メインメニューを開く

東洋化成(とうようかせい)は、一時は「日本最後」ないし「アジアで唯一」といわれたアナログレコード製造工場をもつ日本の会社[1]印刷業電鋳めっき事業も行っている[2]

東洋化成株式会社
Toyo Kasei Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0062
東京都港区南青山1丁目1番1号 新青山ビル西館7F
設立 1959年6月19日
業種 化学
法人番号 7010401087265
代表者 代表取締役社長 萩原克治
資本金 9000万円(2016年1月現在)
外部リンク http://www.toyokasei.co.jp
テンプレートを表示

概要編集

東洋化成は1959年に資本金300万円で設立され、当初は、SPレコードの材料を製造する工場と、印刷工場の経営を行なった[3]1961年に、塩化ビニール製レコードへの転換に対応して材料生産とレコードプレス工場を整備し、以降、増資を重ねながらレコード製造事業を拡大し、工場の新設などを重ねていった[3]1965年には、レコード原盤制作(カッティング・マスタリング)の請負を開始、1971年には本社を東京都千代田区に移し、1974年には資本金が4億5000万円に増資された[3]

CDの普及とともにアナログ・レコードへの需要が後退した1980年代以降は事業規模の縮小と再編を進め、2002年横浜市鶴見区末広町の末広工場を設け、本社機能を含めすべての事業を集約した[3]2004年以降は東京都内に事務所を構え、その再編を経て、2010年に本社を東京都港区南青山に移した[3]

電鋳めっき事業は、レコードのプレス過程における金属スタンパの精度改善に関わる技術として取り組まれ、以来、CDやDVDのマスター製造をはじめ、広く金型製造が行なわれている[4]

他社が相次いで撤退し、プレス業務まで含めた場合、一時は「日本最後」かつ「アジアで唯一」のアナログレコード製造会社[5]と言われていた近年では、製造過程を見学するツアーなどがしばしば催されるようになっている[6]

なお、2015年には香港に本社を置くPrimeDisc(プライムディスク)が広州市に工場を建設してレコードプレス業務を開始し[7]、さらに2017年にはソニーDADCジャパンがレコードプレスの再開を発表しているため[8][9]、「アジア唯一」ではなくなっている。

脚注編集

  1. ^ 日本最後のアナログレコード製造工場”. ORICON STYLE/oricon ME (2007年5月2日). 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ 会社概要”. 東洋化成. 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e 沿革”. 東洋化成. 2016年1月17日閲覧。
  4. ^ 東洋化成と電鋳”. 東洋化成. 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ カッティングについては、日本国内では東洋化成の他に日本コロムビア、JVCケンウッド・クリエイティブメディア、ソニー・ミュージックスタジオ(2017年より)、STUDIO Dede(2015年より)、ミキサーズラボ(2017年より)が行っている。
  6. ^ 【コラム】「レコー道ツアー」でアジア随一のレコードプレス工場 東洋化成を見学してきた”. www.musicman-net.com/F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2014年3月25日). 2016年1月17日閲覧。
  7. ^ 「アジアに登場した新たなレコードプレス企業『プライムディスク』訪問記 ~アナログの『原点』を目指す、完全自社によるレコードプレス~」。『analog』2017年秋、第57号、音元出版、2017年10月。74 - 84ページ。同社は、同時期にカッティング業務を開始したStudio Dede(東京都豊島区)と相互協力している(同記事より)。
  8. ^ 会社概要 - PrimeDisc日本語公式サイト、2017年6月16日閲覧。
  9. ^ ソニーミュージック、アナログレコード国内生産。ソニーDADCジャパンがプレス機導入 - AV Watchインプレス)、2017年6月29日。

外部リンク編集