えんとつ町のプペル

西野亮廣が脚本・監督となり制作した日本の絵本

えんとつ町のプペル』(えんとつまちのプペル、英題:POUPELLE OF CHIMNEY TOWN)は、日本絵本西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した(幻冬舎2016年10月21日)。メインイラストレーターは六七質。2021年9月時点で累計発行部数は70万部を記録している[1]

2020年12月25日アニメ映画版が公開された。

製作過程編集

西野が本作の制作をスタートさせたのは2011年[2]。自ら生み出したストーリーに好感触を得た西野はまずサンリオピューロランドと組んで、西野が手がけていたコントライブ「ナイスなやつら」のプロデュースの形で舞台化し、そこでの観客の反応を取り入れて映画のストーリーが完成した[2]。そのまま映画化しても得体の知れない作品に集客は見込めないだろうという判断から、映画のストーリーの5分の4くらいを削ったのが絵本の内容である[2]

絵本制作は完全分業といっても絵と文の2名であることから、「森を描く、人物を描くといった作業にそれぞれ専門家を充て、完全な分業を実現したい」という西野の思いから制作が始まった。分業を担当する作家はMUGENUPより35人が参加、西野が面接で選んだ[3][4]

分業による費用増はクラウドファンディングによって賄われており、作品中に登場する店名や企業名の看板は実は出資者による広告となっている[5]。分業制導入には作家性が薄れるとの批判もあったが[6]、2016年10月に発売された絵本はその年の年末までに10万部を超える大ヒットとなった。

あらすじ編集

配達屋が落とした心臓によって生まれたゴミ人間。町はハロウィンの真っ只中で、ゴミ人間は仮装した少年たちと出会う。少年たちはゴミ人間が仮装では無いことを知ると汚い言葉を浴びせ、ゴミ人間を追い出してしまう。そんな時、えんとつ掃除屋のルビッチと出会う。名前の無いゴミ人間に、ルビッチは「ハロウィン・プペル」と名付け、二人は仲良くなり、夜まで遊んだ。次の日、ルビッチはプペルに「『ホシ(星)』を知っているか」と尋ねる。

登場人物編集

出典:[7]

プペル
主人公。配達屋が落とした心臓によって生まれたゴミ人間。ひょんな事から出会ったルビッチにハロウィン・プペルと命名され彼の友だちになる。
ルビッチ
もう1人の主人公。母ちゃんと二人暮らしで、えんとつそうじ屋で家計を助ける。父ちゃんの『煙のうえにはホシがある』を信じている。
ひょんな事からプペルと出会って彼の友だちになる。
アントニオ
ハロウィンパーティーに参加していた大柄な体格の少年。ジャック・オー・ランタンに仮装した。
デニスが風邪をひいてしまったことで、プペルと一緒に遊んでいたルビッチの事を責めていた。
レベッカ
アントニオの仲間の少女。魔女に仮装していた。
デニス
アントニオの仲間のやせっぽちな体格の少年。物語の途中で風邪をひいて休んでしまう。
彼らのほかにも仲間の子供たちが2名登場していたが名前は不明。
ローラ
ルビッチの母親。明るく優しい性格。
ブルーノ
ルビッチの父親。町でただひとりの漁師。冬の波に飲まれて死去。好奇心旺盛かつ照れ屋で、嬉しいことがあると、人差し指で鼻の下をこする癖がある。
生前ルビッチに「信じぬくんだ。たとえ一人になっても」という言葉を残している。
配達屋さん
夜空を駆ける配達屋。煙を吸って咳き込んで、配達中の心臓を落としてしまう。

絵本編集

アニメ映画編集

映画 えんとつ町のプペル
POUPELLE OF CHIMNEY TOWN
監督 廣田裕介
脚本 西野亮廣
原作 西野亮廣
製作 北橋悠佑
福山亮一
田中栄子
製作総指揮 西野亮廣
出演者 窪田正孝
芦田愛菜
立川志の輔
小池栄子
藤森慎吾
野間口徹
伊藤沙莉
宮根誠司
大平祥生JO1
飯尾和樹ずん
山内圭哉
國村隼
音楽 小島裕規
坂東祐大
主題歌 HYDE
HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-
ロザリーナ
『えんとつ町のプペル』
編集 廣瀬清志
制作会社 STUDIO 4℃
製作会社 吉本興業
配給 東宝
吉本興業
公開   2020年12月25日
上映時間 101分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 27.0億円[8]
テンプレートを表示

2019年12月にアニメーション映画化が発表され、2020年12月25日に公開された。アニメーション制作はSTUDIO 4℃[9]。原作者の西野が製作総指揮と脚本も兼任し、絵本では描かれなかった部分も描かれている[10]。2021年9月2日に、期間限定(10月22日〜10月31日)でハロウィン限定上映が決定された。

あらすじ(アニメ映画)編集

舞台は4000mの崖にかこまれた、えんとつだらけの町、朝から晩までけむりがもっくもく、空はいつもけむりに覆われていた。

この町にはルールがある。

1,空を見上げてはいけない

2,夢を信じてはいけない

3,真実を知ってはいけない

町の住人は煙の向こうに何があるのかを知らない。しかし、えんとつ掃除屋のルビッチだけは星の存在を信じていたのだった。そんなある日の夜、空から赤い塊がゴミ山に落ち、そこからゴミ人間が生まれた。ハロウィンの日にルビッチはゴミ人間に出会い、「ハロウィン・プペル」と名付け友達になる。 異端を許さないこの町の統率者レター一族と参謀トシアキはプペルを危険人物とみなした。 彼らに追われながらも、心を通じ合わせたルビッチはプペルに対し、煙の向こうには星があると信じていることを、誰にも話さないという約束で打ち明ける。

ある日、町に流れるドブ川沿いを歩いていたプペル、それを見つけた、いじめっ子のアントニオ達に声をかけられる。 ひょんなきっかけでプペルは星の存在の話を、彼らに話してしまう、途端、激昂するアントニオ、わけもわからず殴られ続けるプペルは川に落ち、流されていくのであった。 騒動にかけつけた異端審問官にアントニオ達は星を信じるプペルとルビッチの事を話してしまう。 プペルがアントニオ達に星の話をしたことを知ったルビッチは、彼を遠ざけてしまうのであった。

雨の降るある夜、渡したい物があると、プペルはルビッチの自宅を訪れた。 やりとりの最中、ある事がきっかけでプペルの心臓が大きく動き出す。 そして、心臓に引き寄せられるように海からボロボロになった巨大な船が現れる。 町の人たちは、怪物が海から打ち上げられたとパニックに陥る中、ルビッチとアントニオだけは気付いたのだった。 それは、ルビッチの今は亡き父親ブルーノが作った紙芝居「えんとつ町のプペル」に描かれていた船の絵とよく似ていることに。

そして、物語はここから大きく動きだす。

星の存在を信じていたために異端審問官に消されたブルーノの想いも引き継ぎ、ルビッチとプペルはこの船を使って町の人たちに星を見せることを企てる。 えんとつ掃除屋のボスであるダンや、プペルが町に現れた時からなにかと手助けしてくれていたドロシー達の協力も得たことで、異端審問官から逃げながらも、同じく星の存在を信じる鉱山泥棒スコップの力を借りて大量の無煙火薬を入手する。 スコップからは星の存在だけでなく、住人が外の世界を知ることを阻むために、町の政府や異端審問官がえんとつから出る煙で町を覆っている経緯も知っていて、その昔、酒場にて酔っ払った勢いで、星の存在や異端審問官の策略についてブルーノに喋ってしまったことを告げられる。 スコップによると、元々、えんとつ町は、中央銀行の支配を恐れたレター一族が、昔、あの巨大な船に乗って移住してきて築いた町だと、そして、当初は中央の目から逃れるため、えんとつを立てて煙を張り、外部との接触をなくすことで町を守っていたのだが、それが今や、政府が住人を外の世界を知らせず閉じ込めるように成り下がったのだという。


ルビッチとプペルはたくさんの風船に大量の無煙火薬をくくりつけて船に積載。 熱気球の要領で浮かぶ船の出発準備に入る。 星を見に行くために実際に行動を起こし、知らない物を怖がり、希望に蓋をする人々の前で、決して勇敢ではない一人の少年が、大きな声を上げたことで、これまで星の話を信じなかった多数の住人もルビッチやプペルを応援するようになり、船の出発を阻む異端審問官らを、住人とえんとつ掃除屋の仲間、そして、ついには、アントニオ達の協力のもと、船は無事に出発し、煙に包まれた空に向かって上がっていく。

一難去って、また一難ありつつも、空を塞ぐ煙の周辺で計画通りに無煙火薬を爆発させることに成功。 爆風により煙は晴れ、まばゆくキラキラした空がそこには広がっている。 ルビッチは、空や星の存在を明らかにするという夢を叶える。

「頑張ったなチビ」。ルビッチの隣にはプペルに成り代わったブルーノの姿が浮かぶ。プペルの脳のパーツはルビッチがえんとつ掃除中に川に落として失くし、ゴミ山に流れ着いたブルーノの形見のブレスレットだったのだ。

次の瞬間、ルビッチに安堵の表情を浮かべ、ポロポロと崩れていくプペル。 崩れたプペルから赤い塊・心臓が浮かび上がり飛び去ると、それはまばゆく輝く星になった。

キャスト(アニメ映画)編集

スタッフ(アニメ映画)編集

賞歴編集

舞台編集

ナイスなやつら公演編集

ナイスなやつら presents えんとつ町のプペル』のタイトルで2012年10月14日、11月11日、12月24日に東京・サンリオピューロランド・フェアリーランドシアターにて公演された[20][2]。全3公演。『えんとつ町のプペル』として世に出た最古の作品。

キャスト
スタッフ
  • 脚本・演出:西野亮廣

ナイスコンプレックス公演編集

ナイスコンプレックス プロデュース#2 舞台「えんとつ町のプペル」』のタイトルで2018年12月5日から9日に東京・調布市せんがわ劇場にて公演された[21]。全8公演。

ナイスコンプレックス プロデュース#4 舞台「えんとつ町のプペル」』のタイトルで2020年2月21日から25日に東京・王子ベースメントモンスターにて公演された[22]ダブルキャストになっていて、わかばやしめぐみチームと美木マサオチームがぞれぞれ全6公演(合計12公演)。同じナイスコンプレックスによる別のスタッフとキャストで、同年2月28日から3月1日に北海道・札幌市こどもの劇場 やまびこ座での公演も予定されていたが[23]新型コロナウィルス感染症の流行の影響で中止になった[24]

2018年・キャスト
  • 古賀瑠
  • 赤眞秀輝(ナイコン)
  • 足立英昭
  • 中山夢歩
  • 内堀克利
  • 竹下健人
  • 久野木貴士
  • 長居潤
  • 松村凌太郎
  • 木の下敬志
  • 阿紋太郎
  • 紅林里美(ナイコン)
  • 宮本京佳
  • くぼあやこ
  • 飯坂泰子
  • 吉田奈央
  • 北野くるみ
  • 鈴木亜里紗
  • 中村恵子
  • 黒田智栄
  • フロアキャスト
    • 大久保悠依(ナイコン)
    • 濱仲太(ナイコン)
    • 土井覚(ナイコン)
    • 上原こずえ
    • 寺田純子
    • 石橋玲
2018年・スタッフ
  • 原作:西野亮廣(キングコング)
  • 脚本・音楽:末原拓馬(おぼんろ)
  • 演出:わかばやしめぐみ(おぼんろ)
  • プロデューサー:早野実紗
  • エグゼクティブ・プロデューサー:キムラ真
  • 企画 ・ 製作:ナイスコンプレックス
2020年・キャスト(わかばやしめぐみチーム)
2020年・スタッフ(わかばやしめぐみチーム)
  • 原作:西野亮廣(キングコング)
  • 演出:わかばやしめぐみ(おぼんろ)
  • 脚本:末原拓馬(おぼんろ)
  • 脚色 :キムラ真(ナイスコンプレックス)
  • 音楽作曲:末原拓馬(おぼんろ)
  • プロデューサー:キムラ真
  • 企画 ・ 製作:ナイスコンプレックス
2020年・キャスト(美木マサオチーム)
  • 阿澄佳奈
  • 横山真史
  • 石井智也
  • さひがしジュンペイ(おぼんろ)
  • 伊崎龍次郎
  • 北野くるみ(ナイスコンプレックス)
  • よこのゆたか(ナイスコンプレックス)
  • 正井雪香(マサオプション)
  • 市川真也(マサオプション)
  • 彩未理加
  • 芝崎知花子
  • 杉田麻由香(ネコ脱出)
  • 矢野椿
  • 吉田奈央
  • セキュリティ木村(劇団ビタミン大使「ABC」)
  • キム木村(吹澤信子事務所)
  • 黒木裕太
  • 篠原麟太郎
  • まあさ
2020年・スタッフ(美木マサオチーム)
  • 原作:西野亮廣(キングコング)
  • 演出:美木マサオ(マサオプション)
  • 脚本:立川佳吾(トランク機械シアター)
  • 脚色 :キムラ真(ナイスコンプレックス)
  • 音楽作曲:市川真也(マサオプション)
  • プロデューサー:キムラ真
  • 企画 ・ 製作:ナイスコンプレックス

POUPELLE THE STAGE PROJECT公演編集

えんとつ町のプペル THE STAGE』(えんとつまちのプペル ザ・ステージ)のタイトルで2020年1月21日から26日に兵庫・AiiA 2.5 Theater Kobe、同年1月30日から2月5日に東京・天王洲 銀河劇場にて公演された[25]。全18公演。

キャスト
スタッフ

プラネタリウム番組編集

キャスト

ミュージカル編集

CHIMNEY TOWN公演編集

ミュージカル「えんとつ町のプペル」』のタイトルで2021年11月14日から28日に東京・東京キネマ倶楽部にて公演予定[26]。11月16日の公演はオンライン配信も行われる[27]。全15公演。2022年にニューヨーク・オフ・ブロードウェイでの開幕を目指し、それに先駆けた日本での公演である。

キャスト
スタッフ
  • 原作・脚本・演出:西野亮廣
  • 作曲・音楽監督:Ko Tanaka
  • 英歌詞:Jessica Wu
  • オーケストレーター:August Eriksmoen
  • 訳詞:長島祥
  • 振付:SHOJIN
  • 衣裳:前田文子
  • 製作:CHIMNEY TOWN

歌舞伎編集

『プペル~天明の護美人間~』のタイトルで、2022年1月に東京・新橋演舞場にて公演予定[28]

キャスト

朗読劇編集

Vprojectホリーホック公演編集

Vprojectホリーホック 第2回リーディング公演「愛と奇跡の物語」』の一部として、他の短編作品と共にオムニバス形式で、2017年7月14日から16日に東京・両国スタジオアプローズにて公演[29]。一部がダブルキャストになっていて、AチームとBチームがぞれぞれ全3公演(合計6公演)。

キャスト(Aチーム)
  • 碓倉さとみ
  • 小川真紀子
  • 小林知美
  • 小湊圭
  • 佐久本宗一郎
  • 榊原花織
  • 佐藤あゆ美
  • 鈴木彩乃
  • 田中亜貴
  • 田中千紗子
  • 轟春馬
  • 長谷川恒
  • 星達也
  • 増己あき
  • 柳原光貴
  • 吉田健太郎
  • 愛仁
キャスト(Bチーム)
  • 碓倉さとみ
  • 小川真紀子
  • 久保井美沙希
  • 小林知美
  • 小湊圭
  • 堺美月
  • 佐久本宗一郎
  • 榊原花織
  • 菅屋絵美
  • 鈴木彩乃
  • 田中亜貴
  • 轟春馬
  • 長谷川恒
  • 星達也
  • 増己あき
  • 柳原光貴
  • 吉田健太郎
  • 愛仁
声の出演
  • 堂坂晃三

朗読集団ここん公演編集

朗読集団ここん初回公演』の一部として、他の短編作品と共にオムニバス形式で、2018年1月20日に東京・九段教会にて公演[30]

キャスト

劇団☆ディアステージ×CYNHN公演編集

音楽朗読劇「えんとつ町のプペル」劇団☆ディアステージ×CYNHN』のタイトルで2020年11月7日から8日に東京・R'sアートコートにて公演された[31]。全4公演。

音楽朗読劇「絵本 えんとつ町のプペル」Ver1.1』のタイトルで再演が2021年4月28日から5月2日に東京・シアターグリーン BOX in BOX THEATERで予定されていたが、新型コロナウィルス感染症の流行の影響で延期となり[32]、同年8月11日から15日に同会場で振替公演が予定されるも同じように延期になった[33]。再延期を受けて、急遽代わりに特別配信が8月11日、12日に行われ、全4公演配信された[34]。2021年版は回代わりのダブルキャストになっていた。配信での公演になり日程が変更されたことで、予定のキャストより人数は少なくなった。

劇中ではCYNHN(綾瀬志希、百瀬怜、月雲ねる、青柳透)の楽曲が使用され、舞台上演後にはミニライブも行われた回もある。舞台出演者のトークショーのある回もあった。

2020年・キャスト
2020年・スタッフ
  • 原作:にしのあきひろ
  • 脚色・演出:松多壱岱
  • 音楽監修・ヴァイオリン演奏:白須今
  • 振付:松本稽古
  • 主催:劇団☆ディアステージ
2021年・キャスト
2021年・スタッフ
  • 原作:にしのあきひろ
  • 脚色・演出:松多壱岱
  • 音楽監修:白須今
  • ヴァイオリン:青柳萌
  • 振付:松本稽古
  • 主催:劇団☆ディアステージ

イベント編集

えんとつ町のプペルVR編集

  • 2019年2月8日 - 2019年3月15日 えんとつ町のプペルVR in VRZONE OSAKA(大阪府) [1]
  • 2019年3月1日 - 2019年3月9日 えんとつ町のプペルVR in 日本橋三越本店7F(東京都)[2]
  • 2019年3月15日 - 2019年9月14日 えんとつ町のプペルVR in ASOBUILD(神奈川県)[3]※期間延長
  • 2019年3月20日 - 2019年5月6日 えんとつ町のプペルVR in DECKSお台場(東京都)[4]
  • 2019年3月23日 - 2019年3月24日 えんとつ町のプペルVR in 黒門カルチャーファクトリー(大阪府)[5]
  • 2019年4月7日 えんとつ町のプペルVR in 吉祥寺(東京都)[6]
  • 2019年5月24日 えんとつ町のプペルVR in hair salon DROLL(札幌市)
  • 2019年7月1日 えんとつ町のプペルVR in Hair space AVANCE(大阪府)
  • 2019年7月13日 - 2019年9月1日 えんとつ町のプペル 体験ツアー in 東映太秦映画村×京都造形芸術大学(京都府)
  • 2019年7月15日 えんとつ町のプペルVR in 本門佛立宗 本成寺(大阪府)
  • 2019年8月4日 えんとつ町のプペルVR in 青梅 東光寺(東京都)[7]
  • 2019年8月10日 えんとつ町のプペルVR in 矢掛町町家交流館/岡山Candy(岡山県)
  • 2019年8月11日 えんとつ町のプペルVR in 美作市上山雲海温泉体育館(岡山県)
  • 2019年8月12日 えんとつ町のプペルVR in 真庭あぐりガーデン/もくもくガレージ(岡山県)
  • 2019年8月31日 えんとつ町のプペルVR in 新潟(新潟県)[8]

えんとつ町のプペル展 光る絵本展編集

  • 2017年7月16日 じょうはな町のプペル展(富山県南砺市城端・松井機業) [35]
  • 2018年3月17日 - 2018年3月31日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in 川西[36]
  • 2018年3月20日 - 2018年4月8日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in イオンモール倉敷[37]
  • 2018年4月5日 - 2018年4月28日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in 石川〜
  • 2018年4月19日 - 2018年5月14日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in 福岡〜
  • 2018年4月26日 - 2018年5月6日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in 生駒〜
  • 2018年5月3日 - 2018年5月27日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in あきる野〜
  • 2018年5月12日 - 2018年5月27日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in 小山〜
  • 2018年6月4日 - 2018年6月16日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in 八尾〜[38]
  • 2018年6月21日 - 2018年6月27日 えんとつ町のプペル光る絵本展〜 in クオール伊勢(三重県)〜
  • 2018年7月3日 - 2018年7月4日 プレプペル展 in〜ファブリカ村&湖香六根(滋賀県)〜
  • 2018年7月6日 - 2018年7月29日 えんとつ町のプペル光る絵本展 at〜八日市ほんまち商店街(滋賀県)〜
  • 2018年7月20日 - 2018年8月5日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in イオンモール福津[37]
  • 2018年8月10日 - 2018年8月26日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in イオンモール甲府昭和[37]
  • 2018年9月15日 - 2018年10月14日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in えさし藤原の郷(岩手県)
  • 2018年9月29日 - 2018年10月3日 えんとつ町のプペル さいはてのプペル展 in 珠洲(石川県)[39]*2018年10月7日 - 2018年10月14日 えんとつ町のプペル展 in 朝日町(富山県)[39]
  • 2018年10月5日 - 2018年10月28日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in kawaguchi(埼玉)[40]
  • 2018年10月13日 - 2018年10月31日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in イオンモール盛岡(岩手県)[37]
  • 2018年10月19日 - 2018年10月31日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in グランフロント大阪(大阪府)
  • 2018年10月20日 - 2018年10月25日 さいはてのプペル展 in 利賀(富山県)[41]
  • 2018年11月18日 - 2018年12月16日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in 宇部(山口県)
  • 2018年11月24日 - 2018年12月25日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in 善光寺(長野県)
  • 2018年12月1日 - 2018年12月25日 えんとつ町のプペル光る絵本展 in さくら市喜連川(栃木県)
  • 2019年2月27日 - 2019年3月26日 〜CHIMNEY TOWN in MITSUKOSHI〜 「えんとつ町のプペル」光る絵画展 supported by Extraordinary (東京都)[9]
  • 2019年3月16日 - 2019年3月31日 えんとつ町のプペルひかる絵展 in 前橋芸術文化 れんが蔵(群馬県)
  • 2019年4月27日 - 2019年5月6日 えんとつ町のプペル 光る絵画展 in コピス吉祥寺(東京都)
  • 2019年7月20日 - 2019年7月28日 えんとつ町のプペル 光る絵画展 in 岩国(山口県)
  • 2019年8月3日 - 2019年9月8日 にしのあきひろ 光る絵本展 in 東京タワー(東京都)
  • 2019年8月8日 - 2019年8月14日 「えんとつ町のプペル」光る絵本展 in 東武百貨店(東京都)
  • 2019年8月17日 - 2019年9月1日 えんとつ町のプペル展 in 大牟田(福岡県)
  • 2019年8月20日 - 2019年8月25日 「えんとつ町のプペル」光る絵本展 in 仙台(宮城県)
  • 2019年9月15日 - 2019年9月16日 えんとつ町のプペル 光る絵本展 in 堀切ラッキー通り商店街(東京都)
  • 2019年10月17日 - 2019年10月20日 えんとつ町のプペル 光る絵本と鳥取砂丘展 in 鳥取砂丘(鳥取県)
  • 2019年10月30日 - 2019年11月11日 えんとつ町のプペル 光る絵本展 in 松坂屋高槻店(大阪府)

リアル謎解きゲーム「えんとつ町のプペル〜約束の物語〜」編集

美術館編集

脚本の西野は本作品を元にした美術館を建設する構想を持っている。2018年にクラウドファンディングで建設費を募り、約6,250万円を集めた[42]。2020年以降に兵庫県でオープンとされており[43]、建設予定地となる土地を購入したことを明らかにしているが[44]、2021年1月時点では正式なオープン日は未定。尚、西野自身は2018年時点で更地の状態でオープンすることを決めたと語っている[44]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ カジサック名義で出演。カジサックチャンネルで、町人Aのコント収録を行っている。また、「上を見たって何もねぇよ!現実を見ろ。ろくな大人になんねぇぞ!」というセリフは、動画内でもよくフラれる。

出典編集

  1. ^ “『えんとつ町のプペル』ハロウィンに再上映決定 藤森慎吾ナレーションの新予告解禁”. クランクイン. (2021年9月2日). https://www.crank-in.net/news/93560 2021年9月3日閲覧。 
  2. ^ a b c d 【初公開】これが映画『えんとつ町のプペル』のプロローグだ。”. 西野亮廣ブログ (2018年7月22日). 2021年8月12日閲覧。
  3. ^ 麻生香太郎「西野亮廣 “参加型”絵本がヒット 100万部へ次の一手は?」『日経エンタテインメント!』第21巻第5号、2017年4月、90-91ページ。
  4. ^ 『えんとつ町のプペル』から『チックタック〜約束の時計台〜』まで。「チームで描く絵本」を支えたMUGENUP。 いちあっぷ”. 2021年1月23日閲覧。
  5. ^ 「SUNDAY LIBRARY 著者インタビュー 『えんとつ町のプペル』にしのあきひろ(幻冬舎/2000円) 1000万人に網をかけるよりも1000人に1対1で仕掛ける」『サンデー毎日』2016年12月25日、109ページ。
  6. ^ 「スペシャルレポート クラウドファンディングで4637万円調達 キングコング西野氏に発想法を聞く」『日経情報ストラテジー』第297号、2017年1月、50-51ページ。
  7. ^ 『映画 えんとつ町のプペル』キャラ画像&声優【まとめ】|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2021年8月11日閲覧。
  8. ^ 2022年記者発表資料(2021年度統計)”. 日本映画製作者連盟. 2022年1月26日閲覧。
  9. ^ <西野亮廣>ゴミ人間〜『えんとつ町のプペル』誕生の背景と込めた想い〜「『面白い』を基盤から作る」【短期集中連載/第8回】ザテレビジョン 2020年10月12日)
  10. ^ 「えんとつ町のプペル」制作はSTUDIO4℃ キャラデザの福島敦子によるイメージビジュアルも完成映画.com 2019年12月28日)
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m “『映画 えんとつ町のプペル』キャラ画像&声優【まとめ】”. シネマトゥデイ. (2020年11月3日). https://www.cinematoday.jp/page/A0007507 2021年5月21日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g h i j k “窪田正孝、芦田愛菜、JO1 大平祥生ら、『映画 えんとつ町のプペル』声優キャストに 予告編も公開”. Real Sound (blueprint). (2020年10月20日). https://realsound.jp/movie/2020/10/post-639387.html 2020年10月20日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j k “窪田正孝、芦田愛菜、アニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」に出演! 本予告映像も解禁に”. Webザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年10月20日). https://thetv.jp/news/detail/246554/ 2020年10月20日閲覧。 
  14. ^ a b (日本語) 「映画 えんとつ町のプペル」エンドロール プペルができるまで展Ver., https://www.youtube.com/watch?v=Zee3uzE9DuM 2021年8月29日閲覧。 
  15. ^ (日本語) 「映画 えんとつ町のプペル」エンドロール プペルができるまで展Ver., https://www.youtube.com/watch?v=Zee3uzE9DuM 2021年8月29日閲覧。 
  16. ^ (日本語) 【ガチギレ】キングコング西野さんの"映画 えんとつ町のプペル"に出演した結果…ガチギレされました, https://www.youtube.com/watch?v=aCy_RP-gJ4U 2021年8月29日閲覧。 
  17. ^ “HYDE、大好きな「えんとつ町のプペル」のために「HALLOWEEN PARTY」をリアレンジ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年10月14日). https://natalie.mu/music/news/400519 2020年10月20日閲覧。 
  18. ^ “HYDE、人気ハロウィンソングが『映画 えんとつ町のプペル』OP主題歌に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2174301/full/ 2020年10月20日閲覧。 
  19. ^ “第44回日本アカデミー賞:優秀アニメーション作品賞に「鬼滅の刃」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」「STAND BY ME ドラえもん 2」「ジョゼと虎と魚たち」「えんとつ町のプペル」”. まんたんウェブ. (2021年1月27日). https://mantan-web.jp/article/20210126dog00m200047000c.html 2021年1月27日閲覧。 
  20. ^ “西野&石田「ナイスなやつら」がサンリオピューロランドに”. お笑いナタリー. (2012年9月7日). https://natalie.mu/owarai/news/76120 2021年8月12日閲覧。 
  21. ^ 次回公演 えんとつ町のプペル WRBナイスコンプレックス”. ナイスコンプレックス. 2018年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  22. ^ えんとつ町のプペル WRBナイスコンプレックス”. ナイスコンプレックス. 2020年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  23. ^ 札幌公演 WRBナイスコンプレックス”. ナイスコンプレックス. 2020年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  24. ^ WRBナイスコンプレックス”. ナイスコンプレックス. 2020年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  25. ^ “萩谷慧悟&須賀健太が“夢”を追う「えんとつ町のプペル」神戸で開幕”. ステージナタリー. (2020年1月21日). https://natalie.mu/stage/news/363941 2021年8月12日閲覧。 
  26. ^ “吉原光夫、岡幸二郎、知念里奈ら出演でミュージカル『えんとつ町のプペル』が上演決定 原作・西野亮廣が脚本・演出”. SPICE. (2021年6月4日). https://spice.eplus.jp/articles/288073 2021年8月12日閲覧。 
  27. ^ “西野亮廣が原作・脚本・演出を手がけるミュージカル『えんとつ町のプペル』オンライン配信が決定”. SPICE. (2021年7月22日). https://spice.eplus.jp/articles/290415 2021年8月12日閲覧。 
  28. ^ 西野亮廣『えんとつ町のプペル』が“歌舞伎”に 主人公は市川海老蔵、ぼたん&勸玄と親子共演へ
  29. ^ 愛と奇跡の物語|Vproject-hollyhock”. Vprojectホリーホック. 2021年8月12日閲覧。
  30. ^ 公演情報|朗読集団ここん”. 朗読集団ここん. 2021年8月12日閲覧。
  31. ^ 音楽朗読劇『えんとつ町のプペル』 劇団☆ディアステージ×CYNHN”. 劇団☆ディアステージ. 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  32. ^ “劇団☆ディアステージら出演、音楽朗読劇「えんとつ町のプペル」バージョンアップして再演”. ステージナタリー. (2021年4月9日). https://natalie.mu/stage/news/423834 2021年8月12日閲覧。 
  33. ^ 音楽朗読劇『絵本 えんとつ町のプペル』Ver1.1”. 劇団☆ディアステージ. 2021年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月12日閲覧。
  34. ^ “プぺル役で五十嵐啓輔・雛型羽衣がW主演!音楽朗読劇『絵本 えんとつ町のプペル』が8/11&12に特別配信決定!”. スマートボーイズ. (2021年8月11日). https://sumabo.jp/132448 2021年8月12日閲覧。 
  35. ^ えんとつ町のプペル展 in 城端” (日本語). えんとつ町のプペル展 in 城端. 2020年1月20日閲覧。
  36. ^ えんとつ町のプペル光る絵本展in兵庫川西
  37. ^ a b c d えんとつ町のプペル光る絵本展
  38. ^ えんとつ町のプペル光る絵本展〜in八尾〜
  39. ^ a b えんとつ町のプペル展 in 珠洲・朝日町・利賀村
  40. ^ えんとつ町のプペル光る絵本展 in kawaguchi
  41. ^ えんとつ町のプペル展in珠洲・朝日町・利賀村
  42. ^ “SILKHAT - 【えんとつ町のプペル美術館】をつくりたい! by キンコン西野  │SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング”. https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/103 2021年1月23日閲覧。 
  43. ^ “美術館”. https://poupelle.com/news/?p=58 2021年1月23日閲覧。 
  44. ^ a b “11月発売&絶賛ヒット中のビジネス書『新世界』を全ページ無料公開します(西野亮廣)|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。”. https://r25.jp/article/621586962847256237 2021年1月23日閲覧。 

外部リンク編集

映画
演劇
ダンス