栃木孝夫

日本のミュージシャン

栃木 孝夫(とちぎ たかお、1958年昭和33年〉7月11日 - )は、日本ミュージシャン。元THE BOOMのドラマー[1]

栃木 孝夫
生誕 (1958-07-11) 1958年7月11日(65歳)
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
学歴 千葉大学工学部
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
活動期間 1986年 - 2014年
レーベル CBSソニー

来歴 編集

東京都江東区出身。千葉県立船橋高等学校千葉大学工学部卒業。[要出典]

1986年山川浩正宮沢和史小林孝至らと共にTHE BOOMを結成、歩行者天国でのライブを積み重ねた後、1989年シングル君はTVっ子」、アルバムA PEACETIME BOOM』でCBS・ソニーからメジャー・デビュー

以後バンドとしてシングルス35枚、オリジナルアルバム14枚をリリースした。グループの知名度を特に高めた楽曲として「島唄」「風になりたい」が挙げられる。世界中を旅し、そこで得たインスピレーションで独創的な音楽を生み出してきた。楽曲はロックがすべての下敷きになってはいるが、サンバケチャカリプソボサノヴァジャズソウルスカレゲエHR/HMパンク演歌ヒップホップテクノなど多岐にわたる。

2014年12月17日、日本武道館の公演を最後にTHE BOOM解散[2]

人物 編集

結成当初は楽曲制作には携わっていたものの、主にサポートメンバーとして活動していた。

他のメンバーより若干年上であったが、温厚な性格でファンやメンバーから親しまれていた。

活動中は主にドラムを担当していたが、ライブではヴォーカルとして楽曲を披露することもあった[3]

脚注 編集

  1. ^ 栃木孝夫のプロフィール・画像・写真”. WEBザテレビジョン. 2023年2月4日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “THE BOOM武道館3時間ライブで大団円「信じてくれてありがとう」”. 音楽ナタリー. 2023年2月4日閲覧。
  3. ^ 栃木孝夫のプロフィール・画像・写真”. WEBザテレビジョン. 2023年2月4日閲覧。