メインメニューを開く

林家 花丸(はやしや はなまる)は、上方落語名跡。当代は特に代数を名乗っていないが、過去には2、3名の存在が確認できる。

なお、他に「花丸」の名跡では桂花丸があり、上方では初代桂花團治3代目笑福亭枝鶴が名乗った。東京では3代目桂枝太郎桂歌丸門下)が二つ目時代に名乗っていた。

  1. 初代?林家花丸生没年不詳)は、幕末に花丸の名前がある。
  2. 2代目?林家花丸生没年不詳)は、 初代林家菊丸の門下でその実子。前身は伊勢の料理屋だと伝わる。菊造、2代目小菊丸を経て、花丸を名乗る。2代目菊丸の弟。得意ネタは「滑稽改良噺」と記した文献があった。人情噺を秀で「乳貰い」を得意とした。明治20年代から30年代にかけて林家一門の中心人物で大活躍をした大看板だった。同世代の肩を並べた噺家には後の7代目桂文治3代目桂文枝3代目桂文三等がいる。明治30年代末に没した模様。本名は菊本友吉。
  3. 林家花丸1934年9月21日 - 存命?)は、尼崎工業高校卒業後、サラリーマンを経て、1957年3代目林家染丸に入門し、染太楼から花丸となる。後に4代目笑福亭枝鶴(後の6代目笑福亭松鶴)の門下に移り、笑福亭花丸を名乗る(笑福亭仁鶴の兄弟子に当たる)。初舞台は1959年千日劇場KBSラジオの「KBSワイドスコープ」のパーソナリティーも務めた。1973年3月に廃業。その後は名古屋で芸能マネージャーをやった。得意ネタのひとつだった「相撲場風景」は6代目笑福亭松鶴にそっくりだと言われた。2代目染丸門下の林家うさぎ(島光明)は実父。本名: 島洋一。

目次

当代編集

林家 花丸はやしや はなまる
本名 船引 厚志
生年月日 (1965-03-06) 1965年3月6日(54歳)
出生地   日本兵庫県尼崎市
師匠 4代目林家染丸
出囃子 ダーク
活動期間 1991年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
受賞歴
1998年 なにわ芸術祭 最優秀新人賞

1999年 大阪府知事賞受賞 大阪市長賞受賞
2010年 繁昌亭大賞爆笑賞受賞
2014年 繁昌亭大賞受賞
2014年 文化庁芸術祭優秀賞受賞

備考
上方落語協会会員

林家花丸1965年3月6日 - )は、兵庫県尼崎市出身。本名: 船引 厚志出囃子は「ダーク」。桃山学院大学社会学部卒業。

1991年11月、4代目林家染丸に入門し、花丸を名乗る。

林家染丸一門の師匠筋の2代目林家染丸の十八番だった『電話の散財』を受け継ぎ、しばしば高座に掛けている。染丸一門の芸風である「もっちゃり」「はんなり」を受け継ぐ正統派でありつつ、最近は古典落語の間に独特の感性でセンスあふれるギャグを盛り込み客席を爆笑の渦に巻き込みファンを獲得している。

年に40回は宝塚歌劇を鑑賞するほどの宝塚ファンとしても知られる[1]

『厩火事』では視線を含めた仕草で女房の心の揺れを見事に演じ、『人情ばなし幸助餅』で人物の情を巧みに描き出し観客の涙を誘っている。『三十石』の舟唄も評価が高い。

脚注編集

出典編集

外部リンク編集