メインメニューを開く

柳津町(やないづちょう)は、岐阜県の南部、羽島郡にあったである。岐阜市への通勤率は24.0%(平成17年国勢調査)。2006年1月1日に隣接する岐阜市に編入合併した。 合併後は同名のまま、岐阜市の地域自治区として存在する。

やないづちょう
柳津町
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 編入合併
柳津町→岐阜市
現在の自治体 岐阜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
羽島郡
団体コード 21304-7
面積 7.77km2
総人口 13,424
推計人口、2005年12月1日)
隣接自治体 岐阜市羽島市、羽島郡笠松町
町の木 やなぎ
町の花 むらさきはなな
町の色
町のキャラクター
萌黄色
やなちゃん
柳津町役場
所在地 501-6180
岐阜県羽島郡柳津町宮東1丁目1番地
外部リンク 柳津町 (Internet Archive)
座標 北緯35度21分57.7秒
東経136度44分16.7秒
県内の位置
特記事項
柳津町役場
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

岐阜県南部の濃尾平野に位置し、東側を木曽川が流れている。古くは水害に悩まされ、松枝輪中という輪中に属していた。

歴史編集

戦国時代末期まで現在の境川が木曽川であり、当時の木曽川より南側は尾張の国葉栗郡であった。しかし(1585年)木曽川は大洪水を起こして流れが変わり、 現在の境川の場所を流れていた木曽川は南方へ移動してしまった。豊臣秀吉は新たな流れを美濃尾張の境とし、尾張の葉栗郡と中島郡の一部を美濃に編入した。(美濃の羽島郡というのは、尾張の葉栗郡と中島郡の一部が美濃へ移った地域である)

人口編集

人口推移編集

  • 1980(昭和55)年 - 9,874人(15歳未満23.8%・15~64歳68.1%・65歳以上8.1%)
  • 1985(昭和60)年 - 10,431人(15歳未満20.9%・15~64歳70.7%・65歳以上8.5%)
  • 1990(平成2)年 - 10,825人(15歳未満17.1%・15~64歳73.6%・65歳以上9.3%)
  • 1995(平成7)年 - 11,440人(15歳未満15.7%・15~64歳73.1%・65歳以上11.2%)
  • 2000(平成12)年 - 12,334人(15歳未満16.0%・15~64歳70.3%・65歳以上13.7%)
  • 2005(平成17)年 - 13,436人(15歳未満16.3%・15~64歳68.0%・65歳以上15.7%)

※人口は各年の10月1日現在(国勢調査による)

行政編集

町長編集

  • 初代:伊藤千代太郎
  • 2代目:水野周一
  • 3代目:伊藤千代太郎
  • 4代目:竹市鼎
  • 5代目:速水仙一
  • 6代目:伊藤利昭
  • 7代目:伊藤郁雄
  • 8代目:広瀬昇

教育編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット編集

出身有名人編集

脚注編集

  1. ^ 揖斐郡志』、揖斐郡教育会、1924年12月、292-295頁

関連項目編集

外部リンク編集