メインメニューを開く

信濃栗田氏編集

信濃栗田氏は、北信地方の武家氏族のひとつ。本姓清和源氏の一系統の河内源氏頼清流村上氏の支流で、村上為国の子寛覚が顕光寺(延暦寺系山門派)別当となり信濃国水内郡(のち上水内郡栗田村に住居して栗田氏となった。鎌倉時代から室町時代までは善光寺園城寺系寺門派)別当職も世襲し、犬猿の関係にあった両社を支配下に置く有力国人となる[2]

戦国時代初期までは惣領家の村上氏に従っていたが、川中島の戦いでは武田方(善光寺の里栗田)・上杉方(戸隠神社の山栗田)に分裂した[3]

江戸時代には、庄内藩水戸藩松本藩とそれぞれに仕えた。

信濃栗田氏関連人物編集

常陸国の栗田氏編集

本姓は平氏。家系は桓武天皇を祖とする桓武平氏で、常陸国那珂郡の名族。川崎氏の支流にあたり、下小瀬古城主川崎次郎の後裔と伝える。茨城郡六地蔵過去帳栗田又次郎の名を載せる。家紋丸に二つ引き女紋としては九曜の星を用いる。水戸藩栗田寛もこの一族の末裔という[2]。 なお、佐竹氏の家臣としてもこの栗田氏の名が見える[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 太田 1934, p. 2186.
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 2187.
  3. ^ a b 太田 1934, p. 2188.
  4. ^ 常陸太田市史編さん委員会 1982, p. 192.

参考文献編集

  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「栗田 クリタ クルスダ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2186-2188頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/187 国立国会図書館デジタルコレクション   
  • 常陸太田市史編さん委員会 『佐竹家臣系譜』 常陸太田市〈常陸太田市史編さん史料 19〉、1982年3月。 NCID BN12281310 

関連項目編集