メインメニューを開く

松林 久吉(まつばやし ひさきち、1907年(明治40年)9月7日 - 1978年(昭和53年)7月11日)は、日本の医師、医学博士寄生虫学者。

慶應義塾大学医学部長(第7代)、初代琉球大学保健学部長、防衛医科大学校初代校長等を歴任。従四位

経歴編集

山口県萩市の旧家真鍋家に生まれ、少年時代に東京に出て、のちに同じ萩出身の高名な日本画家松林桂月の家に入って松林と姓を改めている。

関連項目編集

参考文献編集

  • 『慶應義塾大學醫學部六十周年記念誌』