メインメニューを開く

杉野服飾大学短期大学部

杉野服飾大学短期大学部(すぎのふくしょくだいがくたんきだいがくぶ、英語: Sugino Fashion Junior College)は、東京都品川区上大崎4-6-19に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は杉短。 ドレスメーカー女学院を母体とし、杉野学園女子短期大学として開学し、幾度かの改組を経て、 2002年杉野服飾大学短期大学部と改称し、共学となった。開学当初から被服科(後に服飾学科)を主体とし、服飾業界やアパレル業界で活躍しうる人材育成を目指している。1962年から2001年入学まで生活芸術科を置いていたが、その前とその後は被服学系の1学科体制となっている。

杉野服飾大学短期大学部
Sugino Fashion Junior College.JPG
杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部
大学設置 1950年
創立 1926年
学校種別 私立
設置者 学校法人杉野学園
本部所在地 東京都品川区上大崎4-6-19
学部 服飾学科
ウェブサイト 杉野服飾大学短期大学部公式サイト
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1926年 ドレスメーカー女学院が創設される。
  • 1950年 杉野学園女子短期大学(すぎのがくえんじょしたんきだいがく)として開学。被服科を置く。
  • 1955年 別科被服専修を設置。
  • 1962年 生活芸術科を増設する[1]
  • 1964年5月1日 杉野学園女子大学短期大学部(すぎのがくえんじょしだいがくたんきだいがくぶ)と改称。
  • 1966年 杉野女子大学短期大学部(すぎのじょしだいがくたんきだいがくぶ)と改称。
  • 2002年 杉野服飾大学短期大学部と改称し、共学となる。被服科を服装学科に改称。

基礎データ編集

所在地編集

  • 本部キャンパス(東京都品川区上大崎4-6-19)

象徴編集

杉野服飾大学短期大学部のカレッジマークは大学と同じマークを使用している。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 服飾学科。「アパレルデザイン論」・「ファッション論」・「配色論」・「ドレス造形」などの科目を学ぶ。「全国洋裁デザインコンテスト」・「ヨーロッパファッション研修旅行」などのイベントがある。
過去にあった学科編集
  • 生活芸術科:募集は2001年度まで

専攻科編集

かつて被服専攻が設置されていた。

別科編集

なし

取得資格について編集

かつて、中学校教諭二種免許状家庭)が服飾学科にて設置されていた。

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

学園祭編集

杉野服飾大学短期大学部の学園祭は毎年、おおむね10月に大学と合同で行われている。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

最寄りのJR山手線目黒駅。図書館・衣裳博物館などがある。

編集

杉野服飾大学短期大学部には「杉野寮」と称した学生寮がある。

対外関係編集

社会との関わり編集

品川区にある私立宝保育園での『子育て支援講演会』において本短大の講師が招かれ、エコバッグを制作する指導を行っている。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

系列の杉野服飾大学へ編入学する学生が多い傾向にある。

関連項目編集

公式サイト編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 当初の在学者数は76人となっている

外部リンク編集