メインメニューを開く

村上 龍男(むらかみ たつお、1939年11月26日 - )は、鶴岡市立加茂水族館名誉館長、エッセイスト

むらかみ たつお
村上 龍男
生誕 (1939-11-26) 1939年11月26日(79歳)
東京都渋谷区原宿
出身校 山形大学農学部
職業 名誉館長、エッセイスト
配偶者 あり

目次

人物編集

東京原宿生まれ[1]。山形大卒業後、民間企業勤務経て、加茂水族館の飼育主任として採用される[2]

27歳で館長に就任。代表権を持たされて1億円以上の負債を個人で背負い、家屋敷が担保になるなど[1]、紆余曲折を経ながらも、館員総員でクラゲの飼育方法を確立[2]。展示種類数でギネス認定されたほか、日本動物園水族館協会の「古賀賞」受賞へと導いた[1]

同館と苦楽を共にしてきたが、2015年3月末で勇退[3][4]。シニアアドバイザーに就いた[5]。また同4月からは、乞われて加茂水産高校講師に就任。水族館学概論を担当する[6]2019年1月、市から水族館名誉館長を委嘱される[7]

略歴編集

著書編集

  • 『山形の魚類たち』 東北出版企画、1984年。
  • 『思い出語り雑魚しめ』 東北出版企画、1997年。 ISBN 4-924611-90-5
  • 『庄内の磯釣り - 思い出語り』 東北出版企画、 2006年。ISBN 4-88761-032-7
  • 『山形加茂海岸のクラゲ』 東北出版企画、 2008年。 ISBN 978-4-88761-047-7
  • 『クラゲ館長最後の釣り語り』 東北出版企画、 2009年。 ISBN 978-4-88761-054-5
  • 『無法、掟破りと言われた男の一代記―加茂水族館ものがたり』JA印刷山形、2014年。ISBN 978-4990698621

共著編集

脚注編集

  1. ^ a b c “根ほり葉ほり 苦難の連続、個人負債1億円も”. 朝日新聞デジタル. (2014年6月2日). http://www.asahi.com/area/yamagata/articles/MTW20140602060240001.html 2015年5月19日閲覧。 
  2. ^ a b “相川俊英の地方自治“腰砕け”通信記 落ちこぼれ水族館が「クラゲで世界一」に変わるまで 加茂水族館の名物館長が振り返る「波乱万丈半生記」”. ダイヤモンドオンライン. (2014年7月22日). http://diamond.jp/articles/-/56384 2014年8月19日閲覧。 
  3. ^ “加茂水族館の村上館長勇退へ 来年3月、後任は未定”. 山形新聞. (2014年4月12日). http://yamagata-np.jp/news/201404/12/kj_2014041200248.php 2014年5月24日閲覧。 
  4. ^ ““名物館長”勇退へ 加茂水族館 村上さん「来年3月まで職務全う」”. 荘内日報. (2014年4月13日). http://www.shonai-nippo.co.jp/cgi/ad/day.cgi?p=2014:04:13:5912 2014年5月24日閲覧。 
  5. ^ ““クラゲ館長”村上さん送別会 鶴岡・加茂水族館の49年間ねぎらう”. 山形新聞. (2015年3月31日). http://yamagata-np.jp/news/201503/31/kj_2015033100698.php 2015年4月1日閲覧。 
  6. ^ “未来の「クラゲ館長」育成 水産高校の講師に転身”. 産経ニュース. (2015年5月4日). http://www.sankei.com/life/news/150504/lif1505040031-n1.html 2015年5月19日閲覧。 
  7. ^ “加茂水族館名誉館長に村上さん 「クラゲ世界一」へ改革”. 山形新聞. (2019年1月1日). http://yamagata-np.jp/news/201901/01/kj_2019010100008.php 2019年6月22日閲覧。 

外部リンク編集