メインメニューを開く

松本 錦四郎(まつもと きんしろう、1933年8月24日 - 1973年1月20日)は日本の俳優。本名・植田 浩安(うえだ ひろやす)。大阪府出身[3]。1950年代後半から1960年代半ばにかけ、時代劇俳優として映画・テレビで活躍した。代表作は『琴姫七変化』、『噂の錦四郎』(ともによみうりテレビ / 日本電波映画日本テレビ系)。

まつもと きんしろう
松本 錦四郎
本名 植田 浩安(うえだ ひろやす)
別名義 穂高 渓介
生年月日 (1933-08-24) 1933年8月24日
没年月日 (1973-01-20) 1973年1月20日(39歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1958年 - 1971年[1][2]
主な作品
テレビドラマ
琴姫七変化
噂の錦四郎
テンプレートを表示

来歴編集

幼少時から地唄舞を習う。関西大学文学部卒業後、1956年日活ニューフェース三期生・穂高 渓介としてデビュー(同期は小林旭二谷英明など)したが、1958年には歌舞伎役者を志し八代目・松本幸四郎(のちの初代・松本白鸚)門下となり、まもなく松竹社長・大谷竹次郎に認められて松竹入りとなる。同年の映画『七人若衆誕生』、『七人若衆大いに売り出す』で七人の最年長のリーダー格役として出演。ちなみにこの七人には林与一花ノ本寿、中山大介などがいた。若手二枚目俳優として映画に出演ののち、1959年、松竹が時代劇映画制作からの撤退を打ちだした事を受け、1960年からはテレビに進出し『琴姫七変化』へのレギュラー出演を皮切りに『風雲児時宗』(1961年、フジテレビジョン / 日本電波映画)や『夢殿』(1962年、日本テレビ放送網)とテレビ時代劇に次々と主役として抜擢。『琴姫』以降のアイドル的人気から、遂には自らの名を冠したテレビシリーズ『噂の錦四郎』への主演となった。しかし『錦四郎』終了後は、所謂「三之助ブーム」など、歌舞伎界の若手御曹司が続々と台頭し始め、1969年には後見だった大谷が死去。年齢的にも30代から40代を目前にして「白塗りの二枚目」然としたイメージからの脱却を迫られ、脇役として現代劇作品へ出演したり、舞踊公演で原点回帰を志向するなど方向転換を図るが伸び悩み、苦悩の中で追い打ちをかけるように自身の病が発覚するなど、再び表舞台に立つ機会は次第に失われていった。1973年1月、失意のうちにガス自殺。39歳没[4]。晩年は人気俳優の座を追われたものの、自殺報道後にファンが後追い自殺を図る(未遂に終わる)といった影響もあった[5]

主な出演作品編集

映画編集

テレビ編集

  • 琴姫七変化(1960年、よみうりテレビ)
  • 風雲児時宗(1961年、フジテレビ)
  • 夢殿(1962年、日本テレビ)
  • 噂の錦四郎(1963年、よみうりテレビ - 日本テレビ)
  • 柔一筋(1965年、日本テレビ)
  • 三匹の侍(フジテレビ)
    • 第5シリーズ 第19話「冬の旅」(1968年) - 源之丞
    • 第6シリーズ 第10話「花かげろう」(1968年) - 脇坂源十郎
  • 喪服の花嫁(1969年、フジテレビ) - 梶本達也
  • 右門捕物帖 第3話 「三番手柄 妖刀がゆく」(1969年、日本テレビ / 東宝)
  • 大江戸捜査網(12ch / にっかつ)
    • 第1シリーズ 第2話「裏街道に命を懸けて」(1970年) - 牧田
  • 大奥の女たち(1971年、フジテレビ) - 猿之介

脚注編集

  1. ^ 「松本錦四郎」での人名検索結果”. テレビドラマデータベース. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ 1971年以降、出演実績が記載されていない。
  3. ^ 芸能人物事典|俳優|松本錦四郎”. JLogos. 2014年3月16日閲覧。
  4. ^ 高丸菊丸”. 角めんこ. 2014年3月15日閲覧。
  5. ^ 1973年3月刊行「週刊平凡」第15巻第10号の目次”. Webcat Plus. 2014年3月16日閲覧。
  6. ^ キネマ写真館 / 作品詳細「最後の突撃」”. 一般社団法人 映画演劇文化協会. 2014年3月16日閲覧。

外部リンク編集