メインメニューを開く
長津田車両工場

長津田車両工場(ながつたしゃりょうこうじょう)とは、神奈川県横浜市青葉区にある東急電鉄車両工場こどもの国線恩田駅に隣接している。

概要編集

1972年に元住吉工場が長津田に移転し[1]、長津田工機事務所として発足した。1973年に長津田車両工場に、2019年に車両総合事務所に改称。

世田谷線の車両は、台車や電気機器を長津田にトラック輸送し、車体は雪が谷検車区上町班で整備する。車体更新・他社への車両譲渡の際の改造担当工場として、関連会社である東急テクノシステム長津田工場が併設されている[1]

長津田車両工場の組織としては、長津田車両区と長津田整備区に分かれており、さらに各検査チーム等に分かれている[2]。2019年4月1日現在は東京急行電鉄 鉄道事業本部 車両部に属する。

入れ換え用としてデキ3020形3021、ED30 1デワ3040形3043が配置(すべて車籍は無く機械扱い)されていたが、2009年春にアント工業製(実際の製造は北陸重機工業で、アント工業を通じて納入されたもの)の入換機2両が導入されたため、デキ3020形3021は上毛電気鉄道に譲渡され、他の2両は解体された。

沿革編集

  • 1972年 - 元住吉工場が移転し、長津田工機事務所として発足。
  • 1973年 - 長津田車両工場と改称。
  • 1977年 - 上町検車区を吸収合併し、世田谷線の検車業務を担当するようになる。
  • 1983年 - 世田谷線の検車業務を長津田検車区に移管。
  • 2001年7月 - 定期検査を東急テクニカルサービスに業務移管する[2]
  • 2003年4月 - 東急テクニカルサービスから東急レールウェイサービスに社名を変更する[2]
  • 2005年2006年 - 工場脇の留置線(入場線など)を増設。
  • 2010年10月 - 定期検査を東急レールウェイサービスから東京急行電鉄に再度業務移管する[2]
  • 2019年4月 - 車両総合事務所と改称[3]。 

検査担当車両編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東急の駅、p.182。
  2. ^ a b c d 日本鉄道車両機械技術協会「R&M」2015年2月号「長津田車両工場 - 90年の歴史と未来へ繋ぐ技術継承の取り組み - 」記事。
  3. ^ 交友社「鉄道ファン」2019年8月号「東急電鉄デハ0700号車~社号板読者プレゼントに向けて~ 」記事。

参考文献編集

  • 宮田道一『東急の駅 今昔・昭和の面影』JTBパブリッシング、2008年9月1日。ISBN 9784533071669

関連項目編集