メインメニューを開く

松平 家乗(まつだいら いえのり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将大名上野国那波藩美濃国岩村藩初代藩主。大給松平家6代当主。官位従五位下和泉守

 
松平家乗
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正3年(1575年
死没 慶長19年2月29日1614年4月8日
改名 源次郎(幼名)→家乗
官位 従五位下和泉守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠
上野那波藩美濃岩村藩
氏族 大給松平家
父母 父:松平真乗、母:戸田忠重
兄弟 家乗真次
正室:石川康通
乗寿知乗大久保教隆正室、
知久直政室ら
テンプレートを表示

略歴編集

5代・松平真乗の長男として誕生。幼名は源次郎。

天正10年(1582年)、父が死去したため、家督を継ぐことになった。天正15年(1587年)、主君・徳川家康から偏諱を受け家乗と名乗った。天正18年(1590年)、家康が関東に移封されると、上野那波郡内に1万石の所領を与えられる。慶長元年(1596年)には官位を叙任された。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康に従って従軍し、三河国吉田城の守備を務めた。戦後、家康からそれを賞されて美濃岩村藩2万石に加増移封された。

慶長19年(1614年)死去。跡を長男・乗寿が継いだ。

系譜編集

 
白糸威胴丸具足(伝・松平家乗所用、東京国立博物館所蔵)。
 
大名墓地にある松平家乗の墓(岐阜県恵那市岩村町)