メインメニューを開く

松平 定陳(まつだいら さだのぶ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名伊予国今治藩3代藩主。定房系久松松平家3代。官位従五位下駿河守

 
松平定陳
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文7年2月18日1667年3月12日
死没 元禄15年9月6日1702年10月26日
改名 巌松丸(幼名)→定陳
墓所 愛媛県今治市国分の松平家墓地
官位 従五位下駿河守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
伊予今治藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平定時
兄弟 定直定陳定昌
正室:溝口重雄娘・せい
定基渡辺登綱正室、松平重休正室[1]服部正令

生涯編集

2代藩主・松平定時の次男。兄の定直が本家伊予松山藩の藩主となったため、延宝2年(1674年)正月に世子となる。延宝4年(1676年)、父の死去により跡を継いだ。このとき、弟の定昌に5000石を分与している。法令制定や軍制改革、文武の奨励、そして農政における均田制の導入や前堀塩田の開発などを行なって藩政を確立した。教養人としても優れ、西山宗因に学んだと言われている。元禄11年(1698年)に備後国福山藩が藩主・水野勝岑の夭折により改易された際には福山城の受け取りを命じられた。

元禄15年(1702年)9月6日に36歳で死去し、跡を長男・定基が継いだ。

脚注編集

  1. ^ のち渡辺登綱継室