村沢牧

村沢 牧(むらさわ まき、1924年8月1日 - 1999年9月8日)は、日本政治家国会議員経験者(参議院長野県選挙区で4連続当選)。

経歴編集

長野県南信濃村(現在の飯田市)で出生し、大学入学資格検定を経て1954年中央大学法学部卒業。1963年長野県議会初当選し3期務めた。1977年第11回参議院議員通常選挙日本社会党公認で初当選。

1992年社会党シャドーキャビネットでは農水相(後任は辻一彦)。1993年8月細川護熙内閣農水政務次官就任したが同年12月コメ自由化に反対し辞任。

1996年1月社会党が社会民主党に党名変更し同年9月旧民主党と分裂したが村沢自身は残留。現職国会議員のまま逝去。追悼演説は1999年11月10日、参議院本会議場で村上正邦が行った。

選挙歴編集

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第11回参議院議員通常選挙 1977年7月10日 長野県地方区 日本社会党 421,545 38.8 1/4 - -
第13回参議院議員通常選挙 1983年6月26日 長野県選挙区 日本社会党 295,185 31.5 2/4 - -
第15回参議院議員通常選挙 1989年7月23日 長野県選挙区 日本社会党 494,332 44.3 1/4 - -
第17回参議院議員通常選挙 1995年7月26日 長野県選挙区 日本社会党 193,954 21.6 2/5 - -
当選回数4回 (参議院議員4)