メインメニューを開く

松岡國男妖怪退治』(まつおかくにおようかいたいじ)は、大塚英志原作、山崎峰水作画による漫画で、『黒鷺死体宅配便』のスピンオフ作品。

目次

作品概要編集

現代日本が舞台の『黒鷺死体宅配便』と違い、こちらは明治30年代半ばの日本を舞台にしており、青年・松岡國男(後の民俗学者・柳田國男)と少年・やいちの活躍が描かれている。『黒鷺』に登場するやいちの少年時代が描かれているとされるが、詳しい関連性は明らかにされていない。

』vol.20(2006年)、『月刊少年エース』2006年11、12月号、『コミック怪』vol.6(2009年)といった角川書店の雑誌に不定期で連載されている。

第一話は角川ホラー文庫版の1巻のみ、第二話と第三話はカドカワコミックス・エースの6巻に収録されている。また、2011年1月に、本編単行本6巻に収録された2話以外の4話が収録された単行本『黒鷺死体宅配便スピンオフ 松岡國男妖怪退治』第一巻が発売された。2014年1月までに単行本は第四巻まで刊行されている。

登場人物編集

主要キャラクター編集

松岡國男(まつおか くにお)
主人公。東京帝国大学の学生で、卒業後は明治政府の官僚(法制局参事官)になる男性。かなり気まぐれで傲慢な性格だが、顔が良いのと詩の能力の高さから女性には人気がある(男性からは嫌われている)。柳田家に婿入りが決まっているが、本人は束縛を嫌ってなかなか婿に入ろうとしない。日本の先住民族の生き残りである「山人(さんじん)」を追い求めている。
やいち
もう1人の主人公。かつて「黒鷺村」で起こった連続殺人事件の生き残りの少年。母親が殺されて死体になった後に生まれてきた。名前の由来は「人が墓に埋められ人が生き残った」という意味。白髪で顔に大きな傷跡がある。性格は内向的だが、いざというとき行動的で身体能力も常人離れしている。「ミサキ」という霊獣の力を使い、死体を動かすことが出来る。育ての親の笹山残口に心を開いている。田舎育ちのため、写真を撮られる事や食事の作法に慣れていない。
特殊な外見や能力から、本編の「やいち」と関係があるようだが、今のところ不明。
田山録弥(たやま ろくや)
松岡の親友で、東京帝国大学の生徒である男性。いつも松岡に振り回されているが、そんな松岡の事を多少理解しており、良き友人として相手している。松岡曰く、文学では田山の方が才能があるらしい。
笹山残口(ささやま ざんこう)
黒鷺村の寺の坊主兼巡査。「やいち」の名付け親で彼の世話をしている。坊主なのに金にがめつい。
顔が本編『黒鷺死体宅配便』に登場する笹山徹にそっくりだが、関係は不明。

ゲストキャラクター編集

黒鷺姫(くろさぎひめ )
「黒鷺村」に伝わる伝説の登場人物。何百年も昔に黒鷺村に六人の従者を連れた比丘尼が助け求めてやってき来た。その正体は平家の姫君で、村人達は最初は一行をもてなしたが、その正体を知った後に村に追っ手が来るのを恐れてその七人を殺してしまう。だが彼女達は実は「ミサキ」と呼ばれる式神の使い手で、草分けの家に七人の娘が揃った時必ず祟ると言い残して息絶えたと云う。
S
黒鷺村の村長の男性。松岡と田山の友人で東京にいた頃はミステリー作家として将来を嘱望され、松岡には第二の黒岩涙香と評されたが、故郷に帰って婿養子になった。黒鷺村で起こった連続殺人事件の犠牲者の一人が彼の妻である。
柳田こう(やなぎた - )
松岡の許嫁。富豪の令嬢で美人。松岡に惚れ込んでおり、一刻も早く彼を婿に入れたがっている。実在した人物。
坪井正五郎(つぼい しょうごろう)
東京帝国大学人類学を教えている男性講師。写真の重ね取りで特定の人間に共通する人相を抽出する「観相法」を提唱している。日本の先住民族が山人がコロポックルかで、よく松岡と議論している。「アレ」という代名詞をやたらと使う癖がある。実在した人物。
死戸(しぬへ)
松岡が作った死体保管場に勤めている男性。体中包帯だらけの大男で吃音の癖がある。
この外伝での「やいち」や笹山同様、本編との関連性は不明。

書籍情報編集

カドカワコミックス・エース、既刊3巻