根來泰周

略歴編集

和歌山県和歌山市出身。和歌山県立向陽高等学校京都大学法学部を卒業。京大在学中に司法試験国家公務員I種試験に合格、法曹への道を選ぶ。

生家が浄土真宗本願寺派の寺であるため、僧侶の資格も取得している。浄土真宗本願寺派玄妙寺住職、浄土真宗本願寺派特別審事・監正局長を務めた。 好きな言葉は親鸞聖人の開いた浄土真宗の教えを漢字四字で表した平生業成という。

2013年11月4日、肺がんにより死去[1]。同日付で叙正三位、授瑞宝大綬章

プロ野球コミッショナー編集

2004年(平成16年)には日本野球機構日本プロフェッショナル野球組織(プロ野球統括団体)の第11代コミッショナーに就任した。この年にオリックス・ブルーウェーブ大阪近鉄バファローズの合併問題に端を発するプロ野球再編問題が発生したが、最高責任者でありながら野球協約の不備を理由に「私には権限がない」として積極的な問題解決に努めなかった事、一部オーナーに対して「選手会は法的に労働組合ではないから、ストライキを起こしたら、球団は損害賠償を請求できる。交渉は強気にいって問題ない」と発言した事に対しファンが反発。その後の労使交渉では新規参入の条件緩和・有識者会議の新設などを提案、「もしストライキが起こったらコミッショナーを辞任する」と発言した。結果的にストライキが決行され一度は辞任を表明したものの、「次期コミッショナーが決まるまで」の条件で慰留され留任。

2007年1月に任期切れを迎えて退任したが、後任がなおも決まらず「コミッショナー代行」として事実上の続投。2008年4月にようやく後任が決定し、退くこととなった。

在任中にはドーピング検査の実施(2007年2月にNPBドーピング・コントロール規程発効)および暴力団の排除による、野球競技の健全化の推進に尽力した。また日本韓国台湾中国のリーグ優勝チームでアジア王者を争うアジアシリーズの創設や黒い霧事件永久追放処分を受けた池永正明の復権を認めるなどの功績があった。代行時代の2008年1月に発生したジェルミー・パウエル二重契約問題の対処にあたった。

ドラフト問題編集

プロ野球再編問題の時には、「私には権限がない」と発言していた根來だが、裏金問題を発端とした希望枠撤廃からの一連のドラフト改正の際に置いては、積極的に独自案を提示した。

プライベート編集

  • 自身は半世紀以上にわたる阪神タイガースファンと公言しており、コミッショナー就任前は東京狂虎会という応援団に所属していたほか、自身のパソコンを、「トラ」と入力すると「根來泰周」と変換できるように設定していたといわれる。また2005年に阪神がセントラル・リーグで優勝した際には祝勝会で乾杯の音頭をとり、「この職に就いた昨年から(球界再編など)面白くないことや不愉快なことばかりだったが、(阪神が優勝を決めた)9月29日は、こんなに楽しいことはないと思った。5回目の優勝を見られて幸せだ」とコメントした。
  • 2008年2月3日、阪神の宜野湾キャンプを視察。サンケイスポーツによると、「個人的に阪神ファンですから、今年も期待しようかと思いました。まあ、でも阪神は日本一、世界一になる必要ない。日本一を目指して強いチームを食っていくのが、阪神の本領ですわ」と発言し、岡田彰布監督の不興を買った。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 根来泰周氏が死去=元プロ野球コミッショナー”. 時事ドットコム (2013年11月8日). 2013年11月8日閲覧。
  2. ^ 機能不全の公取委 歴代委員長が電通はじめ「寡占企業」に堂々と天下り My News Japan 2012年5月16日