メインメニューを開く

千葉県立船橋高等学校(ちばけんりつ ふなばしこうとうがっこう)は、千葉県船橋市東船橋六丁目にある県立高等学校。通称「船高」(ふなこう)、「県立船橋」(けんりつふなばし)、「県船」(けんふな)。単に「船橋高校」(ふなばしこうこう)と呼ばれることもある[1]が、同名の高校が複数存在するので、特に区別する必要がある場合は、正式名称か上記の通称が使用される。

千葉県立船橋高等学校
Chiba Prefectural Funabashi Senior High School.jpg
過去の名称 東華学校
船橋中学院
財団法人船橋中学校
船橋市立船橋中学校
千葉県立船橋中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 千葉県の旗 千葉県
設立年月日 1920年10月
創立記念日 5月15日
共学・別学 男女共学
課程 全日制定時制
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
理数科(全日制のみ)
学期 2学期制(全日制)
3学期制(定時制)
高校コード 12112G
所在地 273-0002
外部リンク 県立船橋高校公式HP
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

県の進学指導重点校、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール (SSH) 指定校。県立千葉・東葛飾と共に「千葉県公立御三家」と呼ばれる。

校歌は、作詞サトウ・ハチロー、作曲山田耕筰である。

校章編集

(たちばな)の5弁5萼の花をかたどったもの。橘の香り高い花は、古典文化にゆかり深く、その常緑の葉には、節操堅固の姿を看守できる。新学制のもと高等学校として再出発するに当たり、本校に集う若人たちの、生新な文化創造への意志並びに真理と正義をめざしての限りない前進を期待し、それを象徴するものとして、橘をもって校章としたものである。

沿革編集

教育方針編集

  1. 自他敬愛の精神に立って互いに切磋琢磨し、専心研学の校風を樹立する。
  2. 創造的な知性と円満な徳性を培い、社会的に有為な人材を育成する。
  3. 強靱な体力と旺盛な気力を養い、自学・自律を通して実践力のある人間を育成する。
  4. 勤労を重んじ、進んで学習環境の整備に努め、明るい学園を建設する。

これらの方針に基づき、生徒が学習や部活動に生き生きと活動する環境づくりをさらに推進するとともに、生徒一人一人の夢の実現に向け、きめ細やかな教育活動を展開する。

教育編集

全日制普通科では、理科は物理基礎・化学基礎・生物基礎・地学基礎が必修、地歴・公民は世界史B・地理B・倫理・政治経済が必修、芸術は音楽・美術・工芸・書道の4科目から、体育は陸上競技や球技において選択。

理数科は、理科4科目(物理・化学・生物・地学)を全て学習し、数学・理科が中心のカリキュラムになっている。ただし、国語・地歴・公民・英語についても、ほぼ普通科並みの単位数を確保している。また、課題研究や野外実習などの探究活動を行う。また、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)に指定されたため、理数教育を一層充実させるための様々な事業を展開することになった。

補習なども充実している。 夏期補修では、教科書レベルの基礎から、1年生時から難関大学の入試問題を解くレベルまである。 実際に2017年は、東京大学・京都大学・早稲田大学・大阪大学、などの入試問題演習を1年生がおこなった。

SSHとしての取り組み編集

  • 大学や博物館などを訪問し授業を受けることが出来るSS講座の実施
  • 課題研究
  • 新型機材の設置など[3]

設置課程編集

全日制(2009年度入学生より単位制導入)
  • 普通科
  • 理数科
定時制(単位制)
  • 普通科

学校行事編集

全日制編集

4月
  • 前期始業式
  • 入学式
  • 新入生オリエンテーション
  • 離退任式・対面式
  • 3年校内実力テスト
5月
  • 大学説明会(5月~7月に数回実施)
  • 体力テスト・身体計測
  • 第1回定期テスト
6月
  • 生徒会役員立会演説会・選挙
  • たちばな祭(文化祭)
7月
  • 第2回定期テスト
  • 芸術鑑賞会(1年)
  • 球技大会(2・3年)
  • オーストラリア短期留学〈~8月〉(2年希望者)
  • 第1回学校説明会
  • 夏季補習〈~8月〉
8月
  • SS野外実習(理数科、普通科希望者)
  • 第2回学校説明会
9月
  • 大学出前授業(9月~12月に数回実施)
  • 外部模試(3年)
  • 陸上競技大会
  • 校内実力テスト(全学年)
  • 前期終業式
10月
  • 後期始業式
  • 第3回定期テスト
11月
  • ほととぎす祭冊子の部
  • 修学旅行(2年)
  • 学年行事〈主に遠足〉(1・3年)
  • 授業公開(保護者)
  • ほととぎす祭合唱の部(1・2年)
12月
  • 第4回定期テスト
  • 防災訓練
1月
  • センター体験マラソン(3年)
  • カルタ大会(1年)
  • 第5回定期テスト(3年)
2月
  • 外部模試(1・2年)
  • 武道大会(2年)
  • ダンス発表会(2年)
3月
  • 同窓会入会式(3年)
  • 予餞会
  • 卒業式
  • 第5回定期テスト(1・2年)
  • 生徒総会(1・2年)
  • 後期終業式

施設編集

本館
  • 4階建てで、昇降口は2階にある。1年~3年の各HR教室が設置されている。4階は3年、3階は2年、2階は1年の各教室になっている。1階には校長室、事務室、保健室、定時制職員室などが設置されている。
南館
  • 4階建てで、本館とは2階の中央廊下でつながっている。物理教室や化学教室など理科の各授業教室や、音楽室、書道教室、社会科教室、図書館、駅長室(部室)などが設置されている[4]

南館に部室を持つ部活動は演劇部、自然科学部、クイズ研究会部、鐵道研究部、現代視覚文化研究部、地学部、軽音楽部など[5]

新館
  • 2階建てで、南館と渡り廊下でつながっている。視聴覚室、コンピュータ室、美術室、工芸教室などが設置されている。視聴覚室は説明会や補習等様々な事に使用される。
体育館
  • 体育の授業や部活動、各行事で使用される。
セミナーハウス
  • 和室や食堂があり、宿泊できる。運動部の各合宿で利用される。
武道館
  • 柔道場や剣道場が設置されている。授業や運動部で利用される。
プール
  • 公立では珍しくドーム開閉式のため、全天候で使用できる。水深があり、水球にも使えるプールとなっている。
グラウンド
  • 大きめの下グラウンドと小さめの上グラウンドに分かれている。上グラウンドには陸上競技用トラックがあり、下グラウンドは野球部などが練習で使用している。
  • 校舎と道路を挟み反対側にある下グラウンドは利根川放水路として掘削されたものの戦況の悪化により中止、用水路を船橋ルートから検見川ルートに変更された後に売却された用地である。

生徒会活動編集

原則として在校生徒の全員が生徒会に所属する。生徒会の運営機構はおおよそ以下のとおり。

  • 生徒総会
    全生徒会員(すなわち全校生徒)により構成される第一院であり、最高議決機関。総務の提出する予算案や行事案、その他学校生活上の重要案件等に関する議論・議決及び決算の承認などを行う。
  • 評議会
    評議会は、生徒総会に次ぐ議決機関である。評議会は評議会議長団として評議会議長1名、評議会副議長2名及び評議会書記若干名を置く。評議会は、顧問1名以上、甲役員1名を含む生徒会本部の役員2名以上及び全評議員[6]の3分の2以上の出席により成立する。細則の制定や生徒総会への議案の提出、細則に基づく予算の承認などを行う。

生徒会本部編集

  • 生徒会本部総務局
    一般にいう生徒会執行部。会長、副会長及び書記で構成する。本局は生徒会の長期計画を立て、事務局の執行を監督する。
  • 生徒会本部会計局
    会長、監査、監査補、特別予算監査課主任、特別予算監査課副主任及び特別予算課長課監視員で構成する。 会計局は本会の経理を担当する。
  • 生徒会本部事務局
    事務局長、事務局次長及び事務局員で構成する。

委員会編集

HR委員会[7]編集

  • (HR)文化委員会[8]
  • 体育委員会
  • 美化委員会
  • 保健委員会
  • 出版委員会
  • 選挙管理委員会
  • 防災委員会
  • HR運営

有志委員会[9]編集

  • 放送委員会
  • 図書委員会
  • 応援委員会
  • 文化委員会

部活動編集

全日制編集

体育系
  • アーチェリー
  • 剣道
  • 硬式野球
  • サッカー
  • 柔道
  • 水泳
  • ソフトテニス
  • 卓球
  • テニス
  • バスケットボール
  • バドミントン
  • バレーボール
  • 陸上競技
  • ワンダーフォーゲル
文化系
  • アコースティックギター
  • 演劇
  • オーケストラ
  • 合唱
  • 華道
  • クイズ研究会
  • クラシックギター
  • 現代視覚文化研究
  • コンピュータ
  • 茶道
  • JRC
  • 自然科学
  • 写真
  • ジャズバンド
  • 将棋
  • 書道
  • 生物
  • ダンス
  • 地学
  • 鐵道研究
  • 陶芸
  • 美術
  • 軽音楽(元フォークソング)
  • 歴史研究
同好会
  • 囲碁
  • ジャグリング
  • 数学
  • ソングリーディング
  • 英語ディベート同好会

定時制編集

体育会系部活動
  • 女子バレーボール
  • 男子バスケットボール
  • 柔道
  • 剣道
  • サッカー
  • ソフトテニス
  • バドミントン
  • 野球部
体育会系同好会
  • 陸上
  • 卓球
文化系部活動
  • 音楽
  • 華道
  • 写真
  • 書道
  • 美術
  • 文芸
文化系同好会
  • 漫画研究

交通編集

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ 船高HP_校歌”. 千葉県立船橋高等学校. 2013年8月20日閲覧。
  2. ^ 東葛飾郡の華」という意味
  3. ^ 千葉県立船橋高等学校公式HP”. 千葉県学校教育情報ネットワーク. 2017年8月10日閲覧。
  4. ^ 千葉県立船橋高等学校公式HP”. 千葉県学校教育情報ネットワーク. 2017年8月10日閲覧。
  5. ^ 千葉県立船橋高等学校公式HP”. 千葉県学校教育情報ネットワーク. 2017年8月10日閲覧。
  6. ^ 各ホームルームで選出される。
  7. ^ 各HRから決められた人数の委員を出す委員会。正式名称は存在しないが、ここではHR委員会として示す。
  8. ^ 文化委員会には各HRから選出するHR委員と、部活動同様自由に加入出来る有志委員の2種類があるが、区別されていないため括弧で示した。正式名称ではない。
  9. ^ 部活動と同様に、希望した生徒が自由に委員になることが出来る委員会。正式名称は存在しないが、ここではHR委員会として示す。
  10. ^ 千葉県立船橋高等学校公式HP”. 千葉県学校教育情報ネットワーク. 2017年8月10日閲覧。
  11. ^ 1981年の東船橋駅開設まで、旧国鉄での通学は津田沼駅または船橋駅からバスを利用していた
  12. ^ 千葉県立船橋高等学校公式HP”. 千葉県学校教育情報ネットワーク. 2017年8月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集