メインメニューを開く

松下 繁二(まつした しげじ、1916年8月16日 - 戦死(年月不明))は、昭和時代前期に活躍したプロ野球選手。

松下 繁二
基本情報
出身地 日本の旗 日本 兵庫県 明石市
生年月日 1916年8月16日
没年月日 戦死
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1941年
初出場 1941年
最終出場 1941年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

兵庫県立明石中学校では、1932年第9回選抜中等学校野球大会第18回全国中等学校優勝野球大会1933年第10回選抜中等学校野球大会第19回全国中等学校優勝野球大会1934年第11回選抜中等学校野球大会の計5大会に出場。1933年の第19回全国中等学校優勝野球大会では、準決勝で中京商業学校との延長25回の死闘三塁手として先発出場していた(ただし、松下自身は4回裏に永尾正巳と交代し退いている)。その後、法政大学に進学し、5番打者として活躍。

1941年阪神軍に入団。63試合に出場するも、召集され戦死した。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 阪神 63 225 198 9 33 8 1 0 43 11 1 -- 5 -- 21 -- 1 18 -- .167 .250 .217 .467
通算:1年 63 225 198 9 33 8 1 0 43 11 1 -- 5 -- 21 -- 1 18 -- .167 .250 .217 .467

背番号編集

  • 37 (1941年)

関連項目編集