PUNPEE

日本のヒップホップMC、DJ

PUNPEE(パンピー)は日本ヒップホップMCトラックメーカーDJシンガーサウンドエンジニアである。学生時代の同級生GAPPERと実弟S.L.A.C.K.(5lack)の3人からなるヒップホップユニットPSGや地元の友達である原島"ど真ん中"宙芳とのDJコンビ板橋兄弟としても活動。妻は元AKB48女優秋元才加

PUNPEE
別名 PUN-P
Heavy TOMO
Sugbabe
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ヒップホップ
職業 プロデューサー
サウンドエンジニア
ヒップホップMC
トラックメイカー
DJ
担当楽器 ラップ
レーベル SUMMIT
共同作業者 PSG
板橋兄弟
Sugbabe
公式サイト PUNPEE TWITTER
PUNPEE MY SPACE
BLOG .txt

略歴編集

1993年小学4年生のときに東京都文京区から家族の都合で板橋区へ転居。

2002年ヒップホップユニット「板橋録音クラブ」を結成。同ユニットはその後、自然消滅[1]

2006年、「ULTIMATE MC BATTLE 2006 東京大会」で優勝。

2007年、GAPPERと結成したヒップホップユニット「P&G」に実弟のS.L.A.C.K.が加入、PSGを結成。カトマイラの手売りアルバム『三十路の嘆げKISS』にて初めて他アーティストのアルバムを全曲プロデュースする。

2009年8月9日、「AKAI PROFESSIONAL PRESENTS SAMPLER BATTLE GOLDFINGER's KITCHEN 2009」で優勝。10月9日、PSGとしてデビューアルバム『David』を発表。本作はKREVAや、ZEEBRABach Logicなどに高く評価されたほか[2]、『bounce』誌や、『riddim』誌、『FLOOR net』誌、Amebreakなどの様々な音楽メディアにおいても高い評価を受けた[3]

2010年8月20日曽我部恵一サニーデイ・サービス)の『サマー・シンフォニー』のリミックス『サマー・シンフォニー ver.2 (feat. PSG) [1]』にPSGとして参加。12inchとして発売される。9月10日、当時20歳だったRAU DEFの1st『ESCALATE』にプロデュースで4曲、そしてトータルプロデューサーとして参加。11月20日、初のMIX CD『Mixed Bizness』を1000枚限定で発表、即完売する。12月31日、ヒップホップ専門メディアAmebreakの「AWARD 2010 BEST PRODUCERS」にて第一位に選出される[4]

2011年6月30日、2nd MIX CD『BIRTHDAY BASH MIX』を発表。12月27日インターネットラジオBlock.fmにて自身の番組『Mixxed Bizness』がスタートする。

2012年5月14日、全6回の放送をもってBlock.fmにて放送していた自身の番組『Mixxed Bizness』が終了する。9月15日、3rd MIX CD『MOVIE ON THE SUNDAY』を2000枚限定で発表[5]、即完売する。また、本作はKREVAなどの著名アーティストが年間ベストの一つとして取り上げた[6]

2013年4月20日後藤正文ASIAN KUNG-FU GENERATION)がレコードストアデイに合わせて発売した7inchシングル『The Long Goodbye』にリミックスとラップで参加。12月8日、自身の音源入り、TシャツCD-R「It's tha Mother Fuckin' P T-Shirts」を発表。即完売する。

2014年1月13日、世界各国のMCがラップを担当するレッドブルテレビCM「ナポレオン日本版」に出演、Block.fmにて自身の番組『Mixxed Bizness』が『Mixxed Bizness (スープの回)』として復活する。4月23日TBS系列で放送されている『水曜日のダウンタウン』にオープニング曲ジングル制作などで参加。

2015年4月18日、レコードストアデイに合わせ7inchシングル『Last Dance (We are TANAKA.)』を500枚限定で発売。7月29日RHYMESTERの9thアルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』にプロデュースで5曲、フィーチャリングで2曲参加。同年に開催された『KING OF STAGE VOL.12 Bitter, Sweet&Beautiful Release Tour 2015』にも参加する。9月25日アメコミ好きが高じてDCコミックスのアメコミ『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』に翻訳監修で参加。10月14日、tha BOSS(THA BLUE HERB)の1stアルバム『IN THE NAME OF HIPHOP』にプロデュースで1曲参加。11月11日、RAU DEFの3rdアルバム『ESCALATE II』にプロデュースで6曲、フィーチャリングで2曲、そして前作同様トータルプロデューサーとして参加。12月20日、「加山雄三リミックスプロジェクト」の一環で「お嫁においで2015 (feat. PUNPEE)[2]」を12inchで発売。即完売する。

2016年1月11日、Block.fmの自身の番組『Mixxed Bizness』が『SUMMITimesの中で『Mixxed Bizness(しかしまぁ大事なのは今後である 2015)』として復活する。今回は今までのようなDJ MIXではなくトークやお便りコーナー、ボツ(未公開)音源を流す放送となった。12月9日、長年敬愛していたシンガー宇多田ヒカルのネットイベント『サントリー天然水 PRESENTS「宇多田ヒカル 30代はほどほど。」』にラッパーKOHHと共に出演し本人を目の前にDJプレイを披露した。12月19日、以前担当したアメコミLOBOの第2弾『BATMAN LOBO / LOBO AUTHORITY:HOLIDAY HELL』の翻訳監修を再び担当した。

2017年1月11日、宇多田ヒカルが2002年にリリースしたシングル『』をPUNPEEがリミックスした楽曲『光 (Ray Of Hope MIX)』が配信開始し全米Itunesチャートで日本人アーティスト最高位となる第2位を記録した。同曲はPlayStation 4用ゲームソフト『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』の主題歌として使用されている。8月2日フジテレビ系列にて生放送された『2017 FNSうたの夏まつり』に出演し加山雄三と「お嫁においで 2015」を披露。8月23日、1stアルバムの発売に先駆けてTSUTAYAにてレンタル限定盤『RENTAL'S』をリリース。既存の楽曲をメインにしながらも1stアルバムから『Hero (Trailer)』なども収録された。10月4日、自身初となる1stソロアルバム『MODERN TIMES』をリリース。それに伴いリリースワンマンツアー『The "Journey into Mystery" Tour』を追加公演含む全国6箇所で開催。

2020年4月10日、5月開催予定だった全国Zeppワンマンツアー『Seasons Greetings'20 ~Sofa Kingdom Tour~』が新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ、翌年の1月に延期[7][8]

人物・エピソード編集

  • 映画アメリカン・コミックス好き。制作においてもそれにまつわる作品が多い。[9][10]
  • 自己紹介、フリースタイルなどにおいて弟のS.L.A.C.K.を引き合いに自分を卑下することが多い。
  • 父親が山下達郎のファンだったことから小さい頃から常にレコードなどに囲まれた生活をしていた。
  • RHYMESTER宇多丸に自身のラジオ番組内で「上手いラッパー」として挙げられる。また、その特徴的な笑い声について漏れ笑いという風に表現される。[11]
  • 宇多田ヒカル好きを公言している。その縁でDOMMUNEで放送されたトリビュート・アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』の特番に出演し彼女の楽曲のみのDJを披露し[12]、後日その模様がアルバム公式サイトに掲載された。[13]
  • 自身が通っていた中学が相当の不良学校で、いじめられっ子グループに属していたが、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」という理由で、不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位を築く。これが名前の由来となった。[14]
  • プロデュースの曲によく客演しているSugbabeは『MOVIE ON THE SUNDAY』の際、秘密裏に行われたオーディションで「声が似ていてアレンジができる」という理由で選ばれた別人のミュージシャン[15]
  • 実弟のS.L.A.C.K.がライブをする際は基本的に自身がバックDJを務めている。その一方、自身のライブの際はバックDJは原島"ど真ん中"宙芳とDJ ZAIが務めている。
  • 楽曲だけでなく映像に関しても強くこだわる。『Bad habit』のミュージックビデオ制作の際は、監督の性格よし子ちゃんに100箇所以上の修正を頼み事務所で一緒に作業した。[16]『金 (REMIX) [feat.SEEDA & PUNPEE]』のミュージックビデオは自ら書いた絵コンテを元に撮影された。[17]
  • 2018年8月、元AKB48の秋元才加との熱愛報道が写真週刊誌『FLASH』(2018年8月7日号)に掲載された。これに対して記者には『はい、つき合っています。同棲はしていません。私には住むところがあるので(笑)』とコメントしていた。2020年6月20日に秋元と結婚した[18]。この報道にて年齢が36歳であることも明かされている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『BIG EP』 (2006年) GAPPER & PUN-P名義。自主制作CD-R。極少数。
  • 『RUCKUS 2』 (板橋録音クラブ) (2008年) PUN-P & THE IRC名義。自主制作CD-R。極少数。
  • 『RENTAL'S』 (SUMMIT) (2017年8月23日) TSUTAYA限定で発表された既存曲メインのコンピレーション。
  • MODERN TIMES (SUMMIT) (2017年10月4日) 1stアルバム。

MIX CD編集

  • 『Mixed Bizness』 (UNDER THRONE) (2010年11月20日) 1000枚限定
  • 『BIRTHDAY BASH MIX』 (TRIUMPH) (2011年6月30日) 500枚限定
  • 『MOVIE ON THE SUNDAY』 (板橋録音クラブ) (2012年9月15日) 2000枚限定

アナログ編集

シングル編集

  • 『BUONASERA MR.RAGGAMAN』 (LAZY WOMAN) (2011年8月4日)
  • 『Last Dance (We are TANAKA.)』 (2015年4月18日) レコードストアデイ500枚限定

EP編集

  • 『WINTER EP』 (DUNKAN ENTERTAINMENT) (2011年2月23日) 「PUNPEE & GUNHEAD」名義
  • 『Syn-chrono-ized EP』 (SUMMIT) (2014年8月4日) 「PUNPEE / METEOR」の共同名義
  • The Sofakingdom』 (SUMMIT)(2020年7月1日)

参加楽曲編集

  • 「NIGHT OF THE LIVING DEAD (腐った死体賛歌) (feat. METEOR, PUNPEE)」 ダースレイダー 『俺ガレージ・ORGANIZATION』 (2008年6月7日)
  • 「Like A Lonely stones (feat. PUNPEE)」 S.L.A.C.K. 『I'm Serious (好きにやってみた)』 (2008年8月)
  • 「お隣さんより凡人」 SEEDA & DJ ISSO 『CONCRETE GREEN 7』 (2008年8月19日)
  • 「Otaku (totally Awesome Remix) [feat. Archie Carter & PUNPEE]」 casual villain (2009年)
  • 「Let's P」 SEEDA & PUNPEE 『THE SOURCE DIGITAL VINYL CUT SERIES PT.1』 (2009年6月5日)
  • 「BULALI板橋区 (feat. PUNPEE & NOBU MEKOLI) [3]」 『THE FREEMAN』 (2009年10月9日)
  • 「Styles」 Fuku Del Toro & S.L.A.C.K. & PUNPEE & Zight 『ALTERNATIVE N.C.C STYLE VOL.2』 (2009年12月25日)
  • 「WUSSUP? a.k.a. ナニニセーヨ (feat. PUNPEE)」 GAPPER (2010年7月)
  • 「IN DA CLUB (feat. PUNPEE & S.L.A.C.K.)」 LUVRAW & BTB 『ヨコハマ・シティ・ブリーズ』 (2010年8月4日)
  • 「Freestyle (feat. PUNPEE & S.L.A.C.K.)」 cro-magnon 『joints』 (2010年12月8日)
  • 「Hidaddyがyattekita! yeah!yeah!yeah! (feat. WURA, DEFLO, PUNPEE)」 DJ HIDADDY 『ヒダ伝説 三十路MIX』 (2010年12月)
  • 「暇すぎてしょうがない (Remix) [feat. S.L.A.C.K. & PUNPEE]」 WAX 『SD KARAOKE CLASICCS』 (2011年5月23日)
  • 「待ちぼうけ ~Baby Baby~ (feat. PUNPEE)」 NORIKIYO 『メランコリック現代』 (2011年6月10日)
  • 「Motion」 SLik d & PUNPEE 『BIG COLLABO』 (2011年8月3日)
  • 「太陽のシワザ (feat. PUNPEE)」 LUVRAW & BTB 『HOTEL PACIFICA』 (2011年10月19日)
  • 「P≠† (Who is Tanaka?)」 PUNPEE (2011年10月31日)
  • 「Local Distance (Remix) [feat. DKXO & PUNPEE]」 田中仮雄s (2011年12月29日)
  • 「P≠† (Who is tanakaぁくん?) [2nd season extended unofficial Dub]」 PUNPEE (2012年3月30日)
  • 「コンピュータ (feat. PUNPEE)」 WATTER (2012年6月13日)
  • 「Disco City Anthem」 RAU DEF, PUNPEE & G.O (2012年6月20日)
  • 「Sarah」 PUNPEE and ERA 『AVALANCHE 2 Bonus CD-R』 (2012年8月26日)
  • 「Hmm... (feat. USOWA, PUNPEE)」 OMSB 『MR. "ALL BAD" JORDAN』 (2012年10月26日)
  • 「Daydream T.R.E.A.M.er」 PUNPEE, MAJI MASTER C, Cherry Brown, SEX山口, AKLO, D.K.X.O. & Cariosと嫁 (2012年10月27日)
  • 「ローラースケーツ・バイオレンス No.1 (Who is TANAKA? Pt.3) [feat. Sugbabe With Heavy TOMO]」 PUNPEE 『「Punpee 5hour Set」 Exclusive CD』 (2012年11月23日)
  • 「Holiday (feat. PUNPEE & SMITH-CN)」 BCDMG 『Ordinary Life』 (2013年1月23日)
  • 「Bad habit beat by Satanicpornocultshop」 PUNPEE 『160OR80』 (2013年1月28日)
  • 「Think About (feat. KID FRESINO & Sugbabe)」 仙人掌 『Be In One's Element』 (2013年5月4日)
  • 「MY STYLE」 AKLO, PUNPEE, AK-69 『Manhattan Records The Exclusives Japanese Hip Hop Hits Vol. 3』 (2013年8月7日)
  • 「Renaissance (Live @2012.11.4)」 PUNPEE 『AVALANCHE 3』 (2013年8月31日)
  • 「夏休み(宵) [feat. PUNPEE]」 Sugbabe 『3 WORDS RADIO "SUMMER, SHOWER, SODAS"』 (2013年9月25日)
  • 「珈琲 (feat. PUNPEE)」 NORIKIYO 『花水木』 (2013年12月13日)
  • 「Pajama Partyyy (feat. PUNPEE & さつき が てんこもり)」 Cherry Brown 『Escapism』 (2013年12月18日)
  • 「Night Flight Telephone Call (feat. PUNPEE)」 一十三十一 『Snowbank Social Club』 (2014年1月29日)
  • 「今夜はParty (Remix) [feat. PUNPEE, SALU & 遊戯]」 NORIKIYO (2014年2月18日)
  • 「憧れのConcrete Green」 SEEDA, DJ ISSO, DJ KENN 『CONCRETE GREEN - THE CHICAGO ALLIANCE』 (2014年4月11日)
  • 「ミルフィーユフィクション (Remix) [feat. PUNPEE]」 Koedawg 『根腐れローズ』 (2014年7月5日)
  • 「Last Dance (We are Tanaka.) [feat. Sugbabe]」 PUNPEE (2014年11月1日)
  • 「人生の選択 (feat. PUNPEE)」 どついたるねん 『BEST HITS』 (2014年11月5日)
  • 「Twice (feat. PUNPEE)」 DoubleDouble 『ダブルダブル』 (2014年11月12日)
  • 「Traveling (PJG "Just Do It” 90s Special Rework)」 John Gastro with PUNPEE (2014年12月4日)
  • 「Mileage Club (feat. PUNPEE)」 LIBRO 『GEAR』 (2015年1月14日)
  • 「Before Bud... (feat. MC KOMICKLINICK, PUNPEE)」 MASHIRITO 『BEERBELLYS』 (2015年1月24日)
  • 「Serial Chiller (feat. MC KOMICKLINICK, ISSUGI & PUNPEE)」 BudaMunk 『The Corner』 (2015年5月27日)
  • Bitter, Sweet & BeautifulRHYMESTER (2015年7月29日)
    • 「Kids In The Park (feat. PUNPEE) [4]
    • 「SOMINSAI (feat. PUNPEE)」
  • 「Porn Graf Jungle MIX」 PUNPEE 『AVALANCHE 5』 (2015年8月22日)
  • お嫁においで2015 (feat. PUNPEE) [5]加山雄三 (2015年9月15日)[19]
  • 「Back In Love (Music) [feat. PUNPEE]」 G.RINA 『Lotta Love』 (2015年10月21日)
  • 「Codein Dreamin'」 COOKIE CRUNCH, J.COLUMBUS, MUTA, CENJU, OS3, EAT, ONE-LAW, PUNPEE 『#5014CompMostWANTED』 (2015年11月6日)
  • 『ESCALATE II』 RAU DEF (2015年11月11日)
    • 「GR8FUL SKY (feat. PUNPEE)」
    • 「FREEZE!!! (feat. Sugbabe)」
  • 「夜を使いはたして (feat. PUNPEE)」 STUTS 『Pushin'』 (2016年4月20日)
  • 「Close to you (feat. PUNPEE)」 C.O.S.A. x KID FRESINO 『Somewhere』 (2016年7月20日)
  • 「Last Man Standing (I am TANAKA?)」 PUNPEE 『T.R.E.A.M. PRESENTS : 田中面舞踏会サウンドトラック - LIFE LOVES THE DISTANCE』 (2016年12月21日)
  • 「HAPPY ENDS (feat. PUNPEE)」 MEL 『LIGHTS ON THE PLANET』 (2017年6月21日)
  • 「Theme Song (feat. RIKKI, MARIA, DyyPRIDE, in-d, OMSB, BIM, JUMA, PUNPEE, GAPPER & USOWA)」 SUMMIT 『Theme Song』 (2017年6月21日)
  • 『UNISEX』 RAU DEF (2017年9月27日)
    • 「Players Anthem (feat. Sugbabe)」
    • 「STARZ (feat. PUNPEE)」
  • 「TRAIN-TRAIN (REMIX) / NORIKIYO&PUNPEE」 V.A.『THE BLUE HEARTS TRIBUTE HIPHOP ALBUM「終わらない歌」』 (2018年5月30日)
  • 「BUDDY (feat. PUNPEE)」BIM 『The Beam』(2018年7月25日)
  • 『DELICACY』 RAU DEF (2018年9月26日)
    • 「Unbelievaboy (feat. Sugbabe)」
    • 「Friendship (feat. PUNPEE)」
  • 「グッディガール (feat. PUNPEE)」ORIGINAL LOVE 『bless You!』(2019年2月13日)
  • 「さらしもの (feat. PUNPEE)」 星野源Same Thing』 (2019年10月14日)

楽曲提供編集

  • カトマイラ 『三十路の嘆キッス』 (2007年) 手売り自主制作CD-R。極少数。
    • 「30ていく」
    • 「何処の人?」
    • 「中年年中」
    • 「軽く本気でもう一度」
    • 「三十路の投げKISS」
  • 『HAGULIFE』 KOCHITOLA HAGURETIC EMCEE'S (2008年8月6日)
    • 「頑張る? (SKIT)」
    • 「応援か?」
  • 『魔獄の分裂 - 絶叫物件へようこそ』 METEOR (2008年8月23日)
    • 「魔獄の分裂イントロ~絶叫物件の悪夢の玄関 feat. TAMU, WAX, 朗哉, IIIGO, DEJI」
    • 「偏執狂に気をつけろ feat. キリコ」
    • 「BEYOND THE 魔獄 feat. AKIYAHEAD」
  • 「何が残る」 SCARS 『NEXT EPISODE』 (2008年12月31日)
  • 「おもちゃ」 鬼 『獄窓』 (2009年9月2日)
  • カトマイラ 『三十路の投げKISS』 (2010年5月19日) 全曲プロデュース(ボーナストラック1曲を除く)
  • 『ESCALATE』 RAU DEF (2010年9月10日)
    • 「-Fiance-」
    • 「Dream Sky」 (クレジットされていないがフックも担当)
    • 「Rac Bang (feat. Historic)」 (クレジットされていないがフックも担当)
    • 「とりまえず」 (クレジットされていないがフックも担当)
  • 「誰だ」 ZONE THE DARKNESS 『THE N.E.X.T.』 (2010年12月8日)
  • 『あっちとこっち』 環ROY (2011年5月4日)
    • 「Ms.Solitude」
    • 「準備してる」
    • 「GOD ONLY KNOWS」
  • 「Salary madness」 OILWORKS 『The Visionaries』 (2011年5月18日)
  • 「ポイ」 般若 『BLACK RAIN』 (2011年7月30日)
  • 「SKIT (feat. MASTA SIMON from Might Crown)」 『OZBUM ~A:UN~』 OZROSAURUS (2012年4月4日)
  • 『K.T.A』 RAU DEF(2012年6月20日)
    • 「Mr. Make it eazy」
    • 「江戸ネオン」 (クレジットされていないがフックも担当)
  • 「punpee outro」 5lack 『情』 (2012年7月20日)
  • 「I'm In Night」 SNEEEZE 『Asymmetry』 (2013年4月17日)
  • 「Where I Belong」 YUKSTA-ILL 『TOKYO ILL METHOD』 (2013年11月20日)
  • 「雨の東京」 NORIKIYO 『花水木』 (2013年12月13日)
  • 『サードチルドレン』 ZORN (2014年4月16日)
    • 「Music」
    • 「Get A Chance」
  • 「imanimitero」 CENJU 『CAKEZ』 (2014年11月5日)
  • Bitter, Sweet & Beautiful』 RHYMESTER (2015年7月29日)
    • 「フットステップス・イン・ザ・ダーク」 (クレジットされていないがフックも担当)
    • 「Kids In The Park (feat. PUNPEE) [6]
    • 「SOMINSAI (feat. PUNPEE)」
    • 「モノンクル」 (クレジットされていないがフックも担当)
    • 「サイレント・ナイト」
  • 『ESCALATE II』 RAU DEF (2015年11月11日)
    • 「Episode (Fiance)」
    • 「GR8FUL SKY (feat. PUNPEE)」
    • 「Skit」
    • 「Snake」
    • 「FREEZE!!! (feat. Sugbabe)」
    • 「Outro」
  • 「海賊の歌」 CHIN-HURTZ (2016年6月15日)
  • 「LET'S GET DIRTY (feat. SOCKS)」 YUKSTA-ILL 『NEO TOKAI ON THE LINE』 (2017年2月2日)
  • 「There is (feat. NIPPS, MARIA & GAPPER)」 TWINKLE+ 『JAPANESE YEDO MONKEY』 (2017年6月7日)
  • 『LIGHTS ON THE PLANET』 MEL (2017年6月21日)
    • 「道」
    • 「HAPPY ENDS (feat. PUNPEE)」 Co prodとしての参加。
  • 『UNISEX』 RAU DEF (2017年9月27日)
    • 「Interlude」
    • 「STARZ (feat. PUNPEE)」
  • 「終わらない歌 (REMIX) / NORIKIYO」 V.A.『THE BLUE HEARTS TRIBUTE HIPHOP ALBUM「終わらない歌」』 (2018年5月30日)
  • 『DELICACY』 RAU DEF (2018年9月26日)
    • 「Unbelievaboy (feat. Sugbabe)」
    • 「Friendship (feat. PUNPEE)」

リミックス編集

  • 「Spice Of Life (香辛料"P" Remix)」 CAMEL BACK 『Spice Of Life』 (2008年2月20日)
  • 「Imagine That (PUNPEE Remix)」 Roc 'C' & IMAKEMADBEATS are THE TRANSCONTINENTAL 『THE TRANSCONTINENTAL』 (2008年12月12日) 国内盤ボーナストラック収録。
  • 「TRAIN ON TOKYO (東上LINE上りREMIX)」 S.L.A.C.K. 『My Space』 (2009年2月18日) wenod初回特典CD-R収録。
  • 「Rock Star feat. Tina (PUNPEE Remix)」 ANARCHY (2009年8月21日) myspace ANARCHY「DREAM AND DRAMA」Remixコンテスト最優秀作品賞受賞。
  • 「180° (Remix) [feat. COPPU]」 磯友 『MAD RIVER SONGs 号外 黒盤』 (2010年9月25日)
  • 「Bay Dream -課外授業- (PUNPEE Remix)」 サイプレス上野とロベルト吉野 『LEGEND オブ FILE MIX』 (2010年10月15日)
  • 「誰だ (佐々木のぞmix feat. バラガキ)」 ZONE THE DARKNESS (2011年2月23日)
  • 「IN DA HOOD (地元は違えどREMIX)」 NORIKIYO 『言い訳』 (2011年7月13日)
  • 「Late Summer Symphony (P's Mush Up MIX)」 曽我部恵一 Feat. PSG 『AVALANCHE Bonus CD-R』 (2011年7月24日)
  • 「水星 (Roller Skate Disco REMIX)」 tofubeats feat. オノマトペ大臣 『水星 EP』 (2012年2月23日)
  • 「The Burning Plain (PUNPEE Remix)」 TOWA TEI (2012年5月2日)
  • 「お隣さんより凡人 (学園地獄 The College drop out Remix)」 『法政EP』 (2012年11月4日)
  • 「The Long Goodbye (P's O-parts Remix)」 Gotch 『The Long Goodbye』 (2013年4月20日)
  • 「バサラップ (P's basarhapsody Remix) [feat. MC 吟遊詩神 & PUN-P]」 どついたるねん (2013年10月30日)
  • 「Department (霊幻商场MIX)」 THE OTOGIBANASHI'S 『BUSINESS CLASS』 (2015年8月5日)
  • 「七日間 (PUNPEE Remix)」 TwiGy 『TwiGy REMIXES』 (2011年11月20日)
  • 「金 (REMIX) [feat. PUNPEE & SEEDA]」 TAMU 『#8 seeds』(2016年)
  • 『光 (Ray Of Hope MIX)』 宇多田ヒカル (2017年1月11日)
    • 「光 (Ray Of Hope MIX)」
    • 「Simple and Clean -Ray of Hope MIX-」
    • 「光 -P's CLUB MIX-」
    • 「Simple and Clean -P's CLUB MIX-」

テレビ編集

CM編集

エンジニアリング編集

  • 「I Can」 GOMESS 『CONCRETE GREEN - THE CHICAGO ALLIANCE』 (2014年4月11日)
  • 『06-13』 16FLIP (2014年5月14日) ミックスマスタリング担当。
  • 『Shadin'』 KID FRESINO (2014年8月20日)
  • 『10DUBB』 16FLIP (2015年1月7日) 一部楽曲ミックス担当。
  • 『UrbanBowl Mixcity』 ISSUGI & DJ SCRATCH NICE (2015年4月8日) ミックス、マスタリング担当。
  • 「Last Dance (We are TANAKA) [10年経って今も.. Remix]」 Sir Y.O.K.O. PoLoGod (2015年4月18日)

書籍編集

  • 『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』 (2015年9月25日) 翻訳監修
  • 『BATMAN LOBO / LOBO AUTHORITY:HOLIDAY HELL』 (2016年12月19日) 翻訳監修

その他編集

  • 「It's tha Mother Fuckin' P T-Shirts」 (2013年12月11日) Tシャツ + CD-R
  • 「"Movie On The Sunday" Commentary CD」 (2014年9月5日) 同名MIX-CDの副音声コメンタリーを収録した作品。

出演編集

ラジオ編集

テレビ編集

ネット番組編集

  • 宇多田ヒカルデビュー15周年記念「宇多田ヒカルのうた」(2014年12月4日)DOMMUNE - DJとして出演。
  • タマフル24時間ラジオ2016(2016年8月20日)ニコニコ生放送 - 番組内のコーナー「夢のアメコミ対談」にてアメコミ翻訳家の光岡三ツ子と共に出演。
  • 『サントリー天然水 PRESENTS「宇多田ヒカル 30代はほどほど。」』(2016年12月9日)GYAO! - DJとして出演。

DVD編集

  • ULTIMATE MC BATTLE 2006 LIMITED EDITION DOUBLE DISC PACKAGE』 (2007年7月27日)
  • 『ヒダディーひとり旅‾三十路の旅路~』 HIDADDY (2009年5月2日)
  • 『UMB 2009 TOKYO ROUND』 (2009年6月3日)
  • 『GOLDFINGER’S KITCHEN 2009』 (2010年1月20日)
  • 『2009 3ON3 MC FREESTYLE BATTLE -ROAD TO GRANDCHAMPIONSHIP- MARCH SERIES & JULY SERIES BEST FREESTYLES!!』 (2011年6月15日)
  • 『UMB 2007 EAST "BEST BOUT VOL.07"』 (2012年3月30日)
  • 『花水木 Tour Final』 NORIKIYO (2015年3月25日)
  • 『AsONE -RAP TAG MATCH- 20140830』 (2015年4月22日)
  • 『Bitter, Sweet & Beautiful(初回特典Blu-ray & DVD)』 RHYMESTER (2015年7月29日)
  • 『9sari×BLACK SWAN Tour Final Live at SHINJUKU FACE』 (2015年10月7日)
  • 『KING OF STAGE VOL.12 -Bitter, Sweet & Beautiful Release Tour 2015-』 RHYMESTER (2015年12月30日)
  • 『AsONE -RAP TAG MATCH- 20151230』 (2016年5月18日)

ミュージックビデオ編集

出典編集

参考文献編集

外部リンク編集