メインメニューを開く

丹羽 氏信(にわ うじのぶ)は、三河伊保藩の第2代藩主。のち美濃岩村藩の初代藩主。氏次系丹羽家2代。

 
丹羽 氏信
時代 安土桃山時代から江戸時代前期
生誕 天正18年(1590年
死没 正保3年5月11日1646年6月24日
別名 勘助(幼名)、氏重(別名)
戒名 慈明院可山道印
墓所 岐阜県恵那市岩村町乗政寺
官位 従五位下、式部少輔
三河伊保藩主→美濃岩村藩
氏族 譜代丹羽氏一色氏
父母 父:丹羽氏次、母:加藤忠景の娘
兄弟 丹羽氏資丹羽氏信
正室:水野勝成の養女(水野忠胤の娘)
氏定(長男)、勘十郎(次男)、
信氏(三男)、佐助(四男)、
娘(渡辺綱貞正室)、娘(三枝守俊正室)、
娘(丹羽茂利養女)、娘(鈴木光広室)、
娘(上田玄蕃室)

略歴編集

天正18年(1590年)、伊保藩の初代藩主・丹羽氏次の次男として生まれる。兄・氏資が早世したため嫡子となり、慶長6年(1601年)父の死去により家督を継いだ。

寛永15年(1638年)に美濃岩村藩に移封される。正保元年(1644年)に大坂加番に任じられる。正保3年(1646年)5月11日に江戸で死去した。享年57。跡を長男の氏定が継いだ。

 
大名墓地(岐阜県恵那市岩村町)丹羽氏信の墓