松多壱岱(まつだ いちだい、1970年10月30日 - )は日本の演出家脚本家、プロデューサー。神奈川県出身。神奈川大学卒業。

まつだ いちだい
松多 壱岱
生年月日 (1970-10-30) 1970年10月30日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
職業 演出家劇作家映像監督俳優
ジャンル 舞台映画ドラマ
所属劇団 ACTOR'S TRASH ASSH(2002年-)
事務所 ディアステージ
公式サイト 松多壱岱-株式会社ディアステージ
主な作品

舞台
刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ(脚本・演出)
We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~
世界は僕のCUBEで造られる(脚本・演出)
舞台ヨルハ Ver1.3a(演出)
音楽劇 ヨルハ Ver1.2(演出)
野外朗読音楽絵巻「吉継」(脚本・演出)
Cutie Honey Emotional(脚本・演出)
プロジェクト東京ドールズ(演出)
魔術士オーフェンはぐれ旅 シリーズ(演出)
Wake Up, Girls!~青葉の軌跡(総合演出)

鬼切丸伝~源平鬼絵巻~(脚本・演出)
テンプレートを表示

2002年ACTOR'S TRASH ASSH」を旗揚げ。

2018年6月よりディアステージ所属。[1]

受賞歴編集

  • サンモールスタジオ最優秀団体賞受賞「世界は僕のCUBEで造られる2016」[2]
  • 最優秀演劇作品賞「クォンタム・ドールズ〜量子境界の遊歩者〜」OVERTUREAward2016[3]
  • 最優秀演劇再演作品賞「魔銃ドナークロニクル」OVERTUREAward2016[3]
  • 富士河口湖シナリオコンクール入選
  • 2003年度若手演出家コンクール一次予選通過

舞台編集

舞台(2011年〜2014年)編集

<2011年>編集

舞台「新耳袋2」(脚本・演出)中目黒キンケロシアター[4]

舞台「SOUL FLOWER」(脚本・演出)笹塚ファクトリー[5]

舞台「降臨FIGHT」(脚本・演出)吉祥寺シアター[5] 

舞台「ある苅屋くんの人生」(脚本・演出)横浜相鉄劇場

舞台「BACK TO THE三億円事件」(演出)北沢タウンホール

舞台「白キ肌ノケモノ」(脚本・演出)新宿シアターモリエール[5]

<2012年>編集

舞台「世界は僕のCUBEで創られる」(脚本・演出)吉祥寺シアター[5] 

舞台「TLPT~宇宙編」(演出)シアターグリーンBTT

舞台「鬼切姫・第一章」(脚本・演出) 伝承ホール

舞台「おるんと高麗犬」(演出)笹塚ファクトリー

舞台「戦国降臨GIRL」(脚本・演出) シアターカッサイ[6]

舞台「覇権Do」(脚本・演出) 下北沢劇地下リバティ

舞台「轟然」(脚本)新宿シアターモリエール

舞台「MOSH extra~ショコレ」[4]

舞台「MOSH 02~勝手にしやがれ」[4]

舞台「MOSH 01~地球に堕ちてきた男」[4]

<2013年>編集

舞台「私立ハスハス女学院」(演出) 築地ブディストホール[4]

舞台「のぶニャがの野望」(脚本・演出) 六行会ホール[4]

舞台「鬼切丸」(脚本・演出)吉祥寺シアター[4]

舞台「戦国降臨GIRLS」(脚本・演出) 六行会ホール[6]

舞台「鬼切姫・第二章」(脚本・演出) 伝承ホール

舞台「危機之介御免」(脚本・演出) シアターグリーンBIG TREE THEATER[5] 

舞台「ユメオイビトの航海日誌」(演出)中野ザ・ポケット

舞台「ある苅屋くんの人生」(脚本・演出)中野ザ・ポケット

舞台「コントンクラブ7」(脚本提供)博品館劇場

舞台「MOSH 03~EasyRyder」[4]

舞台「MOSH 05~理由なき反抗」[4]

舞台「MOSH 04~知りすぎていた男」[4]

<2014年>編集

舞台「鬼斬」(脚本・演出)新宿村Live[4]

舞台「のぶニャがの野望 弐」(脚本・演出) シアターサンモール[4]

舞台「戦国降臨ガール・R」(脚本・演出) 六行会ホール[6]

舞台「キミに逢いたくて」(演出)新宿村Live

舞台「ヨルハ」(演出)シアターカッサイ[6]

舞台「不知森の神石」(脚本)

舞台「蒼海のティーダ」(脚本・演出)新宿村Live[5] [4]

舞台「刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ」(脚本・演出)俳優座劇場[5] [4]

舞台「透明少女」(脚本・演出)新宿村Live

舞台「覇権DO」(脚本・演出) 笹塚ファクトリー

舞台「幕末奇譚 SHINSEN5外伝」(脚本・演出) 博品館劇場

舞台「MOSH 06~悪い奴ほどよく眠る」(演出)シアターグリーンBASE[4]

舞台「MOSH007~私を愛したスパイ」(演出)中野BONBON[4]

舞台「ASSH・WS・STAGE#01」(演出)下北沢亭

舞台(2015年〜2019年)編集

<2015年>編集

舞台「散れ桜よ、刻天ノ証ニ」(脚本・演出)あうるすぽっと[7]

舞台「マジカル・リバースワールド」(脚本・演出)新宿村Live[4]

舞台「MOSH 08~恋する惑星」MOSH08(演出)築地ブディストポール[4]

舞台「素晴ラシキ世界ノ片隅デ」(脚本)

舞台「鬼切丸」(脚本・演出)あうるすぽっと[4]

舞台「この中に人猫がいるニャ」(脚本・演出)俳優座劇場

舞台「舞台版レーカン!」(脚本・演出)[8]

舞台「新・戦国降臨ガール」」(脚本・演出)スペースゼロ[6]

舞台「刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ」(脚本・演出)シアター1010[9][4]

舞台「龍狼伝」(脚本・演出)博品館劇場

舞台「轟然」(脚本・演出) シアターサンモール[5] 

舞台「ヨルハ Ver.1.1 」(演出)新宿村Live[10][6]

<2016年>編集

舞台「クォンタムドールズ」(演出)新宿村Live[6]

舞台「ホス探へようこそ The Last Valentine」(脚本・演出)シアターサンモール[11]

舞台「のぶニャがの野望」(脚本)スペースゼロ

舞台「実は私は」(脚本・演出)新宿村Live[12]

舞台「透明少女」(脚本・演出)新宿村Live

舞台「サイコメ;ステージ」(総合演出)新宿村Live

舞台「世界は僕のCUBEで造られる・2016~Premiere Edit Ver.~」(脚本・演出)サンモールスタジオ[5][13]

舞台「覇権Do」(脚本・演出)新宿村Live

舞台「ねこ軍議」(脚本・演出)

舞台「戦国降臨ガール」(演出)香港・TIF出品作品[6]

舞台「ファントム・チューニング」(脚本・総合演出)新宿村Live

舞台「魔銃ドナー」(脚本・演出)六行会ホール[6]

舞台「戦国降臨ガール・インターナショナル・イン・TOKYO」(脚本・演出)築地ブディストホール[6]

舞台「MARKER LIGHT-BLUE マーカライト・ブルー」(脚本・総合演出)シアターモリエール[13]

舞台「鬼斬」(脚色・演出)シアターサンモール

舞台「君死ニタマフ事ナカレ零」(脚色・演出)新宿村Live[13]

<2017年>編集

舞台 ASSH-DX「鬼切丸伝~源平鬼絵巻~」(脚本・演出)六行会ホール[5][13]

ステージ 台湾動漫節2017「戦国降臨ガール」(演出)

舞台 ASSH「SOULFLOWER ver.2017」(脚本・演出)新宿村Live[5][13]

舞台「サイレントメビウス」(総合演出)シアターサンモール[14][13]

舞台「TRICKSTER the STAGE」(脚本・演出)六本木Zeppブルーシアター[15]

舞台「MARKER LIGHT-BLUE Deeper マーカライト・ブルー ディーパー」(脚本・総合演出)シアターサンモール[16][13]

舞台「ある苅屋くんの人生」(脚本・演出)新宿村Live

舞台 ASSH「蒼海のティーダ〜Truth〜 The Five God Cronicle・琉球編」(脚本・演出)CBGKシブゲキ!![5][13][17]

舞台「まじかるすいーと プリズム・ナナ ザ・スターリーステージ」(演出)サンシャイン劇場[18][13][19]

舞台「MARKER LIGHT-BLUE Crimson マーカライト・ブルー クリムゾン」(脚色・総合演出)新宿村Live[20][13]

舞台 MODS#1「さらばセイシュンの光」(演出)犀の穴

舞台 ASSH「雷ヶ丘に雪が降る The Five God Cronicle・雷神編」(脚本・演出)俳優座劇場[5][13][21]

<2018年>編集

舞台「音楽劇 ヨルハ Ver1.2」(演出)シアター1010[22]

舞台 劇団☆ディアステージ「殺し屋と悪魔」 (演出)R’sアートコート[23]

舞台「君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ」ASSH Annex vol.1(脚本・演出)サンモールスタジオ[5]

舞台「天満月のネコ」Livedog(演出)新宿村Live

舞台「Wake Up, Girls!~青葉の軌跡」 総合演出[24][13]

舞台 鬼切丸伝~源平鬼絵巻~再演(脚本・演出)全労済SPACE ZERO[25][13]

舞台 MODS「ハートに火をつけて」 (脚本・演出)犀の穴

舞台「忍ノSAGA〜風魔の章」(演出)CBGKシブゲキ!![26]

舞台 劇団☆ディアステージ「コロちゃんと悪魔」 (演出)R’sアートコート[23]

舞台「クォンタムメモリーズ」(演出)新宿村Live

舞台「帝都探偵奇譚ジゴマ」 ASSH Annex vol.2(脚本・演出)シアターKASSAI[5]

関ケ原合戦再現劇「開戦の刻」 (脚本・演出)関ケ原陣馬野公園野外ステージ

舞台「君死ニタマフ事ナカレ零_改」(演出)CBGKシブゲキ!![27]

舞台「ドナー11」 (演出)シアターKASSAI

<2019年>編集

舞台「悪魔inデッドリースクール」(演出)コフレリオシアター[23]

舞台「プロジェクト東京ドールズ」(演出)新宿村Live[28]

舞台 ASSH「月に吠えろ、夜ヲ焦ガセ君ヨ」(脚本・演出)シアターグリーンBIG TREE THEATER[5]

劇団☆ディアステージ「四月の霊」 (演出)R’sアートコート・ぽんプラザホール[23]

舞台「ヨルハ Ver1.3a」(演出)サンシャイン劇場・サンケイブリーゼ[29]

関ケ原ナイト2019 野外朗読音楽絵巻「吉継」(脚本・演出)関ケ原古戦場石田三成陣跡[30]

舞台「魔術士オーフェンはぐれ旅」(演出)新宿村Live[31]

舞台 ネクス・マネージプロデュース 劇団☆ディアステージ Extraステージ「マジカル・リバース・ワールド 2019」(脚本・演出)ラゾーナ川崎プラザソル[32][23]

関ケ原合戦再現劇「超高速関ケ原」(脚本・演出)関ケ原古戦場[33]

舞台「魔術士オーフェンはぐれ旅〜牙の塔編」(演出)六行会ホール[34]

舞台 ASSH「帝都探偵奇譚ジゴマ2 上海租界編」(脚本・演出)シアターグリーンBIG TREE THEATER[5]

舞台(2020年~)編集

<2020年>編集

舞台「Cutie Honey Emotional」(脚本・演出)サンシャイン劇場[35]

舞台「ヨルハ Ver1.3aa」(演出)さくらホール(配信公演)[36]

舞台「We are RAISE A SUILEN~BanG Dream! The Stage~」(演出)天王洲銀河劇場[37]

映画・ラジオドラマ編集

映画「幕末奇譚 SHINSEN5~風雲伊賀越え」(脚本)2013年公開

映画「幕末奇譚 SHINSEN5〜剣豪降臨」(脚本)2013年公開

ラジオドラマ「わたしたちのとっておきクリスマス」西東京FM

ラジオドラマ「スイート&ビター」西東京FM

自主映画「KARINTO7」カンヌ映画祭短編映画部門出品

漫画原作編集

漫画「幕末奇譚 SHINSEN5〜懐」(原案) 2014年一迅社WEB公開

監督作品編集

短編映画「サプライズ」

PV「SOUL FLOWER ver.2017」[38]

PV「マーカライト・ブルーDeeper」[39]

イベント・ライブ演出編集

2019年CYNHN ソロライブ

2019年DSオカルト研究部

2019年イベント/TVアニメ「ぐらんぶる」『スペシャルイベント~Drinking Party 2019~』(構成・演出)ヒューリックホール東京

PKPエンターテインメントプレゼンツ「パリピ!!」

真夏のホラー謎解きイベント 浅草花やしき(脚本・演出)

謎解きイベント2012〜2013毎月開催(脚本・演出)

小笠原健バースデーイベント(脚本・演出)

タンバリンマニア009(演出)

タンバリンマニアfeatMOSH(演出)

ACTOR'S TRASH ASSH公演(〜2011)編集

  • 第1回 本公演 『楽』 2002年3月3日@吉祥寺のろ
  • 第2回 本公演 『ショコレ!!』2002年9月27〜28日@新宿ビプランシアター
  • 第3回 本公演 『GET MY SOUL!!』+『ウキウキピヨピヨガックリンコショー』2003年3月28〜30日@中目黒ウッディシアター
  • 第4回 本公演 『世界は僕のCUBEで造られる』 2004年4月1〜4日@しもきた空間リバティ
  • 第5回 本公演 『トーキョーより行先不明の穴に落ちて』2005年3月24〜27日@麻布die pratze
  • 第6回 本公演 『キスと半島と残酷』2006年3月23〜26日@池袋シアターグリーン BOX IN BOX
  • 第7回 本公演 『Soul Flower』 2007年3月28日〜4月1日@中野ザ・ポケット
  • 第8回 本公演 『トーキョーより行先不明の穴に落ちて 08』 2008年1月11日〜14日@池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
  • 第9回 本公演 『GET MY SOUL』2008年8月28日 〜 9月1日@大塚 萬劇場
  • 第10回 本公演 『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』 2009年4月1日 〜 4月5日@池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
  • 第11回 本公演 『白キ肌ノケモノ』2009年11月14日 〜 11月15日@笹塚ファクトリー
  • 第12回 本公演 『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』(2010年9月、池袋シアターグリーン)
  • 第13回 本公演 『世界は僕のCUBEで造られる』(2010年11月、新宿シアターブラッツ)
  • ASSH-DX vol.2『降臨 Fight』(2011年4月、吉祥寺シアター)
  • 第14回 本公演 『白キ肌ノケモノ』(2011年8月、新宿シアターモリエール)

出演作品編集

テレビ編集

映画編集

  • ウルルの森の物語』(監督:長沼誠)
  • 隣人13号』(監督:井上靖雄)
  • 『CROSS CHORD』(監督:井上秀憲)
  • 『僕と彼女の×××』(監督:浜本正機)

CM編集

  • ハウス食品『メガシャキ』(インフォマーシャル)
  • エバラ食品『生姜焼きのたれ』
  • JAF
  • JRA

ラジオCM編集

Vシネマ編集

  • 『義兄弟』(監督:金澤克次)
  • 『義侠』(監督:金澤克次)
  • 『HEAT〜灼熱』(監督:横井健司)
  • 『BAD・COMPANY』(監督:松井昇)
  • 『昭和博徒伝』(監督:中田信一郎)
  • 修羅のみち6』(監督:小澤啓一)
  • 『修羅のみち7』(監督:佐々木正人)

ラジオドラマ編集

遺失物管理所(ドラマ/NHK-FM)

スチール編集

  • 東京スター銀行
  • ニッセイ・アイドルをさがせ!
  • 日刊アルバイトニュース
  • CAN・CAN

PV編集

  • 『星霜のさくら』(ジャパハリネット)
  • 『GILLES・DE・RAIZ』

VP編集

  • 大林組(安全教則)
  • 俺は足場屋(建築企業向け)
  • クレイマー対応企業研修会

出演舞台編集

  • 『刻め、我ガ肌二君ノ息吹ヲ』(amipro×KENプロデュース)
  • 『愚者には見えないラマンチャの王様の裸』(利賀演出家コンクール2007)
  • 『制服』(静岡芸術フェスティバル)
  • 『歌劇・クローンのジュリエットはロミオの夢を見るか?』(国立オペラカンパニー)
  • 毛皮のマリー』(演劇集団池ノ下)
  • 『フィフティ・コメディ』主演

他多数

一人芝居編集

  • 1997年から毎月下北沢のバーで一人芝居を上演
  • まつだ壱岱 SOLO ACT COLLECTION VOL.1〜5 作・演出

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 松多壱岱|株式会社ディアステージ”. 株式会社ディアステージ. 2020年7月31日閲覧。
  2. ^ 2016年度サンモールスタジオ選定賞”. サンモールスタジオ. 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ a b OVERTUREAward2016”. OVERTURE~輝け!!ミュージカル少女達~. 2020年7月31日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t これまでの公演”. Tambourine STAGE. 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q RECORD/ASSH”. ASSH.info. 2020年7月31日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j HISTORY-アリスイン株式会社”. アリスイン株式会社. 2020年8月21日閲覧。
  7. ^ 散れ桜よ、刻天ノ証ニ”. Tambourine STAGE. 2020年8月21日閲覧。
  8. ^ 舞台版「レーカン!」”. 日本2.5次元ミュージカル協会. 2020年8月21日閲覧。
  9. ^ 刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ”. スマートボーイズ. 2020年8月21日閲覧。
  10. ^ 舞台「ヨルハ Ver.1.1」”. OVERTURE. 2020年8月21日閲覧。
  11. ^ 立野真琴「ホス探へようこそ」ミュージカル化!ホスト兼探偵が事件を解決”. コミックナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  12. ^ 人外ヒロインがいっぱいの「実は私は」、大島崚「好きなタイプ?みんなです」”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m オッドステージ”. オッドエンタテインメント. 2020年8月21日閲覧。
  14. ^ 「サイレントメビウス」会見で原作者が感慨「ついに舞台化できる」”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  15. ^ 【レポート】舞台『TRICKSTER~the STAGE~』”. 2.5news. 2020年8月21日閲覧。
  16. ^ 舞台「MARKER LIGHT-BLUE Deeper マーカライト・ブルー ディーパー」”. 2.5news. 2020年8月21日閲覧。
  17. ^ ASSH旗揚げ15周年公演第2弾、人魚伝説描く「蒼海のティーダ」再演”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  18. ^ 【レポート】『まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ』”. 2.5news. 2020年8月21日閲覧。
  19. ^ 歌で奇跡を起こす少女たち描く、前田希美ら出演「プリズム・ナナ」開幕”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  20. ^ 演技&映像の次世代演劇がここに! 舞台「マーカライト・ブルー クリムゾン」ゲネプロ公演レポ”. 連載.jp. 2020年8月21日閲覧。
  21. ^ ASSH「雷ヶ丘に雪が降る」開幕!石渡真修・中尾拳也らが熱い殺陣を披露”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  22. ^ 【ネタバレ注意】可憐に舞い、歌うヨルハ部隊の戦いを彩る生演奏・ボーカルの恍惚感!! 『音楽劇 ヨルハVer1.2』ゲネプロリポート(1/2)”. ファミ通.com. 2020年8月21日閲覧。
  23. ^ a b c d e 公演一覧”. 劇団☆ディアステージ. 2020年8月21日閲覧。
  24. ^ 『Wake Up, Girls! 青葉の軌跡』ゲネプロを取材ーーWUGメンバーの意気込みコメントも!”. ファミ通.com. 2020年8月21日閲覧。
  25. ^ 「鬼切丸伝」再演、大崎捺希の鬼切丸・上仁樹の源義経らビジュアル公開”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  26. ^ 【レポート】シブゲキでイケメン忍者たちが大活躍!「忍ノSAGA~風魔の章~」開幕!”. 2.5news. 2020年8月21日閲覧。
  27. ^ 舞台『君死ニタマフ事ナカレ 零_改』は新たなシーンと舞台『ヨルハ』組の熱演でさらに深化!――12/9はニコ生でも配信【ゲネプロリポート】”. ファミ通.com. 2020年8月21日閲覧。
  28. ^ 舞台『プロジェクト東京ドールズ』2019年ついに舞台化が決定!”. 2.5news. 2020年8月20日閲覧。
  29. ^ 男性キャストのみで構成された『舞台 ヨルハVer1.3a』はifの世界!? それとも特異点からの新たな分岐!?――歴代ヨルハのオマージュも多数”. ファミ通. 2020年8月21日閲覧。
  30. ^ 「関ケ原ナイト2019」の開催”. みる!しる!かわる!関ケ原-関ケ原古戦場グランドデザイン公式サイト-. 2020年8月21日閲覧。
  31. ^ 『魔術士オーフェン はぐれ旅』公演概要”. ILLUMINUS. 2020年8月20日閲覧。
  32. ^ ネクス・マネージプロデュース 劇団☆ディアステージ Extraステージ「マジカルリバースワールド2019」上演中!舞台写真&コメント到着!”. シアターテイメントNEWS. 2020年8月20日閲覧。
  33. ^ イベント概要”. 関ケ原秋の武将イベント-島津の退き口-. 2020年8月21日閲覧。
  34. ^ 舞台「魔術士オーフェン はぐれ旅-牙の塔編-」公演概要”. ILLUMINUS. 2020年8月20日閲覧。
  35. ^ 豪華キャストにてお送りする舞台版キューティーハニー、その名も「キューティーハニー・エモーショナル」!”. 東映ビデオ株式会社. 2020年8月20日閲覧。
  36. ^ 『舞台 ヨルハVer1.3aa』アンドロイドだけではなく、キャスト陣の覚悟と生き様も見届けたい! ――3月29日配信前の最終リハに潜入”. ファミ通. 2020年8月20日閲覧。
  37. ^ RAISE A SUILENの出会いから結成までを描く、バンドリ!発のステージが開幕”. ステージナタリー. 2020年8月21日閲覧。
  38. ^ ASSH第21回公演・旗揚げ15周年記念興行 『SOUL FLOWER ver.2017』”. Youtube. 2020年8月21日閲覧。
  39. ^ マーカライト・ブルー Deeper スペシャル・ムービー”. Youtube. 2020年8月21日閲覧。

外部リンク編集