝いた。

2013年、で、中国代表に初選出された。同年8月のワールドグランプリで代表デビューすると、予選ラウンド1位通過、ファイナルでも銀メダルを獲得した。2014年にイタリアで開催された世界選手権で銀メダルを獲得し、自身もベストアウトサイドスパイカー賞を受賞した[5]2015年8月から9月にかけて開催されたワールドカップにおいて、三大大会11年ぶりとなるチーム優勝の原動力となり、自らもMVPを受賞した[6]

2016年8月、リオデジャネイロオリンピックにおいて、中国の12年ぶりの金メダル獲得の原動力となり、大会MVP及びベストアウトサイドヒッターに輝いた[7]

2017年9月、グラチャンで16年ぶりの優勝に導き、自身もMVPとベストアウトサイドヒッター賞を受賞した[8][9]

球歴編集

受賞歴編集

脚注編集

外部リンク編集