大映テレビ

日本のテレビドラマ制作会社

大映テレビ株式会社(だいえいテレビ)は、東京都港区麻布台に本社を置く、主にテレビドラマの制作を請け負う日本の会社である。

大映テレビ株式会社
DAIEI TV-FILM CO.,LTD
DAIEI TV-FILM Logo.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-0041
東京都港区麻布台2-2-1
麻布台ビル5階
設立 1971年10月15日
業種 情報・通信業
法人番号 8010401016330 ウィキデータを編集
代表者 近藤一男(代表取締役社長)
資本金 4800万円
売上高 12億円
従業員数 17人
外部リンク http://www.daiei-tv.com/
テンプレートを表示

歴史編集

前身は、大映株式会社のテレビ映画制作セクションとして、1958年10月に発足した大映テレビ製作室(大映テレビ室)。1971年に、大映の倒産直前に分社化され、大映が全額出資する完全子会社の大映テレビ株式会社として設立された。その後、大映の映画資産は、徳間書店グループ傘下の新会社を経て、角川グループに譲渡されて角川映画が所有しているが、同社とは資本的な関係はなくなっている。しかし、映画監督の増村保造や俳優の宇津井健など旧大映に所属していた人物が大映テレビ作品に関わるなど、人脈的には一定の流れは汲んでいる。

1965年から1971年にかけて、TBSの看板番組として高視聴率をマークした『ザ・ガードマン』で名実ともに力を付けた。その後の1970年代には、岡崎友紀主演の『おくさまは18歳』『なんたって18歳!』からなるシリーズ、山口百恵主演の『赤いシリーズ』、坂上二郎主演の『夜明けの刑事』『明日の刑事』からなる『日の出署シリーズ』を制作して話題を集めた。

そして、1980年代には、TBSでは、松崎しげる国広富之の2人が主演した『噂の刑事トミーとマツ』、火曜20時台の『スチュワーデス物語』『不良少女とよばれて』、土曜21時台の『スクール☆ウォーズ』『ポニーテールはふり向かない』などでヒットを飛ばした。同じく、フジテレビでも、1980年代には水曜20時台には『ヤヌスの鏡』などの10作品と、月曜19時30分~20時の枠で『スワンの涙』『明日に向かって走れ!』『テニス少女夢伝説』のアイドルが主演するドラマを制作し、最盛期を迎えた。
なお、1986年度放送の『おんな風林火山』を皮切りに時代劇ドラマシリーズの制作も手がけようとしたが、頓挫している。

大映テレビ制作のドラマは宇津井、石立鉄男らが常連主役級で、ザ・ガードマンのレギュラー出演者らも大映テレビ制作ドラマの常連であった。

2000年代に入ってから、バラエティ番組やドキュメンタリー番組なども制作することがある[1]一方、昼ドラ2時間ドラマなどを制作の中心にしていたが、2010年代の放送枠の縮小で、現在は1クールの連続ドラマ制作が中心である。

分社後の大映も徳間書店傘下の「徳間大映」といわれた新会社が、2002年に角川書店に身売りされるまで、2時間ドラマなどの制作を請け負っていた。また、2013年には大映東京撮影所の系譜を引く角川大映スタジオが法人として角川書店から独立して制作プロダクション事業を行なっており、その結果、「大映」本体の系譜を引く「角川大映スタジオ」制作と「大映テレビ」制作のテレビドラマが現在も混在している。

役員編集

大映ドラマ編集

特に1980年代に大映テレビが制作した実写ドラマは、当初から同業他社のプロダクションが制作する作品に比べて、以下のような特徴が際立っている。

  1. 主人公が運命の悪戯に翻弄されながら幸運を手に入れるといういわゆる「シンデレラ・ストーリー」。
  2. 衝撃的で急速な起伏を繰り返したり、荒唐無稽な展開。
  3. 「この物語は…」の台詞でオープニングに挿入され、ストーリーの最中では一見冷静な体裁をとりつつ、時に状況をややこしくするナレーション。
  4. 出生の秘密を持つキャラクターの存在。
  5. 感情表現が強烈で、大げさな台詞。物音を誇張する。

これらの独特な演出から、他の制作会社のドラマと区別する意味で「大映ドラマ」と呼ばれていた。

大映ドラマには原作を持つ作品も多いが、いずれも原作をとどめない程改変されている。『不良少女とよばれて』の原作者である原笙子はドラマの内容を知って愕然とし、本編をまともに見ることが出来なかったというエピソードが残っている。

ドラマのキャラクターも、少女あるいは青年女性を主人公にした作品が多かったり(例外:『スクール☆ウォーズ』)、当初は不良で荒廃していたが、生来の力強さで成功・成長するキャラクターが特徴的である。

1980年代の「大映ドラマ」は、TBSフジテレビの2局で大多数が放映され、芥川隆行がTBS系大映ドラマのナレーター、来宮良子がフジテレビ系大映ドラマのナレーターを務めた。当初はTBS火曜20時台のみが大映ドラマの枠であったが、最盛期の1984年になると、TBS火曜20時台、TBS土曜21時台フジテレビ水曜20時台の、計3つが大映ドラマの枠になった。

しかし、1980年代末期になると、こうした過剰な演出の大映ドラマは全盛期のような高視聴率を得られなくなり、独特な演出を抑えたコメディタッチのドラマ(『デパート!夏物語』等)が制作されていた。特に全盛期の作品(特に『スクール☆ウォーズ』と『スチュワーデス物語』の2作品)は後年の名場面集やパロディなどで取り上げられることが多く、現在でも根強い人気を保っている。

1990年代以降は『ストーカー・誘う女』『略奪愛・アブない女』『聞かせてよ愛の言葉を』等で過去の大映ドラマを思わせる演出やナレーションを導入した作品が散発的に製作されており、2020年には『テセウスの船』が、かつての大映ドラマを彷彿させる作品として、評論家の脚光を浴びることになった[3]

2000年代以降、韓国ドラマが日本でも放送されるようになると、大映ドラマを長年独自に研究してきた竹内義和のように「大映ドラマが韓流ドラマの原点」と評論する人も出てきている。また、鈴木おさむ脚本作品のように、大映ドラマの演出をオマージュした作品も製作されている。

キャスト陣は、男性では国広富之松村雄基鶴見辰吾が、女性ではいとうまい子伊藤かずえ堀ちえみが常連俳優として1980年代に主演していた。脇役は、男性では名古屋章下川辰平高橋昌也松村達雄坂上二郎石立鉄男梅宮辰夫石橋正次前田吟中島久之が、女性では赤木春恵梶芽衣子原知佐子松尾嘉代松原智恵子岡田奈々松井紀美江岡まゆみ初井言榮が常連だった。

音楽は、作曲家の菊池俊輔が大映テレビ作品の劇伴を多く手掛け、大映テレビ作品の常連音楽家となっていた。主題歌も、1980年代には洋楽の日本語カバー曲が大半を占めており、麻倉未稀がTBS系大映ドラマの主題歌の歌い手、椎名恵がフジテレビ系大映ドラマの歌い手になった作品が多かった。

従来の映画会社や独立プロダクション系列の制作ドラマが、まだフィルム撮影に固執していたなかで、大映テレビは1982年の『ひまわりの歌』でいち早くビデオ撮影に着手し、1990年から1991年まで放送された『スクール・ウォーズ2』を最後に連続ものにおけるフィルム撮影から撤退している。

大映ドラマに対する批評編集

作家の小林信彦は、第二次世界大戦前には時代劇を売り物にしていた映画会社・大映が、第二次世界大戦の結果、GHQ占領下の日本では時代劇が禁止された影響で、時代劇スターが現代劇を演じざるを得なくなった為、その大げさな芝居の時代劇の乗りによる現代劇に大映ドラマのルーツを求めている。又、大映では、生みの母と育ての母と娘との関係を描く「母物映画」と呼ばれる映画を31本制作しており、出生の秘密を持つキャラクターの多さもここにあるという[4]。なお、出生の秘密を作品要素に取り込んだ演出は本作以前の赤いシリーズや2時間ドラマ作品(『家政婦は見た!』『赤い霊柩車』など)でも見られる。

他方で、1980年代の大映ドラマを野添和子とともに制作していた春日千春は、発想の原点を幼少時に親しんだ講談本や紙芝居であるとして、特徴的なナレーションは紙芝居の口上に当たるものと語っており[5]、大げさな台詞とともに(放映時間が夕食の後片付けの時間帯と重なるという理由から)テレビ画面から目を離しても、音声だけでドラマの展開が分かるようにとの配慮したとの解説もある[6]

所属スタッフ編集

※大映テレビ公式サイトに基づく

プロデューサー

  • 塙太志
  • 熊谷理恵
  • 八木亜未
  • 平池拓一
  • 野村知正
  • 都築歩
  • 北川俊樹
  • 長坂淳子
  • 佐野奈緒子
  • 木村康信
  • 渡辺良介

これまでの作品編集

1960年代編集

1970年代編集

1980年代編集

1990年代編集

2000年代編集

2010年代編集

2020年代編集

主題歌全集編集

2001年4月4日より、1980年代の大映ドラマの主題歌を網羅した「大映テレビ主題歌コレクション TBS編」「大映テレビ主題歌コレクション フジテレビ編」が、キングレコードより発売されている。これらの主題歌全集はフルヴァージョンであり、オープニングナレーションの入ったテレビヴァージョンではない。 なお大映テレビは数多くの作品を量産してきたにも関わらず、それらの作品の劇中BGMを集めたサントラ集は、2019年現在、原則としてリリースしていない(唯一の例外である『GLAY SONG BOOK 〜TBS系金曜ドラマ「略奪愛・アブない女」オリジナル・サウンドトラック』はGLAYとのコラボレーションである)。

脚注編集

  1. ^ 例:「NONFIX バリアフリーコミュニケーション」(フジテレビ 2014年)
  2. ^ 自費出版で回想記、『昭和思い出の記 大映テレビ独立の記録』(講談社出版サービスセンター、2005年)がある。
     ※著者安倍道典は、旧大映本社のテレビ事業本部製作部長で、倒産に際しては混乱の中で、大映テレビ株式会社を設立、長年にわたり専務・社長等を務めた。のち全日本テレビ番組製作社連盟の設立発起人となり、副理事長になった。
  3. ^ 『テセウスの船』は、令和時代のネオ・大映ドラマだ”. 2020年3月2日閲覧。
  4. ^ 小林信彦「「大映テレビの研究」批判」『コラムは笑う エンタテインメント評判記 1983-1988』筑摩書房、1989年
  5. ^ 大野宏「「赤い疑惑」 百恵主演、大映テレビ調の代表作」『テレビ番組の40年』読売新聞芸能部編著、日本放送出版協会、1994年、p262-p267
  6. ^ TBSもさんまも60歳 伝説のドラマ&バラエティ全部見せます!夢共演も大連発 2015年10月12日放送回”. gooテレビ (2015年10月12日). 2016年10月28日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集