松平 定郷(まつだいら さださと)は、江戸時代中期の大名伊予国今治藩5代藩主。定房系久松松平家5代。官位従五位下筑後守

 
松平定郷
時代 江戸時代中期
生誕 元禄15年4月29日1702年5月25日
死没 宝暦13年4月19日1763年5月31日
改名 左膳(幼名)、定郷
戒名 常照心光院
墓所 東京都江東区白河霊巌寺
官位 従五位下筑後守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
伊予今治藩
氏族 久松松平家定勝
父母 松平定昌松平定基
兄弟 定郷定武定秀
松平定基娘遊
定温定延、女子、定休
テンプレートを表示

生涯編集

元禄15年(1702年)4月29日、3代藩主・松平定陳の弟で5000石を領した旗本松平定昌の六男として誕生。享保8年(1723年)に従兄で4代藩主・松平定基の婿養子となり、享保17年(1732年)2月2日の養父の隠居により跡を継いだ。この時、従五位下、筑後守に叙任する。

藩政においては、享保の大飢饉により大雨と旱魃が相次ぎ、虫害にも苦しめられ、本来なら3万石のところが5000石ほどしか収穫できず、死者が相次ぎ、御用銀の借り入れや神社の祈祷を行なうほどであったという。延享5年(1748年)2月から宝暦12年(1762年)まで大坂加番を務めている。宝暦13年(1763年)には先代からの蒼社川の改修工事が完成した。

宝暦13年(1763年)4月19日に死去した。享年62。長男・定温は前年に早世していたため、定温の長男・定休が跡を継いだ。

系譜編集