メインメニューを開く

松平 清直(まつだいら きよなお)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将旗本松平康忠の従弟。

 
松平清直
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正12年(1584年
死没 慶安4年6月7日1651年7月24日
改名 子聖(幼名)→清直
別名 庄右衛門(通称)、出羽守
戒名 原光院殿賀屋浄映大居士
幕府 江戸幕府
主君 松平康忠康直松千代忠輝徳川秀忠家光家綱
信濃川中島藩越後高田藩
氏族 長沢松平家
父母 父:松平近清、母:酒井正親
兄弟 山田重辰室、清直正世
野々山吉範室、土井利勝正室
正室:原田権右衛門娘
清順親明
養子:松平正世

生涯編集

天正16年10月15日1588年)、長沢松平家の老臣として功を成した父の近清が死去し、その遺領100貫を相続する。

長沢松平家の宗家であり主筋でもある松平康忠が死去し、跡目として徳川家康の息子の忠輝が養子として入嗣し、清直はそのまま忠輝に仕えた。忠輝が信濃国川中島を領す頃、清直は領内で代官を勤めるなどしている。皆川広照山田重辰(義兄)と共に「上総介殿[1]の三臣」と称された。

だが家禄の膨張に伴い、大久保長安などが新たに加えられた家中では、花井吉成のような忠輝に付随した新参と、長沢松平家の古参家臣との対立が激しくなった。[2]清直も古参派の筆頭格であった姉婿の山田重辰に加担し、三者は駿府の徳川家康に訴え出たが、逆に家康の勘気を被り清直は減封となった。皆川は家中から解雇、山田は切腹処分となった。

慶長15年(1610年)閏2月、忠輝が越後国高田に大幅加増され移封されると、老臣に再任され5,000石の所領を与えられた。元和2年(1616年)7月、忠輝の改易により浪人する。

元和4年5月(1618年)、将軍家に召し出されて、長沢松平家の祖先の封地に近い三河国宝飯郡形原に5,000石の所領を与えられた。ここに交代寄合としての初代・形原領主となる。

慶安4年6月7日(1651年7月24日)に死去。後を嫡男・清順が継いだ。

系譜編集

弟・庄兵衛正世も忠輝に仕えたが、改易後は越前松平家で召抱えられ、4,500石を食んだという。姉妹は3人。長姉が山田重辰に嫁した他、戸田松平家の家臣野々山吉範に嫁した1人。残る1人は、土井利勝正室となっている。清直が形原領主になれたのは、利勝の推挙があったと考えられている。

脚注編集

  1. ^ 忠輝の官名
  2. ^ それぞれの派閥は完全に「新参」「旧臣」に分かれていたわけではなく、花井派と反花井派、という程度の区別である。