メインメニューを開く

杉本 信夫(すぎもと のぶお、1934年2月1日[1][2] - )は日本作曲家沖縄伝承音楽の研究家[3]としても知られ、沖縄県立芸術大学沖縄国際大学で非常勤講師、三板協会の会長、御座楽復元演奏研究会特別会員も務める[4][5]

略歴編集

1934年2月1日大阪市に生まれる[1][2]

日本大学芸術学部に入学するも中退し、東洋音楽短期大学を卒業する[1]。同短大にて箕作秋吉アルベルト・レオーネに師事[2]東京都葛飾区立立石中学校で教諭を勤める[1]かたわら、沖縄民謡に関心を抱き、当時アメリカ合衆国施政権下に置かれていた沖縄を何度も訪問。沖縄返還同盟の全国理事として沖縄復帰運動に参加[6][2]。東京では三板を作成、販売し復帰運動の活動資金に充てると共に、沖縄滞在中には地元の人から民謡を聞き取って譜面に起こす作業を続けた[6]

1981年より、沖縄県に在住する[1]

1964年以来、沖縄県内の島々を回り、わらべうた、神歌、作業歌といった沖縄伝承音楽を採集し、譜面に起こして保存に努めてきた功績から、2006年には東恩納寛惇賞を受賞する[1][4]

糸満市に在住[1][5]

著作編集

論考
  • 「沖縄の伝統的歌舞(特集・沖縄の歴史・教育・文化)」 - 『文化評論』(1969年、新日本出版社)
  • 「大鼓・サンバ・三味線」 - 日本音楽教育学会第7回大会(1976年10月8日) 教材としての日本の伝統音楽を考える
  • 糸満市の昔歌 6 わらべうた 中」 - 『南島文化』(沖縄国際大学南島文化研究所、1999年)
  • 「琉球わらべ歌万華鏡 第2集の2〔含 楽譜〕」- 『沖縄県立芸術大学紀要』(2006年)掲載
  • 多良間村水納の昔歌」 - 『多良間島調査報告書』掲載[7]

作曲編集

  • われらその道を行く -日本共産党を主題とする歌- (作詞:片羽登呂平 1967年[8][9]
  • ギター合奏のための組曲『沖縄の印象』(1969年)[10]
  • 『光り輝き希望に燃えて』 大成ホーム(沖縄県浦添市)社歌[11]


出典・脚注編集

  1. ^ a b c d e f g “杉本信夫氏に決定 沖縄伝承音楽を保存・研究 東恩納寛惇賞”. 琉球新報. (2006年2月4日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-10803.html 2016年7月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d 「沖縄の民謡」(新日本出版社、1974年)巻末著者紹介より。
  3. ^ “クラシックファンを魅了 フルートとピアノの夕べ”. 八重山毎日新聞. (2009年12月5日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/14968 2016年7月14日閲覧。 
  4. ^ a b “杉本信夫氏に贈呈 東恩納寛惇賞”. 琉球新報. (2006年2月18日). http://ryukyushimpo.jp/photo/prentry-11237.html 2016年7月14日閲覧。 
  5. ^ a b 三板(サンバ)のリズムで健康づくり”. 糸満市 (2007年11月13日). 2016年7月19日閲覧。
  6. ^ a b 与那嶺路代 (2013年5月16日). “沖縄を沖縄へ返せ 杉本さん、東京から支えた運動”. 琉球新報. http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-206649.html 2016年7月14日閲覧。 
  7. ^ 崎浜靖 (2007年11月21日). “平成19年11月 第2296号(11月21日)■研究成果を地域へ還元 -3-”. 2016年7月14日閲覧。
  8. ^ 日本共産党創立45周年記念作品・入選作。日刊紙「赤旗」1967年7月18日号(第5面)および、「文化評論」1967年10月臨時増刊号(第209ページ)に発表・楽譜掲載。
  9. ^ 国際楽譜ライブラリープロジェクト Warera sono michi wo yuku (Sugimoto, Nobuo)
  10. ^ 『ギターの友』2006年12月号(ギターの友社)
  11. ^ 理念・社歌 会社概要”. 大成ホーム. 2016年7月19日閲覧。

外部リンク編集