メインメニューを開く

村上 知彦(むらかみ ともひこ、1951年11月29日 - )は、日本の編集者、漫画評論家。元・神戸松蔭女子学院大学文学部教授。手塚治虫文化賞選考委員。

父は「具体」のメンバーだった画家の村上三郎。かつてのニックネームは「ギャーさん」。関西学院大学社会学部卒業。

経歴編集

兵庫県芦屋市に生まれ、1歳から西宮市で育ち、関西学院中学部・高等部に進学した[1]

高校の文化祭で、阪神間の高校生が作った自主映画の上映を企画。同学年の大森一樹と知り合う。

また、1967年に創刊された漫画雑誌『COM』に衝撃を受け、特に、峠あかね(真崎守の筆名)の漫画評論の影響を受ける。

大学在学中の1973年からは、大森・西村隆らと映画自主上映グループ「グループ無国籍」を結成し、新開地の映画館で邦画のオールナイト上映企画を行った。また、大森の自主映画作品、『暗くなるまで待てない!』(1975年)『ロング・グッドバイ 夏子と、長いお別れ』(1978年)には、共同脚本、俳優として参加している。

大学卒業後、1975年にスポーツニッポンに就職、同社校閲部[1]、文化部記者を経て、1980年に峯正澄らと「チャンネルゼロ」設立に参加。取締役として、いしいひさいちひさうちみちお川崎ゆきおらの単行本の出版や、季刊まんが誌『まんがゴールデンスーパーデラックス《漫金超》』の発行に携わる。現在も、「チャンネルゼロ」の非常勤編集者。

また、1981年から2年半、出向の形で情報誌『プレイガイドジャーナル』の5代目編集長をつとめた。

著書編集

  • 黄昏通信(トワイライト・タイムス)同時代まんがのために ブロンズ新社 1979.2(『イッツ・オンリー・コミックス』広済堂文庫)
  • 情報誌的世界のなりたち 思想の科学社 1989.10
  • 日々の本1976~1993 双葉社 1993.8
  • まんが解体新書 手塚治虫のいない日々のために 青弓社 1998.8

共編著編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b フットボール鷹』文庫版 6巻 p.338-341

外部リンク編集