東閉伊郡

日本の岩手県にあった郡
日本 > 東北地方 > 岩手県 > 東閉伊郡
岩手県東閉伊郡の範囲

東閉伊郡(ひがしへいぐん)は、岩手県にあった

郡域編集

明治12年(1879年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

歴史編集

郡発足までの沿革編集

船越村、織笠村、轟木村、下山田村、上山田村、飯岡村、大沢村、宮古村、浦鍬ヶ崎村、崎鍬ヶ崎村、崎山村、山口村、千徳村、近内村、田代村(現・宮古市田代)、根市村、花原市村、蟇目村、刈屋村、和井内村、茂市村、腹帯村、田老村、乙部村、摂待村、末前村、磯鶏村、高浜村、金浜村、赤前村、重茂村、音部村、小山田村、松山村、八木沢村、津軽石村、荒川村、石峠村、豊間根村、田鎖村、老木村、花輪村、長沢村

郡発足以降の沿革編集

 
1.宮古町 2.鍬ヶ崎町 3.山田町 4.崎山村 5.田老村 6.山口村 7.千徳村 8.花輪村 9.茂市村 10.刈屋村 11.磯鶏村 12.津軽石村 13.重茂村 14.豊間根村 15.大沢村 16.織笠村 17.船越村(紫:宮古市 赤:下閉伊郡山田町 21 - 28は北閉伊郡 31 - 33は中閉伊郡)
  • 明治12年(1879年)1月4日 - 閉伊郡が分割し、宮古村ほか41村の区域をもって東閉伊郡が発足。郡役所が宮古村に設置。
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。特記以外は全域が現・宮古市。(3町14村)
    • 宮古町 (宮古村が単独町制)
    • 鍬ヶ崎町 (浦鍬ヶ崎村が単独村制)
    • 山田町 ← 山田村、飯岡村(現・下閉伊郡山田町)
    • 崎山村 ← 崎山村、崎鍬ヶ崎村
    • 田老村 ← 田老村、乙部村、末前村、摂待村
    • 山口村 ← 山口村、田代村、近内村
    • 千徳村 ← 千徳村、花原市村、根市村
    • 花輪村 ← 、花輪村、田鎖村、長沢村、松山村、老木村
    • 茂市村 ← 茂市村、腹帯村、蟇目村
    • 刈屋村 ← 刈屋村、和井内村
    • 磯鶏村 ← 磯鶏村、小山田村、金浜村、高浜村、八木沢村
    • 津軽石村 ← 津軽石村、赤前村
    • 重茂村 ← 重茂村、音部村
    • 豊間根村 ← 豊間根村、荒川村、石峠村
    • 大沢村織笠村船越村 (それぞれ単独村制。現・下閉伊郡山田町)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行により、東閉伊郡・北閉伊郡中閉伊郡の区域をもって下閉伊郡が発足。同日東閉伊郡廃止。

変遷表編集

行政編集

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月4日
明治30年(1897年)4月1日 中閉伊郡・北閉伊郡との合併により東閉伊郡廃止

脚注編集

  1. ^ a b 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
閉伊郡
行政区の変遷
1879年 - 1897年
次代:
下閉伊郡