メインメニューを開く

松尾大社駅

日本の京都府京都市西京区にある阪急電鉄の駅

松尾大社駅(まつおたいしゃえき)は、京都市西京区嵐山宮ノ前町にある、阪急電鉄嵐山線。駅番号はHK-97。駅名の由来となった松尾大社の正式な読みは「まつのおたいしゃ」であるが、駅名は通称の「まつおたいしゃ」の読みを採用している。

松尾大社駅*
駅舎
駅舎
まつおたいしゃ
Matsuo-taisha
HK-96 上桂 (1.4km)
(1.3km) 嵐山 HK-98
所在地 京都市西京区嵐山宮ノ前町49番地[1]
駅番号 HK-97
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 嵐山線
キロ程 2.8km(起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
5,836人/日
-2017年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月9日
* 1948年(昭和23年) 松尾神社前駅 → 松尾駅に改称
2013年(平成25年) 松尾駅 → 松尾大社駅に改称
テンプレートを表示
ホーム
嵐山方面ホームの旅客上屋

歴史編集

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有し、交換設備を備えた地上駅。松尾橋西詰、松尾大社前交差点東南角に位置する[2]

かつて、駅舎(改札口)は嵐山行ホーム嵐山寄りにしかなかったが、バリアフリー化のため2017年3月25日より反対側の桂方面ホームにも新たに改札口が設置された。両側のホームは地下道で行き来することができる。

のりば編集

号線 路線 方向 行先
1 嵐山線 上り 嵐山行き
2 下り 京都大阪神戸宝塚方面

※実際には構内にのりば番号表記はないが、スマートフォン向けアプリ「阪急沿線ナビ TOKKアプリ」の発車案内機能では、嵐山方面が1号線、桂方面が2号線と表示されている。

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日あたりの乗降人員約5,836人である(年間2,130千人、京都市統計書より)。

駅周辺編集

京都府道29号宇多野嵐山山田線の現道(旧道)部分が四条通と交わる交差点(松尾大社交差点)のすぐ近くに位置する。駅のすぐ東は桂川となっており、それを跨ぐ松尾橋が架かっている。松尾大社交差点から西に向かえば松尾大社に至る。その南には月読神社が位置する。

バス路線編集

松尾大社前バス停があり、京都市営バスと京都バスの路線が乗り入れる。

このほか松尾橋東詰の松尾橋バス停では、京都市営バスの36771・特71号系統に乗車可能。

隣の駅編集

阪急電鉄
嵐山線
上桂駅 (HK-96) - 松尾大社駅 (HK-97) - 嵐山駅 (HK-98)
  • 春・秋の行楽シーズンの臨時列車として乗り入れる直通特急も、嵐山線内は各駅に停車する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『阪急ステーション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、127頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f 生田誠『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・54-55頁。ISBN 978-4-7791-1726-8
  3. ^ a b 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社、2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2
  4. ^ 京阪神急行電鉄『京阪神急行電鉄五十年史』(1957年) p.55
  5. ^ 『阪急コレクション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 1〉、2000年、133頁。ISBN 4-89485-038-9
  6. ^ 〜すべてのお客様に、よりわかりやすく〜「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します (PDF) 阪急阪神ホールディングス2013年4月30日
  7. ^ 京都バス時刻表

関連項目編集

外部リンク編集