メインメニューを開く

青木 鶴子(あおき つるこ、1889年明治22年)9月9日[1] - 1961年昭和36年)10月18日)は、無声映画時代にアメリカ合衆国で活躍した日本出身の女優。アメリカにおいて、アジア人として自分の名を冠した映画をもち、映画ポスターに名を飾った初の俳優である。川上音二郎の姪。本名は青木ツル(旧姓:川上)。別名は青木つる(子)、早川鶴子とも。女優名はTsuru Aoki。

あおき つるこ
青木 鶴子
青木 鶴子
本名 青木(川上)ツル
別名義 青木 つる
青木 つる子
早川 鶴子
生年月日 (1889-09-09) 1889年9月9日
没年月日 (1961-10-18) 1961年10月18日(72歳没)
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国
福岡県福岡市
職業 女優
ジャンル サイレント映画舞台
活動期間 1899年 - 1938年
1960年
配偶者 早川雪洲
著名な家族 川上音二郎(伯父)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1889年福岡市に生まれる。父親は漁師、母親は川上カツといい、川上音二郎の妹。1899年に音二郎、貞奴ら川上一座とともに渡米し、サンフランシスコで一座の子役として舞台に立つ。一座が金を持ち逃げされ、経済的にひっ迫したため、パサデナ在住の画家・青木瓢斎(本名・年雄、1853-1912) の養女になる。青木は現地で日本画家として成功しており、子がなかったため、見かねて養子を申し出たという。富裕な顧客を多く持ち、経済的に恵まれていたため、鶴子はコロラド・スプリングスボーディングスクールにも通った[2]

幼いころから演技を始め、1910年代にはハリウッド映画に出演しはじめた。1913年には主演映画『ツルさんの誓い(The Oath of Tsuru San)』に出演[3]1914年の映画『台風(The Tyhoon)』で早川雪洲と共演したことがきっかけで(鶴子主演の『おミミさん』の説も)、結婚した[4]。結婚直後、フランク・ボーゼイジと共演した『The Wrath of the Gods』が封切られ、人種を超えた恋物語が大いに受けてヒットした。

早川と鶴子は、1918年にHaworth Picturesという映画会社を興し、しばしば二人で共演した[5]。二人の映画は好調で、ハリウッド・ヒルズの豪邸に住み[6]、二人の優雅な私生活はたびたび映画雑誌などで報じられた[7]1910年代に出演した約40本の映画ではいずれも主役級であり、アジア人としては初のスター女優だった。

日本人排斥運動などの高まりで、1920年代に入ると人気が陰りはじめ、早川とともにフランスで仕事を始めた。1923年にいったんアメリカへ帰国したが、二、三の出演作があるのみで、映画界を引退し、仕事の拠点をフランスに変えた早川に代わって、早川が他の女性との間にもうけた3人の子の母親として家庭に入った。1933年、長男・雪夫(1929-2001年。実母は早川劇団のアメリカ人女優だが鶴子が育てた。晩年の20年はロサンゼルス羅府新報に勤務)を連れて日本へ帰国。1961年腹膜炎のため日本で死去。72歳没。

関連作品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集