メインメニューを開く

松平近時

江戸時代前期の大名。広瀬藩第2代藩主

松平 近時(まつだいら ちかとき)は、江戸時代中期の大名出雲国広瀬藩2代藩主。官位従五位下式部少輔。直政系越前松平家広瀬藩分家2代。

 
松平近時
時代 江戸時代中期
生誕 万治2年4月7日1659年5月27日
死没 元禄15年閏8月18日1702年10月9日
改名 大助(幼名)→近時
戒名 瑞岸院
官位 従五位下式部少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
出雲広瀬藩
氏族 越前松平家支流広瀬松平家
父母 父:松平近栄、母:松平直良娘・満姫
兄弟 近時、繁姫、戸田光正継室
養兄弟:板倉重高継室
正室:松平綱隆次女・豊姫
側室:大竹氏
近朝直之近明

略歴編集

初代藩主・松平近栄の長男として誕生。幼名は大助。

元禄15年(1702年)3月23日、父の隠居により家督を継いだが、半年足らずの同年閏8月18日に江戸で死去した。享年44。家督は長男・近朝が継いだ。法号は瑞岸院。

系譜編集