杉井 孝(すぎい たかし、1947年 - )は、日本の大蔵官僚、弁護士。

人物編集

愛知県立時習館高等学校を卒業し、1969年東京大学法学部卒業。大蔵省に入省する。在学中に国家公務員上級甲種試験(法律)と司法試験に合格。1974年岸和田税務署長。主計官補佐(厚生係)、主計局総務課課長補佐などを経て1989年主計局主計官、1992年大臣官房秘書課長となるなど、有力な事務次官候補であった[1]。1995年主計局次長、1996年官房審議官となるが、1998年大蔵省接待汚職事件により停職処分となり、辞職。司法修習を経て弁護士となる。

略歴編集

  • 1969年6月:東京大学法学部卒業
  • 1969年7月:大蔵省入省(大臣官房文書課)[2]
  • 1971年8月:大臣官房調査企画課
  • 1972年7月:主計局総務課
  • 1974年7月:岸和田税務署長
  • 1975年7月:大臣官房文書課課長補佐
  • 1976年7月:日本銀行営業局
  • 1978年7月:主計局主計官補佐(厚生第四、五係主査)
  • 1980年7月:主計局主計官補佐(厚生第三係主査)
  • 1982年6月:主計局主計官補佐(厚生第一、二係主査)
  • 1983年6月:主計局総務課課長補佐
  • 1984年7月:東京国税局間税部長
  • 1985年6月:大臣官房企画官兼銀行局総務課
  • 1987年7月:主計局主計企画官
  • 1989年6月:主計局主計官兼主計局総務課
  • 1992年6月:大臣官房秘書課長
  • 1995年6月:主計局次長
  • 1996年7月:大臣官房審議官(銀行局担当)
  • 1998年4月:辞職

脚注編集

  1. ^ 橋本首相とサシで会えた二人の役人 大蔵・杉井、防衛・守屋両審議官 - 宮崎信行 旧「国会傍聴記」政治ジャーナリスト” (日本語). 橋本首相とサシで会えた二人の役人 大蔵・杉井、防衛・守屋両審議官 - 宮崎信行 旧「国会傍聴記」政治ジャーナリスト. 2019年10月23日閲覧。
  2. ^ 『大蔵省名鑑』時評社、1997年。