メインメニューを開く

風になりたい」(かぜになりたい)は、日本音楽グループであるTHE BOOM1995年3月24日に発表した16枚目のシングル。

風になりたい
THE BOOMシングル
初出アルバム『極東サンバ
B面 TOKYO LOVE
リリース
ジャンル ロックサンバ
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
作詞・作曲 宮沢和史
プロデュース THE BOOM、CHITO CHANGÓ
チャート最高順位
THE BOOM シングル 年表
帰ろうかな
1994年
風になりたい
1995年
太陽アカラ 波キララ
1995年
テンプレートを表示

目次

概要編集

「日本のサンバを作りたい」というボーカル宮沢和史のひらめきから作られた曲であり、多くのパーカッションを使用。6thオリジナル・アルバム『極東サンバ』発売後、シングルカットされた。TV等でよく取り上げられ、4ヶ月近くヒットチャートにもランクインしていた。現在までに世界中でカヴァーされており、その人気は未だ根強い。

CMソングとしても度々使用されており、これまでに「DCカード」(ライブ音源)、J-PHONEプリペイド式携帯電話「エンジョルノ」(Samba, Novo)、「ソラチカカード」のCMに使用された。

カップリングの「TOKYO LOVE」は、「東京での日常生活をスケッチした曲」だと宮沢は語っている。宮沢出演の映画「(ハル)」の主題歌にもなり話題となった。

2003年8月6日には、別ヴァージョンの「風になりたい (Samba.Novo)」が発売された。

現在では、高等学校の芸術科における音楽の教科書にも掲載されている。

東日本大震災以降は、ライブなどで歌詞を一部変更して歌っていた。

2013年7月31日放送のフジテレビ系『2013 FNSうたの夏まつり』では、ボーカル・宮沢和史がE-girls乃木坂46モーニング娘。ももいろクローバーZとのコラボレーションで披露された。

2017年5月24日、J-POPコンピ「エース」7inchiプロジェクト第3弾としてアナログ・シングル化されて発売される(完全生産限定盤)。ジャケットはオリジナル8cmCDシングルのアートワークを基に今回のEP用にリニューアル。B面には「TOKYO LOVE」をカップリング。巨匠バーニー・グランドマンによるカッティング。

収録曲編集

  1. 風になりたい
    作詞・作曲:宮沢和史
    DCカードCMソング
  2. TOKYO LOVE
    作詞・作曲:宮沢和史
    映画「(ハル)」主題歌
  3. 風になりたい(オリジナル・カラオケ)

カヴァー編集

レッドシアターズ編集

風になりたい
レッドシアターズシングル
リリース
規格 CDシングル
録音 DAV-A STUDIO
一口坂スタジオ
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
プロデュース 井上信悟(エグゼクティブプロデューサー
チャート最高順位
テンプレートを表示

2009年8月5日、『爆笑レッドシアター』のレギュラー芸人15人で結成されたレッドシアターズが同曲をカヴァーし、シングルとして発売した。規格品番はPCCA-02999。このユニットはめざせ!お台場合衆国2009 〜フジがやらなきゃ誰がやる!〜のイメージキャラクターとして結成され、この曲はこのイベントのテーマソングに起用された。また、オリコンチャートではTHE BOOMの原曲では記録できなかったオリコントップ10入りを果たしており、同曲がカヴァーという形でオリコントップ10入りを果たした[1]。また、番組MCの内村光良が出演していたウッチャンナンチャンのウリナリ!!最終回公開収録での最終演目もこの曲だった。さらに内村は楽曲の参加はしていないが、PVでは番組のキャラで登場し、記者会見ではメンバーが歌っている横で太鼓をたたいていた。

参加メンバー編集

収録曲編集

CD
  1. 風になりたい
  2. 風になりたい(Solo Version)
  3. 風になりたい(Studio Live Version)
  4. 風になりたい(Original Karaoke)
DVD
  1. 風になりたい(Video Clip

その他のアーティスト編集

出典編集

  1. ^ トータル・セールスではロングセールスを記録した原曲の方が高い売上を記録している。

関連項目編集

外部リンク編集