戸田光正 (孫十郎)

戸田 光正(とだ みつまさ)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本通称は孫十郎。別名に光高、光澄。文殊戸田家初代。

 
戸田光正
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保元年(1644年
死没 元禄15年3月5日1702年4月1日
改名 申松、光真、光正
別名 孫十郎(通称)、光高、光澄
墓所 東京都港区愛宕青松寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家綱綱吉
氏族 戸田氏
父母 松平光重
兄弟 松平光永光正光直今城定淳室、
安藤重博正室
板倉重矩養女松平近栄
光輝板倉重浮
テンプレートを表示

略歴編集

美濃国加納藩初代藩主松平光重の次男として誕生。幼名は申松、初名は光真。

寛文4年(1664年)6月13日、4代将軍徳川家綱に拝謁する。寛文8年(1668年)、兄の光永が家督を相続した際、美濃国本巣郡方県郡席田郡5000石を分知され、寄合に列する。

元禄15年(1702年)没、享年59。貝塚青松寺に葬られた。子孫は幕末まで旗本として存続する。

系譜編集

参考文献編集