メインメニューを開く

枝川 弘(えだがわ ひろむ、1916年11月20日 - 2010年7月10日)は、日本の映画監督である[1][2][3][4][5][6]。現代劇を専門とし、1963年以降に手がけたテレビ映画図々しい奴』『おくさまは18歳』『アイアンキング』の監督として知られる[1]

えだがわ ひろむ
枝川 弘
生年月日 (1916-11-20) 1916年11月20日
没年月日 (2010-07-10) 2010年7月10日(93歳没)
出生地 日本の旗 日本 大阪府
死没地 日本の旗 日本 東京都三鷹市
職業 映画監督
ジャンル 劇場用映画テレビ映画
活動期間 1950年 - 1980年
配偶者 志賀眞津子
主な作品
劇場用映画
恋と金[1]
サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ
テレビ映画
図々しい奴
おくさまは18歳
アイアンキング
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1916年(大正5年)11月20日大阪府に生まれる[4][6]

1939年(昭和14年)、日本大学法文学部芸術学科(現在の日本大学藝術学部)を卒業し、日活多摩川撮影所に入社する[6]。1940年(昭和15年)には軍隊に徴収され、1945年(昭和20年)に復員、同撮影所の後進である大映(現在の角川大映撮影所)に復職した[6]。同撮影所では、田中重雄に師事した[6]

1950年(昭和25年)4月9日に公開された、今村貞夫ラジオ映画が製作した『人喰い熊』を監督している[2][3][4]。当時の評判はあまり芳しくはなかった[7]

その後、大映東京撮影所で、同い年の鈴木英夫の助監督をもっぱら務め、1951年(昭和26年)3月3日公開の『恋の阿蘭陀坂』ではチーフ助監督を務めている[8]。1954年(昭和29年)4月14日、満37歳のときに『五ツ木の子守唄』で再び監督としてデビューを果たしている[2][3][4][6]

1962年(昭和37年)12月26日、満46歳のときに公開された『団地夫人』が、枝川にとって、大映東京撮影所が製作した最後の劇場用映画となり[3]、翌年1963年(昭和38年)には、大映テレビ室(現在の大映テレビ)が製作する『図々しい奴』を始めとするテレビ映画に専念する[3][9]

1964年(昭和39年)、大映を退社する[6]。満49歳を迎える1965年(昭和40年)からは、大映テレビ室のみならず、国際放映日活宣弘社C.A.Lといった製作会社で現代劇を中心に手がけた[9]。同年には、テアトル・プロダクション(現在のメディアボックス)が製作し松竹が配給した『呼んでるぜあの風が』で、劇場用映画に復帰している[2][3][4]

1975年(昭和50年)12月25日、満59歳のときに女優の志賀眞津子(当時50歳)と結婚する。

満63歳を迎える1979年(昭和54年)10月30日から1980年(昭和55年)3月15日にかけて、テレビ朝日で放映された『けっぱれ!大ちゃん』が、最後の連続テレビ映画として記録されている。

2010年(平成22年)7月10日午前9時5分、東京都三鷹市内の病院で死去した[1]。満93歳没。

フィルモグラフィ編集

特筆以外はすべて「監督」である[2][3][4][9]

劇場用映画編集

テレビ映画編集

「単発」と明記されているもの以外は連続テレビ映画であり、その一部あるいは全部を監督している[9]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 枝川弘氏死去 映画監督47NEWS、2010年7月20日付、2012年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 枝川弘、日本映画情報システム、文化庁、2012年4月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 枝川弘日本映画データベース、2012年4月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 枝川弘キネマ旬報映画データベース、2012年4月26日閲覧。
  5. ^ 枝川弘、映像作品データベース、武蔵野美術大学、2012年4月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 枝川弘日本映画監督協会、2010年7月30日付、インターネットアーカイブ、2012年4月26日閲覧。
  7. ^ 『映画年鑑 1952』、p.78.
  8. ^ 鈴木英夫〈その6〉対談:鈴木英夫×木村威夫木全公彦マーメイドフィルム、2012年4月25日閲覧。
  9. ^ a b c d 枝川弘テレビドラマデータベース、2012年4月26日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集