メインメニューを開く

板妻駐屯地(いたづまちゅうとんち、JGSDF Camp Itazuma)は、静岡県御殿場市板妻40-1に所在し、第34普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、東富士演習場北富士演習場駐屯地司令は第34普通科連隊長が兼務。連隊本部庁舎の近傍に橘周太中佐の像がある。

板妻駐屯地
開設記念行事中の構内(2009年4月)
開設記念行事中の構内(2009年4月)
所在地 静岡県御殿場市板妻40-1
座標 北緯35度17分24秒
東経138度53分50秒
駐屯地司令 第34普通科連隊長 兼務
主要部隊 第34普通科連隊
第4普通科直接支援隊 ほか
開設年

1909年

1962年(陸上自衛隊)
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1909年(明治42年):陸軍板妻廠舎設置。
  • 1949年(昭和24年):米陸軍第25師団管下の演習部隊が板妻に入廠(米軍ミドルキャンプ)。
  • 1960年(昭和35年):陸上自衛隊第一陣が板妻に駐屯。
  • 1962年(昭和37年)
    • 1月20日:第34普通科連隊新町駐屯地から移駐開始(2月10日完了)[1]
    • 8月15日:駒門駐屯地板妻分屯地から駐屯地に昇格[1][2]。第3陸曹教育隊が駒門駐屯地から移駐。
  • 1968年(昭和43年)3月1日:第405基地通信隊が新編。
  • 1975年(昭和50年)3月26日:第405基地通信隊が第101基地通信大隊第309基地通信中隊板妻派遣隊に改編。
  • 1983年(昭和58年)3月24日:東部方面通信群新編により、第101基地通信大隊が同群隷下に編入。
  • 1995年(平成07年)11月:駐屯地シンボルマーク完成。
  • 2002年(平成14年)3月27日:師団改編により、第1対戦車隊及び第34普通科連隊重迫撃砲中隊が廃止。第1後方支援連隊第4普通科直接支援隊を新編。
  • 2007年(平成19年)3月28日:第309基地通信中隊が第305基地システム通信中隊に改編。

駐屯部隊編集

第1師隷下部隊編集

東部方面隊隷下部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

脚注編集

  1. ^ a b 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、112頁。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和37年政令第275号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2017年3月20日閲覧。

外部リンク編集